笹かまぼこの「ささ圭」より

笹かまぼこの製造・販売のおかみ圭子の雑感

2011.09.30.Fri

神戸から嬉しいお客様が・・・

ミニ太田
雨が降ったり止んだりのはっきりしないお天気。そんな中、神戸から美しい女性の皆様がご来店くださいました~。

先般、会社の復興祭に私どもの笹かまを販売してくださった神戸の外資系の社員の皆様方なんです。今回、厳しいボランティアをやりながら、被災企業の私どもでお買い物をしてくださるということで、いらしてくださいました。ご褒美に温泉もね。相当ハードな作業らしいので、ゆっくり温泉で疲れを癒してくださいな!


こんな若い方々・・・しかも女性がいてくださるということが、圭子はとっても嬉しいです。たのもしいですよね~。被災地で見たこと、聞いたこと、心に感じたことをぜひ多くの方々に伝えていただければ・・・と。

今日は熱々の笹かま、焼き方が夕刻で終わってしまい・・・残念ながら召し上がっていただくことができませんでした。ごめんなさいね。ぜひまた今度いらしてくださいね~!!実は、メールで時々やりとりをしているせいか、なんだか親戚の姪たちみたいな・・・感じなんですのよ。とっても親近感が!!


さて、夕方阿南市役所のY田さんから、耳より情報!!二日の日曜日、夜九時からNHKスペシャル 巨大津波「その時ひとはどう動いたか」という番組が放映されるとのこと。どうやら閖上の特集のようなんです。

随分前、NHKの某ディレクターさんが我が家にいらして、何時間も社長と圭子に取材・・・聞き取り調査・・・をしていかれましたが、画像は撮られなかったので、映ることはないはずです。

こんな情報、閖上の方々ほとんど知らないんぢゃないかしら??実は、仮設に入っている方々はいろんな情報がとても早いのですが、アパートや親戚の家にいたりすると、どうしても情報が届きにくい・・・と皆さんよく言われているんです。

お時間ございましたら、ご覧くださいね!圭子もモチロン見たいと思っています。
スポンサーサイト
2011.09.28.Wed

仮設訪問

仮設ミニ
熊野神社のすぐ近くに仮住まいする佐々木家でございますが、先日、熊野神社のお祭りの前日に地区の方々が集まり、ご祈祷やお神楽を見せてくださるとのご案内を頂戴しました。まぁ、平たく言えば、地区の方々の年に一度のお祭りの前夜祭?・・・みたいなことなのでしょうか。

仮住まい・・・とは言え、このようなご案内をいただき、地区の方々に混ぜてもらえたような、一員になれたような格別な嬉しさと同時に、帰っていくべき「閖上」のことを思うとき、ちょっぴり複雑な気持ちになる圭子です。

かまぼこ工房と、植松の事務所を日に何度か行き来しておりますが、事務所のすぐ隣に一番最後にできた「植松入生仮設住宅」がありまして、午後の合間に、最近入居したばかりという友達のI子さんを訪ねてみました。

ここの仮設には全て木造のテラス・・・ウッドデッキというのかしら・・・があり、しかもスロープになっているので車いすの方や足の不自由な方でも大丈夫。お隣さんと夕暮れ時に涼んだり、井戸端会議ができるような居心地の良いスペースになっていました。

早速お隣のおじちゃんたちから、声をかけられました。
「十月一日に小錦関がここにきてちゃんこ鍋やるんだけど、おにぎり握る人が少ないから、あんだだちも手伝いにこれないすか?」

「う~ん、土曜日の午後??・・・・忙しいかもぉ・・・来たいですがぁ・・・」

「武蔵丸も来るよっ!」

「ぢゃあ、来ますっ!」・・・ってノリで言っちゃったけど、仕事次第なんですわ~・・・。

I子さんは必ず手伝うことにして、圭子は・・・保留・・・にしていただきました。もし行けたらご報告いたしますね!

狭かったり、壁が薄かったり、・・・仮設の大変さはいろいろと聞くところではありますが、支援物資がどんどんいただけたり、このようなご近所づきあいもなかなかいいものですよね。I子さんも、「結構住み心地いいのよ~」と。

お部屋は二Kです。「新婚さん家庭みたいだねぇ~」と冷やかして・・・

仮設で一人暮らしの老人が孤独死をしたという少し前の事件をうけて、80才以上の老人がいる家庭には、今日ブザーが取り付けられていました。





2011.09.27.Tue

心に栄養補給しました~

ミニ575
先日放送された「BSフォト575」、担当者のМさんが早速パネルにして、送ってくださいました。M田さん、ありがとうございます!早速お店にかけています。

K奈ちゃんの撮った会長夫妻の写真に、K奈ちゃん自身が詠んだもの。
「愛を込め 作る姿に 笑顔咲く」

この句を見てK美ちゃん・・・、ため息をつきながら、「感覚がやっぱり若いですよねぇ・・・」

・・・って、そんなに歳違わないでしょっ!?二人とも二十代で二つ違い。この頃の二歳って、大きいのかなぁ・・・アラ還の圭子にはわかりませんけどぉ~


さて、「アラ○」といえば、昨日午後法人会の女性部会で「浅野純子先生」をお招きし、「健康セミナー」が開催されました。圭子も思い切って、久々に出席させていただきました。
ミニ浅野先生

素敵な浅野先生をお招きするのは、これで三度目なんです。アラ○の私たち(会員は三十代~七十代まで多様です)が、「いかに美しく、軽やかに生きていくか」、そのポイントをご教授いただくというもの。

声の出し方、歩き方、立ち方、座り方などなど、いわゆる立居振舞ですね。美しく軽やかで、しかもエレガントな身のこなしをするためには・・・ということで、いろいろなポイントを教えていただきました。今回はまた、それに加えて、私たちの内的な部分・・・心の持ちよう、心のマネンジメントということも。

二時間たっぷりと、心の栄養補給をさせていただきました。浅野先生、ありがとうございました!!

昨日から自分の立居振舞を、ちょっと意識しだした圭子でございます。おほっ・・
2011.09.24.Sat

母校の校友会報「りつめい」に・・・

ミニ立命
道端のススキが風になびいて、秋の風情を全身に感じるような爽やかなお天気・・・・、ここ名取高舘は、黄金色の稲穂の波、まさに収穫の季節を迎えています。

今日久々に・・・震災以来・・カーネーション農家の友人R子さんがご来店。名取市はご存じのように、閖上から少し内陸部に寄ったあたりでカーネーションの生産がとても多く、「カーナくん」といういわゆる「ゆるキャラ」のマスコットもいるほどなんですのよ。(頭がカーネーションだらけなのね)

自家栽培した新鮮な野菜を、いろいろと差し入れしてくださったR子さんによりますと、大津波でカーネーションのハウスは残ったものの、ハウス内の土がやはり海水に浸かったため、土を入れ替え何度となくカーネーションを植えてみるのだけれど、どうしても・・・枯れて・・・しまう・・・と。悔しいねぇ・・・

しかも名取のこの辺りは高舘と異なり、冠水の有無にかかわらず、今年はお米が作れないものですから、
「もうお手上げよぉ~・・・自給自足するしかないわぁ」と言いながら、カラカラと笑い飛ばすR子さん。

彼女の力強いパワーを、野菜とともにいっぱいいただきました!!女性はやっぱり強いっ!苦しみを笑顔で包み込み、たくましく生きている彼女に感動・・・です。

午後には、社長と圭子の母校の校友会会報「りつめい」が届きました!私たち二人の震災直後の混迷時から、現在までの半年を丁寧に取材してくださっています。校友会の皆様、ありがとうございました。

一人でも多くの方々に、この未曾有の大津波が引き起こした悲惨な状況を知っていただきたいと思いますし、多くの方々からエールをいただき、そこからやっと一筋の光を見出し、小さな小さな一歩を踏み出した私たちのことを
知っていただければ・・・と願っています。
2011.09.23.Fri

新旧パソコン

みにIMG_1022_convert_20110923170859
まさに台風一過、秋空のさわやかなお天気でございます。四国・関西・中部・・・そして関東・東北と、ものすごい勢いで荒れまわった台風。皆様、被害はございませんでしたでしょうか。

連休の初日ということで、おかげさまでお店は朝からずっと、かなり混み合っております。今日はお彼岸、お墓参りにきたから・・・と、県外からのお客様も多く、ご家族連れの方々が目立ちますね~。

子供さんや若い方々の蒲鉾離れが憂える昨今、この機会にぜひ「ささ圭の美味しい熱々の手わざ笹かま」を食べていただき、蒲鉾ファンを増やしたいなぁ~・・なんて。

「おいしい~っ!!」って言ってもらえる幸せを、今、噛みしめています。


さて圭子が混迷の中、ブログを四月に再開できたのは、友人がパソコンを貸してくれたからだったということを以前書きましたが、そのパソコンをこの度ようやくお返しすることに・・。

圭子の涙がいっぱい染み込んだ馴染み深いパソコン。文を綴りながら、涙が止まらなくなり途中で止めてしまうこともありましたっけ・・・・。離れがたいのはやまやまなのですが、持ち主にお返しする時期となりました。

今日初めて、新しいパソコンでやってみましたの。う~ん・・・操作難しいですぅ~・・・いろんな機能が付きすぎですぅ・・・全然使いこなせてない・・・のですわ。とほほ・・

これからも自分の思いを偽ることなく、日々のあれこれを、しっとりと?綴っていきたいと思います。どうかよろしくお願いいたします!!

さて前述の、パソコンを貸してくださった有難い友人とは、㈱アットシステムのS社長さん。名取と愛知県を股にかけて?バリバリと大きな仕事をされている女性社長さんなんです。ささ圭がホームページをお願いしている会社さんでもあります。彼女がいなければ、あの状況下、とてもブログを再開する環境を整えることはできませんでしたし、四月の一か月間、自宅と事務所も貸してくださったり・・・と、大変お世話になりました。

数々のご厚意に、あらためて感謝いたします~!!

2011.09.20.Tue

待望の機械導入!

真空機ミニ
みちのくでは数日前の残暑のぶり返しが、今日から何と涼しい・・・というよりも、寒い位なんです。最高気温がわずか数日でこんなに10℃以上も違いますと、身体がなかなかついていきませんね。

身体といいましたら、数ヶ月前から圭子、右腕が上がらなくなっていました。肩こりのひどいやつだと思い、いつか・・そのうち・・治るだろうと我慢しておりましたところ、とうとう一昨日くらいから、エプロンの紐が後ろで結べなくなり・・・今日義母の通う女医さんのいる整形外科の門をくぐました。

「よく今までこんなになるまで我慢してたこと~、もっと早くくればここまで固まってしまうことはなかったのに・・・」と、あきれ顔。(若くて優しい女医さんです・・・そのためか?老人の患者さんで溢れています)診断は、いわゆる「五十肩」・・・やっぱりね!・・・でございました。歳かなぁ~・・・

リハビリがかなり長く必要とのこと。出勤前にリハビリに通う日が続きそうです。

さて本日閉店後に、ようやく待ちかねた「真空包装機」が入りました。以前の大きな機械に比べると、ほんの小さな機械です。でも今のささ圭にとっては、これで充分すぎるくらい。一日も早い試運転が待たれます。真空包装の笹かまぼこの製造を待っててくださるお得意様も多く、社長の決断となりました。

何しろ小さな工房ですので、機械が増えるとだんだん狭くなって・・・。皆で工夫して、より効率的で衛生的な工房に作っていかねばなりません。

そうそう今日はまた嬉しいことがございました。愛知県のО市の旅行会社さんから、来月50人くらいのツアーで是非お買い物をさせていただけませんか・・・というご依頼。何と、ツアーのお客様側からのご発案で、被災地のお店に寄り、自分たちにできること・・・買い物・・・をしたいとの要望があったとのこと。それを受けてのご依頼でした。本当に嬉しく有難いお話です。ぜひぜひ、お待ちしております~

2011.09.19.Mon

遊里揚新パッケージに込めた想い・・・

新遊里揚げ.ミニ
こんにちわ~
久々に、みちのく名取の「ささ圭かまぼこ工房」より、圭子です。
今日は「敬老の日」です。ご来店のお客様方にも「敬老の日」の贈り物ということで、お買い求めになる方が・・・。

中でも好評なのが、いつもの手わざ笹かまと遊里揚(ゆりあげ)に、新鮮な生食用「たらこ」をお詰め合わせした「福セット」なんです。(現在店頭のみ販売中)おじいちゃま、おばちゃまに、きっとお喜びいただけるのではと思います・・・。

「敬老の日」といえば、一昨日(17日)にBSで「フォト575」が放映されました。(多分・・・)今回は「敬老の日」にちなんで、社員と社長の三人が会長夫妻を写し、575を詠んで、二人に贈るというものでした。

前日テレビ局から℡があり、社長の詠んだものが「放送コードにかかる」とのことで、何とぉ、カットされるということに・・・。何でぇ????

今となっては、カットされてしまった社長の幻の句・・・

「福興す(ふくおこす)   礎(いしずえ)となり   九十翁(きゅうじゅうおう)」・・・お粗末でした!

ちなみに若手K美ちゃんの句
 「ささかまに  福興願う  魔法の手」  なかなかでっしゃろ!?

今までいろいろな番組で私たちを映してくださっているのですが、残念なことにいつも仕事中で、しかも自宅にはビデオもなく、BSも映らず・・・(三重苦ですわ~)。・・・一度も放映を見た事がない私たちなのです。ビデオやDVDにとって後日いただいていますので、いつの日かきっと見る事ができるとは思うのですが・・・。その頃には恥ずかしくて、見れないかも・・・ね。


さてこの度、「遊里揚ゆりあげ」の新しいパッケージができました。8枚入り900円、ちょっとした贈り物や手土産に最適です。

「宮城 閖上から  福興の力を届けます  ゛ありがとう゛の  想いを込めて・・・」と入れました。私たちささ圭の気持ちでもありますし、またこれを贈る方の気持ちでもあります。



2011.09.14.Wed

最後の写真探しで・・

小学校みに
午前中、来月10月15日・16日に県庁前の勾当台公園で開催の「みやぎまるごとフェスティバル」の説明会に出席いたしました。

昨年まで「閖上水産加工業組合」として、組合員の7企業が一緒に参加しておりましたが、今回はその内の4社が廃業、そして1社は未操業・・・ということで、残念ながら私共ささ圭1社の出店となりました。

皆で賑やかに準備をしたり、販売をしたことが思い出され心淋しいものがあります。皆の分も頑張って、元気に販売したいと思います。「遊里揚ゆりあげ」の実演販売を予定しています。

午後は久々にお休みをもらい、会長夫妻と三代目を乗せて流出写真を展示している「閖上小学校」の体育館へ。今月いっぱいでもう閉館となり、残りは全て「お焚きあげ」となることを友達に聞き、もう一度絶対行かなければ・・・とずっと思っていたのでした。

しばらくぶりに訪ねると、流出して泥まみれになった写真やアルバムがボランティアさんたちのおかげでだいぶ綺麗に整頓され、並べられていました。体育館いっぱいの写真の数々・・・、その数はきっと天文学的な数字になるのでは・・・と思われます。ボランティアの方々は、気の遠くなるような作業をやってくださったのですね。有難いことです。

こんなにいっぱいあるのに、自分の家族のものはなかなか見つけられないのです。しかし・・・圭子がふと手にしたアルバムをパラパラとめくってみますと・・・・出たぁ~っ、見知らぬ方々の写真にはさまれて、何と!社長のウン10年前?の舞囃子「山姥」の写真が1枚、傷まみれになってはいるものの、確かに!!

「いゃあ、あんなにある中で、一発に見つけたのは、やっぱり愛のなせる技かねぇ~!?」

三代目・・・「けっ!」

三代目は小学校の入学式の記念写真と、同級生のMちゃんの写真をたくさん見つけました。記念写真はもちろん自分のものではないと思いますが、いただくことにしました。若くてスリムな圭子と可愛い三代目が写っています。
大切に保管したいと思います。
2011.09.11.Sun

仲間

飛翔ミニ
昨夜、社長と圭子たちの同世代の仲良しグループ・・・ゆりあげの水産加工会社の社長夫妻が多いのですが・・・の集まりが、あの日以来始めてありました。

H翔会と名づけられたこの会では、夫婦同伴で一年に何回か食事や小旅行を楽しんだり、ゆりあげ花火大会に模擬店をだしたり・・・と、長年気心の知れた仲間でふれあいを楽しんできました。夫婦12組、そのために毎月少しづつ積み立てもしておりました。

今回の津波で、12組中、3組のご夫婦が、・・・・そして二人のご主人が・・・犠牲に。24人中、なんと8人もの仲間が命を奪われてしまいました。淋しく、口惜しい・・・。

今でも亡くなったことが皆信じられないのです。たまたま欠席しているのでは・・・と錯覚してしまうくらい、馴染み深い仲間たち。いつも同じ世代の主婦として、また社長同士としての悩みを語り、子育てを語り、将来のことを語った私たちでした。
昨夜は皆でたくさんたくさん彼らの思い出話をしました。いつまでも忘れないこと、そして彼らのことをずっと語ってあげること・・・が、何よりの供養になるのではないかと・・・。

今日であの日から半年。季節は、雪に凍えたあの日3月11日から萌え出づる春へ、・・・初夏へ、・・・そして暑い暑い灼熱の夏を過ぎ、今また肌寒い季節を迎えています。

季節は明らかに移ろい、生活も少しづつ変化してきてはいるのですが、どうにもやっかいなのがこの心。心の奥底に、まだ「目をつぶると、あの日に帰れるのでは・・・」と思ってしまう自分がいます。

私たちの福興はいま始まったばかり。本当にまだまだ遠い道のりです。自分の心を少しづついたわりながら、時計の針を何とか現在に合わせようともがいている圭子なんです。
2011.09.08.Thu

お茶会で遊里揚ゆりあげを・・・

ミニ遊里揚げ
日中暑さはまだ残っておりますが、夜にはお布団がほしくなる季節。いつまでも寝ていたい・・ような・・いい時期でもあります。天高く馬肥ゆる秋・・・そちこちにコスモスの花も咲き、実りの秋到来を告げてくれます。

さて画像は、お煎茶の三彩流の皆さまからの特注でございます。
仮設の集会場で、このたびボランティアの「お茶会」を開いてくださるとのことなんです。

   「(お上品な)三彩流様のお茶に、揚げかま(庶民的な)・・・って、合うのですかぁ!?」

と、思わず聞いてしまった・・・無知な圭子。あはっ・・

三彩流様では、「このようなものもお出しできますのよ。」とのこと。なんと幅広い御流儀・・・。ありがとうございます。
「仮設にゆりあげの方々がいっぱいいらっしゃるので、「遊里揚ゆりあげ」と名づけたこの揚げかまぼこを是非お出ししたいのです。」と続けられました。何という温かいお心遣いでしょう!!

お聞きしますと、このほかにも仮設の方々には、ありとあらゆる様々な催しがあるようです。

さて催し・・・といえば、恵比寿麦酒祭が、今月16日から19日まで、エビスビール発祥の地「恵比寿ガーデンプレイス」で開催されます。

゛東北支援゛ということで、東北の食材を使った企画をしてくださり、宮城から「ささ圭の手わざ笹かまぼこ」がエントリー!!

東京の皆さま、期間中、恵比寿へ是非お出かけくださいませね~
2011.09.06.Tue

みっくです、よろしく~

ミックミニ
こんにちわ~みちのく名取より
関西・四国の皆さまには、台風のお見舞い申し上げます。

名取市と姉妹都市である和歌山県新宮市も、大きな被害状況が放映されており、心配しています。

三月の震災後、新宮市役所から多くの職員の方々がお手伝いにいらしており、(もうお帰りになられたのでしょうか?)市役所でのさまざまな手続きにも、力強く活躍されていたことを思い出し、市民の皆さまのご無事を心からお祈りしているところです。


午前中「テレビ東京」さんからの取材で、ゆりあげに久々に行ってきました。9月9日夕方、「BS 7」の「ニュースファイン」という番組で、ゆりあげから中継もされるそうです。今日はそのときに写すビデオ撮影を。会長夫妻の元気な姿も撮ってくださいました。

そうそう、今朝一番のお客様は、山形県からのお客様。三日の日に読売新聞に出ていた会長夫妻の記事を見て、遙々と山形県から二組のご夫婦がご来店くださったのでした。早速、熱々の笹かまぼこを召し上がっていただきました~。ありがとうございました!!

久々のゆりあげ・・・・強い風、砂埃、夏草の生い茂った元の住まい。ズドーン、ガチャガチャ・・・ショベルカー、地ならしのキャタピラー・・・・360度見回しても、何も以前を思い出させるものがないのです。

空気、風、土地、・・・全て変わり果ててしまいました。唯一変わらないものがあるとすれば、今日の青い空だけ・・・。

ゆりあげに行くと皆さん、「疲れる・・・」と、よくお客様がおっしゃいます。確かに・・・。この重い現実を、まだ受け止め切れていない自分に、改めて今日気づいた圭子です。

さて今日の画像は、新しい家族、次男の「みっく」です。この子との出会いがあり、家族皆心癒される日々になりました。「みみちゃん」に悪い・・・と、なかなか飼う気になれなかったのですが、あの日以来、「猫を見ると涙が止まらない症候群」に陥ってしまっていた圭子。

「悪くないんだよ・・・みみちゃんも、圭子ちゃんが元気をだしてくれるのを願っていると思うよ・・」という友達の声に背中を押され・・・。

みみちゃんは、三代目いわく「まさに、貴婦人だったね・・・」
みっく君(三代目名づけ親)は、「どうも俺のこと、兄貴と思っている節があるなぁ・・・」

やんちゃ盛りに振り回されてます~。
2011.09.05.Mon

たくさんの嬉しい出会い「東京フォーラム」にて

テープカットミニ
先週金曜日から土・日に開催された東京有楽町「東京フォーラム」の「復興支援フェア」に参加してまいりました~。

実は前日、事務局の方から突然お電話をいただき、
「開会式でのテープカットを社長様に・・・」とのご依頼。降って湧いたような、この名誉ある大役を仰せつかり、やや、緊張気味の社長でございます。あややぁ・・・やっぱり・・・上着を・・・持参すべきやったかなぁ~・・・(妻の立場から、ちと反省)。


武将隊ミニ

仙台からは、私たち宮城県企業応援のために?「おもてなし集団 伊達武将隊」の皆さんが駆けつけてくださいました。「手わざ笹かま」を持ってくださり、ハイ、パチリ!
さすが、「おもてなし」の心意気が徹底しています。
   政宗さま  「わしがこれを持って写しても佳いぞよ」

   「本当でござりまするか?」  思わずつられてこんなしゃべりになってしまう圭子。

この周りには、いわゆる「歴女」風の女の子たちが群がって、大人気の素敵な政宗さまなのでございました。

賑わいミニ
たくさんたくさんのお客様がいらしてくださいました~ありがとうございました!!

圭子のブログを「いつも見ています」と、わざわざ訪ねてくださった方々。差し入れを社員の分までたくさん届けてくださった方々。名取市のお隣岩沼市で今回弟さんご家族を失われた方、原発で福島県から東京に避難されている方、三日の読売新聞全国版の朝刊に載った私共の記事を見て・・と言う方も。

もちろん社長と圭子の友人もいっぱい。・・・・なんと、遠くは名古屋から駆けつけてくださったお友達もおり、・・・実に、三十数年ぶりの再会でした・・・有難いことでした。

いろんな方々とお話をし、そして泣いて、笑って・・・元気と勇気の素をいっぱいいただいた私たちでした。
互いに助け合う日本古来の伝統「結い」の力。これからも私たちは、助け、助けられ、生きていきます。

ささ圭ブースにご来店いただきました皆さまに、心から感謝いたします。ありがとうございました!!

 | HOME |