お正月ミニ②
待っててくださるお客様のために、大晦日も頑張っています~っ!!
「この中腰、疲れるのよね~」


いよいよ激動の年が暮れようとしています。
明日一日を休むためには、どうしても残業になってしまいました。(毎日夜10時までやっています。)紅白も今年は見れません・・・トホホ・・・

そして明日も、数名の社員と私たち家族(社長・圭子・三代目)は少し仕事が残っています。今まではいくら忙しくても大晦日は三時ころには終了し、元旦だけは休ませていただいておりました。

しかしながら未曾有の出来事に遭遇してしまった私たち、今までのような訳にはいかないのも当たり前と言えば当たり前。こんなにも仕事があることを、幸せと思わなくては罰が当たりますものね。

おせちは今年は有難いことに、料理やさんのものを仙台の義姉が届けてくれるとのこと、他にも親戚の割烹からも届けていただき、お餅は徳島から届いているし、何とかお正月の膳らしくなりそうです。

目の回るような忙しさの中、今年初めて福袋を作ってみました。お正月ミニ
一日20個限定販売です。お客様に、福がきますようにとの思いを込めて・・・


お正月ミニ③
お店の中も、お正月のディスプレイで飾ります。

今年一年、本当にお世話になりました。
とりわけ大津波以後、お寄せいただきました数々のご厚情に、心から感謝を申し上げます。

最後に嬉しいご報告をさせていただきます。
国の三次補正で、「閖上水産加工組合」が認定を受け、今月末に決定いただきました。
私たちの目標、「ささ圭の新工場建設」が、来年夏までには実現しそうなんです。まだまだ厳しい難題が待ち構えておりますが、一歩づつ、社員とお客様と心を一つにして福興への道のりを歩んでまいりたいと思います。

皆様に来年はどうか福がありますように、祈りつつ・・・・
ありがとうございました。
そして来年も、ささ圭と「圭子のブログ」をよろしくお願いいたします。


スポンサーサイト
雑誌ミニ
雪がちらちら舞う今日は30日、いよいよ今年も明日一日を残すのみとなりました。

ご発送を承った分を、何とか本日の時間ギリギリでお出しすることができ、ほっとする間もなく、明日の時間配分はさてどうしたものか…圭子の悩みは尽きません。大晦日というのに、残業にもなりそうな具合なんですもの・・・。

大晦日という日に、まさかそんなに社員を遅くまで残業させる訳にはいかないのでは・・・
第一、何人が残ってくれるか・・・・

でも何としてもお客様にこれ以上ご迷惑をおかけするわけにいかないし・・・

悶々としながらも結局はお客様を優先に!ということで、もう一日、明日大晦日も残業することになりました。これはささ圭の歴史始まって以来、初めてのこと。こんなにも協力してくれる社員あっての残業です。


さて数日前、掲載誌二冊が届けられました。「LET,Sみやぎ」と「月刊 復興人」
雑誌ミニ②
この表紙に注目!! これって、確か圭子ですよねっ!?あはっ、ゆるキャラになってました?

雑誌ミニ③
「LET,Sみやぎ」

雑誌ミニ④
「月刊 復興人」

いずれもモチロン無料で載せていただいておりますの。ありがたいことです。編集者の皆様に心より感謝いたします。
看板ミニ②
とうとうこんな貼り紙を出すことになってしまいました。申し訳ございません!!

しばらく前から、ずっと残業をしながらその日その日を何とか間に合わせてまいりました。しかしながら、昨日の夕方あたりから、もしかしたらご予約いただいている分まで今年中に焼き切れないのでは・・・と、何度も何度も計算し、結局不本意ながらこのような張り紙を午後から出しています。

七月にオープン以来、大分順調に焼けるようにはなってきておりますが、なんぼ頑張っても現在は4000枚がマックス、全て手造りということは、いかに大変なことか、今更ながらつくづく思い知らされました。

そんなわけで、今日と明日は「手わざ笹かまぼこ」はご予約いただいている方にしかお売りできないということで、お客様にご迷惑をおかけしてしまっていることへの申し訳なさでいっぱいです。心よりお詫び申し上げます。
そしてご用命いただきましたお客様に、篤くお礼申し上げます。

ご予約分のご発送も明日でほぼ終わりのため、31日分のご予約は承ります。お店も閉めず、遊里揚などを販売いたします。
遊里揚げミニ
まもなく遊里揚の真空包装を売り出します。竹のパッケ-ジは震災前からのもので、掛け紙と中身を変更しています。以前のように、高速道路のサービスエリア売店を中心に販売の予定です。


日本列島中が厳しい寒さに見舞われている今週ですが、こんな寒い日には、お風呂が何よりのリラックスタイム。特に圭子のように「五十肩」には、お風呂は欠かせません。

ところが昨夜お風呂上りに、久々に鏡をじ~っくり見てビックリ!
なんと眉間に一筋の皺・・・・
ぇえぇ~っ!まさか・・・早乙女主水之介の天下御免の向う傷゛でもあるまいし・・

日中は殆どバンダナを目深く被っていますので、額は見せないもので自分自身今まで気づかなかったのですね。
試しに、顔をぐっと暗くすると、その皺がよけい深く刻まれます。ショック・・・
両人指し指で皺を広げるようにしてみますが、・・・これはやっぱりパックするしかありません・・・

眉間にこんなに皺が一本深く刻まれたということは、いつも笑顔でいるつもりなのだけれど、こういう顔をしていることも多かった・・・という証(あかし)かもしれません。反省・・でございます。

さてさて今日の午前中に放映された「あらあらかしこ」。結構長く紹介してくださいました。おかげさまで、午後から「テレビを見て・・・」というお客様のお問い合わせがたくさん。またご来店くださった方々もいらっしゃり、つくづくテレビの影響力を感じています。

今年もあと一週間ですね。残業がここしばらく続いています。社員の中でも風邪をひいたり体調をくずす者も出ておりますが、何とか一週間、皆で力を合わせて乗り越えなくてはなりません!!

皆様もどうかファイト!

上山ミニ
つくづく自分のデジカメのシャッターチャンスの悪さが嫌になります。


お昼に姉妹都市、山形県かみのやま温泉駅の企画でお買い物ツアーのバスが二台。たくさんの方々がご来店、お買い物をしてくださいました。

その様子を撮りたかったのですが、混雑に気を取られ、気が付くと・・・・もう皆さんバスに乗り込み「さようなら~」あら、ら・・かみのやまの皆様、たくさんのお買い上げ、有難うございました。

ささ圭の工房は、店舗前に大型バスが二台十分に入る駐車場がございます。ぜひバス会社の皆様、東北旅行を企画中の皆様、ご検討くださいますよう宜しくお願いいたします!

さて今日は「名取市美田園」に、閖上で商売を営んでいたお店屋さん、会社等の仮設店舗・事務所がほぼ完成いたしました。
仮設ミニ

その名も、「閖上さいかい市場」。二月にオープン予定です。私どもささ圭も出店いたします。鍵引き渡しの今日、説明会では懐かしい閖上のあの方、この方が・・・。希望と期待に満ちたお顔ばかりです。


閖上の方々が、懐かしく集える場所になることでしょう。そして閖上以外の方々にもたくさんいらしていただけるような魅力ある「さいかい市場」にしなくては・・・
松本ミニ
こんばんわ~
寒さも一段と厳しい日々が続いています。
そんななか、今日は珍しいお客様。社長と圭子の学生時代の友人・・茂山一門の狂言師松本薫さんが、京都からいらしてくださいました。

三十年ぶりぐらいの再会でした。あまりに思いがけず、店頭で手を取り合って涙・涙。言葉がなかなか出てきません。


少し年上でありながら、能楽部に私たちより後から入ってきた彼は卒業後、厳しいプロの狂言師への道を選びました。芸に磨きをかけ、現在関西を中心に大活躍中です。今回は、ボランティアで福島に狂言の講座を持ち、その帰りにわざわざ私たちを見舞ってくれたのでした。

奇しくも?圭子も少し前、地元公民館で「能の楽しみ方」というお話をさせていただいたばかり。
ずうずうしくも、
「もしかして、狂言をしていただくこともできるかしら!?」との問いに、「いつでもいいですよ!」と快諾。
きゃあ~、もしかして名取で狂言を・・・すごいことになりそうです。夢が次々とふくらんでいきます。

一番右の方が、松本薫さん。
ちなみに社員に、後で彼がプロの狂言師と教えましたら、
「やっぱり・・・なんか身のこなしが落ち着いてて、男前ですもんね~」と、申しておりました。
圭子さんミニ
どう見ても、かまぼこではございませんぞ・・・


東京の圭子さんのことをお話しましょうか。

被災後、「圭子のブログ」を復活させてから、全国からたくさんのあたたかいご支援や励ましのエールをいただき続けています。

圭子さんは、圭子と同じ名前ということで・・・圭子の本名は違うのですが・・・親近感を持ってくださり、お手紙や差し入れを頂戴するようになりました。いつも社員のぶんまで。いただくばかりで何のお返しもできない圭子なんですが・・・。

頻度は一週間から10日にほぼ一回・・・これってすごい回数ですよね。またそれに添えてくださるちょっとした文も、ウィットに富んでて、思わず「くすっ」と笑ってしまうの。

画像は先日送ってくださったお手製のパウンドケーキ。社員も毎回大喜びで、休憩時間にいただいています。何度か工房にもお見えになり、東京出店というと必ずお仕事の合間にお顔をみせてくださる圭子さんです。

全国のいろんな方々に圭子たちは見守られ、支えられています。皆さまに感謝の気持ちを忘れずに・・・



仙台放送ミニ
午前中証明書発行の為、法務局に参りました。
受付の女性にお金を支払う際、
「頑張っている姿、いつも見てますよ~」と小さい声で話しかけられビックリ。だって圭子の全然存じ上げない方だったんですもの。
工房の近くにお住まいということで、ガラス越しに私たちが働いている姿をいつも見てくださっているようなんです。

「大変でしたね~、頑張ってくださいね、応援してますから」と、他の方に聞こえないように小声で。目に涙がみるみるたまってしまいます。

圭子は、辛いこと、苦しいこと、悲しいこと・・・に最近涙は出なくなりました。
泣くよりも、「なにくそっ、負けてたまるか!」という気持ちです。

でも、知らない方とかにちょっとでもやさしい言葉をかけられると、もうだめなんです。帰りの車の中で涙が止まらなくなってしまい・・・嬉しくて、有難くて、感極まって・・・涙腺がゆるみっぱなし

さてお昼には仙台放送さんから、「あらあらかしこ」の皆さんが取材にいらっしゃいました~。

会長夫妻とあつさんの製造風景や、圭子とレポーターのお姉さんの問答の様子が放映される予定です。今月24日午前10時25分からとのこと。私たちは仕事でまたまた見れませんが、県内の皆様、よろしかったらご覧くださいませ~

ちなみに若い美人のお二人は、「あらあらかしこ」のレポーター「あらかしガールズ」とよばれている方々。熱々の手わざ笹かまぼこを頬張り、「こんな美味しい蒲鉾、生まれて初めて食べました!」
嬉しいことを言ってくれます。孫のようなお二人に、会長夫妻もほほがゆるみっぱなし。

今年もあと十日、皆で心を一つにして、全力で頑張ります~!!
31日まで営業し、元旦のみお休み。初売りは二日からでございます~


チーズミニ
チーズ入り手わざ笹かま、出ました~

こんばんわ~
やっと、「チーズ入り手わざ笹かまぼこ」を造りました。震災前にはなんと百種類近くあった蒲鉾・・・いろんな味の笹かまぼこに加えて、蒸し蒲鉾、揚げ蒲鉾の種類も豊富でした。

この度、「手わざ笹かまぼこ」と「遊里揚」の二種類に、ようやく新製品が再登場です。思い起こすと、チーズ入りをささ圭で初めて作ったのは、圭子が嫁いでから数年後。以来何十年もずっと、お客様に馴染んでいただいていた主力製品でした。どうかよろしくお願いいたします。

さてここ数日、思いがけない二つの訃報に接し、心が揺れています。お二人とも同じ町内会の仲間で、三代目が小学校の頃には子供会で日帰りの親子旅行にいつもご一緒していた方々。三代目に℡で知らせました。
「えっ・・・」・・・しばらく沈黙の後、「それって、やっぱり大津波のストレスからかな?」と。

圭子にもわかりません。でもやはりあの大津波による衝撃的な被災体験は、私たちの心も身体も知らず知らずのうちに影響をうけてるということは間違いないと確信できます。

あの大津波をやっと生き延びた方々が、なぜ!?どうして!?・・・。圭子もしばらく動揺をかくせずにおります。



2011.12.17 あの頃の圭子
ディスプレイミニ
今の時期、サンタさんとお正月のディスプレイがどうしても混在する店内


こんばんわ~
昨日の初雪で、今朝の道路はかなり混み合い、事故も頻発したもようです。寒さもいよいよ本番となってまいりましたね。皆様、お風邪などひいておられませんでしょうか。

年と共に寒さが苦手になってしまった圭子、ホッカイロを腰に貼り付け、なんとか凌いでおりまする~。

昨日郵便局に行きました。受付の女性が、にこっと笑い、

  「ささ圭さん、顔色がすごく良くなりましたねぇ~」

そういえば、この方はあの被災の後、圭子が混乱の中何度も郵便物の受け取り住所変更をお願いに行った折、応対してくださりお世話になった方だったのです。あれ以来、久々の再会。

  圭子「あの頃の私って、そんなにひどかったですか?」

  「ええ・・・まぁ」と、申し訳なさそうに・・・
         「あの頃から比べると、全然、違いますよ~。げっそりされてましたものね。今はいきいきですねっ!!」と。

自分ではそんなに変わった・・・という意識はないのですが、あの頃の圭子、かなり切羽詰まった険しい顔をしていたのかな・・・と思いました。「被災者の顔」とでもいうのでしょうか。もちろん今でも被災者に違いはないのですが、あの頃の私たちは気づかぬまま、心も身体もかなりのダメージを受けていたということなのかもしれませんね。

知らない方にそんなふうに声をかけていただき、少し心がほんわりと・・・。嬉しいプレゼントいただいた気分・・・

おぴのおびミニ
寒い~っ!!今朝はみちのく名取は初雪でした。
寝室の出窓で、みっく君が不思議そうに雪の舞う空を見上げています。
そうそう~・・・みっく君は生まれて初めて見る雪

昨夜、仙台で河北新報「オピのおび」の執筆者の交流会が開催されました。圭子も11月に一回書いただけ・・・なんですが、ずうずうしく?出席させていただきました。

原稿、12月はとても忙しくて、無理やなぁ・・・と内心思っていましたら、12月分はもう間に合いましたのでと事務局さん。

あはっ・・・ちょっとほっとしたりして・・・

皆さんそれぞれの分野で幅広くご活躍されている方々ばかり。不思議な出会いや有難い出会い・・・ご縁を感じつつ、それぞれに初対面とは思えないくらい打ち解けて、同窓会のような雰囲気を醸し出しておりました。

来年は、自分を見つめなおす意味でも是非真面目に?投稿したいと思う圭子でございます。

女性部会ミニ
中小企業白書・・・、申し訳ないことに、今まで読んだこともかじったこともない圭子でした。先日、中小企業庁様と、三菱UFJリサーチ&コンサルティング様ご一行が取材にみえました。一体全体、なんで「ささ圭」が???

やっと、思い出しました。実はこれもちょっとしたご縁がきっかけだったのです。

先般の幕張メッセでの販売時、若い女性が圭子の説明を熱心に聞いてくださるもので、いろいろと商品説明から始まり・・・と、その時、
「・・・経済白書・・・・取材をお願い・・・事例・・・」とおっしゃったような・・・、「どうぞよろしくお願いいたします!」と確かに圭子が申し上げたような・・・。記憶が蘇りました。最近物忘れが多くて・・・ゆゆしきことですぞ~!

「2012年度 中小企業白書」、四月下旬に公表されます。出たらぜひご覧くださいませね!

さて午後から南法人会女性部会でのセミナーがあり、久々に出席。同じ会員であるお花の会社を経営されているKさんが講師です。クリスマスとお正月にも使える寄せ植えをいたしました。

「土にさわり、土に命を吹き込んでやり、草花には「きれいだね~いつもきれいに咲いてくれてありがとうね~」と声掛けをしてあげてくださいね。きっと応えてくれますよ・・・」とKさん。

忙中閑あり・・・、土に触れ、春がきたような可愛らしいお花を植えながら、心が少しづつ満たされるような気がした圭子でございます。

草花のお水は、我が家では会長が担当。いろいろと担当が決まっておりますの。たとえば・・・段ボールや紙箱をたたむのも会長。ミック君の餌は社長担当。

会長は盆栽が長年の趣味でしたので、閖上の自宅はたくさんの盆栽を庭中に置いていたものでした。

後日間違いに気づき、このページは修正しました。申し訳ありません。
経済白書ではなく、中小企業白書でした。
※中小企業白書とは   中小企業基本法第11条に基づき、中小企業の経営環境や施策等についてとりまとめ、閣議決定、国会提出する年次報告。
2011.12.12 年女
紅白ミニ
こんばんわ~
お歳暮商戦もまっただ中、フル生産しています~。
最近、とても嬉しいことに気づきました。お客様からご依頼いただいたお歳暮のご発送の打ち込み作業は、事務のKちゃんと圭子が担当しているのですが、その中に震災以前にずっと長らくご愛顧いただいていたお客様方のお名前を少しづつではありますが見出だすようになったのです。

お歳暮の案内を何十年と出させていただいていたお得意様方。皆様、震災直後、閖上の繋がらない電話に何度も何度もお電話してくださっていたようです。

打ち込みながら、嬉しくて、嬉しくて・・・有難くて・・・
このようなお得意様方から今の時期、ご注文が多いのが季節商品。今年もお正月用品を少しづつではありますが、ご準備させていただきました。毎年今だけ限定販売の人気商品です。



さて、先日徳島の方から「還暦祝いの同窓会」の案内が届きました。そうなんです、圭子は来年、年女そして、何と、義母のあつさんも年女

五人家族の我が家には、龍が二匹・・・ぢゃなかった、・・・二名おりますのよ。

ちなみに、男性陣はと言いますと・・・会長は犬・・・(名犬ラッシーか!?)
                  社長は・・・うさぎ・・・(可愛すぎやん!?)
                  三代目は・・・羊・・・(本の虫です)
ということで、何とか来年は、上へ上へ龍のごとく翔け登りたい・・・と。

今年は社長が還暦の年に、このような未曾有の天災により何もかも無くしてしまった私たち。しかし社長は
「還暦は元に戻ること、また一からの出直しをしたい!」と、語ります。この前向きな姿勢に、わが夫ながら今まで折れそうになるところ、何度元気づけられたことか・・・。
こんなことになり、それで挫けてしまえば私たちはそれまでのこと。このような今だからこそ、自分たちの値打ちが試される時・・・と、思うのです。

このままでは終われません。これから始まります!!どうか皆様の変わらぬご声援、ご愛顧を、末永く宜しくお願いいたします。
東都生協ミニ
午前中、仙台圏の中小企業支援情報マガジン「月刊 復興人」さんから、取材していただきました。仙台市から企業支援情報発信事業として委託されているとのことで、今回はトップページで扱ってくださるとのこと。有難くお受けしました。それにしても・・・最近取材を受けることがとても多くなりました。

仕事やお客様にご迷惑のかからない範囲で、私たちはできるだけお受けしています。ささ圭が、私たちが元気に何とかやっていることを、全国に向けて発信していきたいと思うから。私たちの悲願である本社工場再建の日に向けて、これからも走り続けます。

暗くなり始めた夕刻、関東の「T生協」さまからたくさんの贈り物を載せたトラックが着きました。

「・・・略・・今回お届けするのは、組合員の想いが込められた品物です。被災しながらも、私たちにこだわりの商品を届けてくれた取引先の皆さん、未だ事業の再開はならずともその準備をされている皆さんに、このギフトで元気をだしていただきたい、美味しいものを食べて笑顔になっていただきたいという応援の気持ちが込められています。ぜひ、従業員の皆さんでお分けいただき、ご家族で召し上がっていただければと思います。・・・略・・」

なんと、役員の皆さんのご提案で、職員の方々が立ち上がってくださり、そしてそれはたくさんの組合員さん方の募金という形になり、更には被災した私たちメーカーへの「食品応援ギフトのプレゼント」として、わざわざ東京からトラックで届けてくださったというのです。

お餅、麺、トマトジュース・・・・等々、社員の分までたくさんたくさん頂戴しました。一足先に、クリスマスプレゼントをいただいたような気がします。組合員の皆様、職員、役員の皆様方に心から感謝を申し上げます。本当にありがとうございました。

実は今朝ほど、仮設にはものがふんだんにいきわたり、情報も入るけれど、アパート住まいの人や親戚の家にいる人たちにはほとんど物資が届かず、情報も遅い。仮設の孤独死が問題になっているけれど、アパート暮らしの方々の孤独が圭子は心配。何とかならないものかしら・・・と、社長と話していた矢先の出来事。

ささ圭社員も仮設は三人で、残りは貸上げのアパートの者が殆どなんです。でもおかげさまで、うちにはこうやって社員にと、プレゼントや物資を届けてくださる方々が、有難いことにたくさんいてくれます。いろいろな意味で、私たちは本当に恵まれています。有難うございます。



法具ミニ
今日は12月8日、成道会(じょうどうえ)でした。
仏教では、お釈迦様がお悟りをひらかれた日・・・ということで大切にされている日です。

去年まで、この日は地元閖上の菩提寺であるT禅寺さんの本堂で、私たちご詠歌の講員らが集い、しめやかに成道会がいとなまれておりました。

あの日の大津波により、講員のお仲間四名の方々と、前ご住職様ご夫妻が犠牲になるという悲しい事実を私たちは受け止めることになってしまいました。

いつもお茶の時間に、圭子のお隣に座っていらしたМさん。PTAで知り合って、ボーイスカウトの親の会でもご一緒させていただきました。ひかえめで、人の嫌がるような仕事を率先してなさるような方でもありました。

本堂は大きな被害を受け、何とか形だけは残存しているという状況。今日は駅構内の部屋をお借りしての、成道会となりました。心を込めてお唱えしつつ、在りし日のお仲間や前ご住職ご夫妻の優しい笑顔が思い出され、涙があふれます。
午前中、またまた「サンジャポ」の杉村たいぞう前議員さんが、取材にいらしてくださいました。
「サンジャポ」さんの取材は、今回が三度目。

被災直後・・・四月に初めていらした時は、私たち家族は友人のご好意により、名取市高柳に仮事務所を置かせてもらい、更に住まいまで提供していただいていました。何をすればいいのか、どれから始めればいいのか、・・・生きることに精いっぱいの日々でした。

二度目は、五月下旬だったでしょうか、植松に事務所を移し、圭子はここ名取店の一部で三人の社員と一緒にひっそりと牛タンソーセージを包装していました。まだまだ笹かまを作れるようになるとは思ってもみず、でもささ圭として、何かしら仕事を始められたことに感謝の日々だったように思います。

あれから約半年・・・。

「やっと、ささ圭さんの笹かまがたべられるんですねぇ・・・・」
たいぞうさんは、すっかり「手造りかまぼこ工房」として、定着しつつあることに驚かれ、そして泣いて喜んでくださいました。

予定になかったそうですが、「自分もやってみたい!」と、社員に教えてもらいながら成型。見てると簡単そうなんですけどね~・・・
口もとに、難しさが表れて!?・・・だんだん、とがってきます。
サンジャポミニ①

焼きは、「色の加減が超難しい~っ!」
サンジャポミニ②

笹かま名人の会長に、「こんな焼け具合でいかがでしょうか1?」
サンジャポミニ③

更に会長に自作の笹かまを試食してもらい、
「これで売り物になりますでしょうか!?」・・・・心配そうなたいぞうさん。
サンジャポミニ④


「結構でございます。」

この日曜日(12月11日)午前中、「サンジャポ」で全国放映されます。ぜひごらんくださいませ~
振袖ミニ
すごいものが送られてまいりましたよ~

一昨日、宇都宮のお客様T様から、お電話をいただきました。
「知り合いに、被災された新成人に是非振袖を譲りたいという方がいますが、ささ圭さんのお知り合いに今度成人式を迎える方、いらっしゃいませんか?」というもの。何という有難いお申し出でございましょう!!

宅の三代目も実は新成人なのではございますが、あいにくと男。社員のAちゃんに早速聞きましたところ、まだ買っていないとのことで、本日有難く有難く頂戴いたしました~。
長襦袢や色襟、帯締め帯揚げ、草履とバッグまで同梱されており、送り主様のあたたかいお心遣いに感激。

早速大喜びのAちゃんです~!
女の子って、ええなぁ~
男の子はスーツですもんねぇ・・・

社長は黒紋付袴を三代目に着せたかったようですが、成人式の男子の紋付袴姿って、ちょつと圭子はあまりいい印象がないのです。カラフルな着物を着崩しているイメージがあり・・・これってテレビで荒れてる成人式を見てるせい!?

いろいろな方々のいろいろなご支援に、感謝申し上げます。

Aちゃんと三代目は閖中の同級生。彼らは同級生80人中7名が大津波の犠牲になってしまいました。同級生のお母さんたちから、子どもたちが成人式に出ない、出たくないと言っている・・・という声も聞こえてきます。それぞれに、いろいろと複雑な思いが交差しているに違いありません。

でも圭子は、ぜひ閖中の出身者には出てもらいたいと思うのです。亡くなった仲間の為にも、そして今まで育ててくれたご両親やご家族のためにも。そして彼ら自身のこれからの未来の為にも・・・。




カレンダーミニ
こんばんわ~
久しぶりに少し穏やかな日差しの午前中、名取市内のNケ丘公民館で「明昭大学」の受講生の方々に、「能楽の楽しみ方 入門編」と題して、一時間半ほどお話しさせていただきました。

受講性の方々は、60歳以上の男女。予想以上に大広間にいっぱいです。
始まる前、少し緊張気味の圭子に、
「先生は誰かに似てると思ったら、仙台市長さんさ似てらっしゃるねぇ!」と一番前に座ったおじいちゃま。そんなこと言われたの初めてなんですものぉ~っ

「いゃあ、あんなえらい方に似ているとは恐れ多いですぅ~」と圭子

皆で大笑いとなり、和みました。

おかげさまで圭子もいっぺんに緊張がほぐれて、ほっ。
私の今回の目的は、私の話を聞いて、今までは「敷居が高い」と思っていらっしゃる受講者の皆さんに、一度お能を見てみたいなぁ・・・と思っていただけたら・・・ということに尽きました。

「お能」の概略から始まり、舞台のことやら神男女狂鬼のこと、複式夢幻能のこと等々・・・ちょっぴり学術的なお話も交え、いかにお能にはドラマチックな物語が多いかを、あれこれと内容をお話をしながら、楽しいひと時をすごさせていただきました。

皆さん、熱心にメモをとられ、質問もどんどん。そして・・・
「お能が身近に感じられました。ぜひ見てみたいです」という嬉しい感想を語ってくださった方々がたくさんいらっしゃいました。私のような者に、このようなすばらしい機会を作っていただいた館長さんや職員のОさん、受講生の皆様方に、心から感謝いたします。

こんな境遇でも、お能のことは忘れたくないと思いますし、いつの日かきっと社長の謡に合わせて舞う日がくることを夢見ています。いつの日か、いつの日か、きっと・・・

さて今日の講演?の様子を載せるつもりでしたが、デジカメを忘れてしまい・・・そんな訳で、画像は来年のカレンダーです。ようやくできました。今年まで何十年も「お江戸の纏まとい暦」というのを出していましたが、この度は初めて小さなカレンダーを作りました。

小版ながらも、行事などの書き込みができる優れもの・・・と、自画自賛。深井和子さんの「人間ばんざい」というカレンダーなんです。一月には
「夢 動き出す」と書かれており、圭子はこの言葉に一目ぼれ・・・。素敵な画と詩が毎月綴られています。部数に限りがございます。ご自宅にお送りするお荷物にはできるだけお入れさせていただいています。あとは店頭にいらっしゃるお客様にお配りしています。

どうしても「欲しいっ!!」方は、ぜひご自宅へのご注文をお待ちしております。