旬の花時計
プロフィール

ささ圭の圭子

Author:ささ圭の圭子
宮城県名取市ゆりあげの笹かまぼこ製造直販のささ圭です。
ホームページはこちら!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

とうとう・・・トホホ

地デジミニ
こんにちわ~
昨日あたりから急に気温が上がりまして、まさに春爛漫・・・といったここみちのく名取でございます。

今日は3月31日、年度替わり、いろいろなものが切り替えられる最後の日でもあります。高速道路の無料化も終わります。仕方ないこととはいえ、復興を目指す被災者はもちろん、ボランティアの方々にも負担が更に増えることになり様々な波紋をよんでいます。

このことは、高速道路の売店に納めさせていただいている私どもにとっても、直結の問題。かなりの売り上げに響く~ことが予想されますので、それが繁忙期の連休にどのように影響していくのか・・・気がかりなところです。

そしてもう一つの悩みの種?は、・・・そうなんです。地デジ化・・・今更ですが・・・。

しばらく前から車に乗るたびに、「あと○日です」という表示に「脅迫されてるわぁ~」と、感じていた圭子。

とうとう今朝には、「今日正午で終了」の最後通告がっガーン

でも、捨ててしまうにはあまりにも申し訳ない・・・のです。だって圭子と社長が助かったのは、この車中のテレビが「女川9メートルの大津波・・・・」という非常事態を告げてくれたから。これを聞かなかったら、何の情報のもないまま、私たちは本社の二階で片づけにおわれていたはずなのです。命を助けてくれたテレビと言っても過言ではありません。


あの日の出来事で、「モノ」にも魂が宿っていることを知った圭子。このテレビ、やっぱり捨てられません。でも映らないし・・・なぁ・・・

そしたら「車専用のチューナーをつければいいさっ」と社長。、、、、なぁんだ、そんな方法があったのねん!?早く教えてよっ!!

知らないのは圭子だけ!?あはっ・・・

スポンサーサイト

久々の狂言に心潤いました~

昨夜、社長と二人、福島 国見町で「狂言」を楽しんでまいりました~。

狂言ミニ①
会場の観月台文化センターです。
こんな立派な建物が、ここ国見にあることにとても驚きましたが、あの大震災で町庁舎が大被害を受け、こちらに移転されたとのこと。大ホールには、総務課を始めたくさんの課がひしめきあっており、残念ながらホールとしての役割はなされていませんでした。

少し早く着いたので、建物内を探検!・・・・いろんな職員の方々と行き会うのですが、
「どの課へお越しですか?」とか、「何課かわかりますか?」とか、それぞれに聞いてくださるのですね。

「いゃあ~、親切やわぁ~」圭子も結構いろんな市町村の庁舎を訪れますが、こんなに職員の方々のサービスが徹底しているところは初めて。すばらしいことですね!

震災後、この地で数回ボランティアとして狂言のワークショップを開催されていた松本薫氏が出演され、同門の網谷正美氏とのお二人で、楽しい舞台を作ってくださいました。お二人とも、関西で大活躍中の狂言師なんです~

松本薫氏は、私たちが立命館の能楽部時代一緒に活動した仲間、昨年秋にも私たちの身を案じ、わざわざ工房を訪ねてきてくださっておりました。

まずは、装束つけの実演

「今から変身するわよ・・・きれいになれるかしら!?」>狂言ミニ⑤


狂言ミニ②

「わわしい!?女になりました・・・・」狂言ミニ⑥

狂言「因幡堂」
狂言ミニ③

狂言「昆布売」
狂言ミニ④

久しぶりに心の底から大きな声を出して笑ったひととき、帰りの車中でも余韻が覚めやらず、思い出し笑いしながら帰ってまいりました。
松本さん、網谷先生、素敵な時間を有難うございました~!!

ジオラマにミミちゃんも・・・

さいかい市場グランドオープンの日、一室を使ってNPO法人の方々のお世話で閖上の子どもたちが作った閖上のジオラマが展示されておりました。

手伝いの合間に見に行った三代目が、「自宅とささ圭の本店のあたりがちょうど境目になっていて、何もないから作ってきたよ・・」と言っておりました。

そのことをすっかり忘れておりましたら、先日NPO法人の方が、せっかくだから色を付けて今エアリで展示中のジオラマに置いてくださいと、絵具と一緒にご親切に届けてくださったのです。あたたかいお心遣いに感激・・・・・。

箱を開けてみて・・・これは・・・ミミちゃんっ・・・三代目は、ミミちゃんも作っていたのでした。またはらはらと涙が・・・。あれ以来、ミミちゃんのことはあまり話さなくなっていた三代目、でも忘れてはいなかったのですね。

東京に行ってしまったので、仕方なく圭子が色を付けてお届けし、本店と自宅のあったたりに、そぉっと置いてまいりました。
ジオラマミニ③

ジオラマミニ
エアリで展示中です。
「被災前」「被災の時」「未来」と分けて造られています。子どもたちの思いがいっぱい詰まったすばらしいジオラマ、個性がキラキラと光っています。

仙台空港特設売店、明日までです~。

空付近ミニ
こんばんわ~
みちのく名取から、圭子です~


今日は急遽、仙台空港の特設売店に、ピンチヒッター?で販売に行ってきました。空港の周囲はまだまだ海抜0メートルで水がたまった土地が多く、このように生々しい爪痕が目立ちます。

そういえば、最近は閖上から久しく足が遠のいていました。現在の生活圏が、名取の工房を中心に動いているものですから、被災の現場を見ることが少なくなっています。少し重苦しい思いを抱きつつ空港へ・・・


空港ミニ

春休み中ということで、子どもたちの姿が目立ちました。昨日は、かなり混み合ったと聞いておりましたので、張り切って?まいりましたが、何としたことか、・・・午前中はお客様があまり多くなくて・・・。と思っていましたら、午後からたくさんのお客様がいらしてくださいました~。ほっ・・・。

なかには、札幌から三泊四日で来ていたというサッカー少年団の子どもたちも。
6枚入りの箱入りを買う子ども、家族が4人なので4枚バラで買う子ども・・・だいたいが家族の枚数を買うんですよね。いい子たちです~

そんな中、一人のサッカー少年が、悩んだ様子でやってきました。
「お土産を買って、残りが300円しかないんです。何枚買えますか?家族は4人なんです・・・」

トホホ・・・2枚で330円、ホントは圭子も300円で2枚あげたかったのですが、直売店でありませんので、勝手なことはできません。でも家族に笹かまをお土産に買っていきたいというこの子の気持ちも嬉しくて・・・・・・・・(っていうか、他の物を買い過ぎやんっ!!)

結局、圭子おばちゃん、試食に切ったのをナイロン袋に3人分多めに入れてあげ、一枚は買っていただきました。今晩4人家族で仲良く食べている頃でしょうか~・・・

またまた今日も多くの出会いをいただき、帰ってまいりました。明日まで、この特設売店で販売しております~!

やっぱり出ました~!

「圭子さん~、藤森さんにめっちゃハグされてましたね~!」
工房に出勤するなり、即、社員たちに言われてしまいました~~。アハハ・・

先日、オリラジとタートルテンボスの四人がさいかい市場にいらした際、取材されたものが昨夜の真夜中の12時半頃放映されたのです。

・・・と言っても、県内だけなので、見た方はそんなに多くはないはず・・・と思いきや、若い方々はこんな時間も結構見ているんですね~。あつさんが午後に行った美容院でも話題になっていたとか・・・。

「彩揚いろどりあげ」を、三人でいっぱい宣伝してくださいました~。

さて今日は、午後から久しぶりに法人会女性部会の会合に。本当に久々です。欠席ばかりで申し訳ないなぁ・・・と思っていても、いつも皆が温かく迎えてくださいます。

「出てきてくれてありがとう~」「元気そうで安心した~」「ブログ見てるよ~」・・・等々。心配してくれる仲間がいることの有難さに、ついつい涙。

人生の先輩でもあり、経営の先輩でもあり、女性としても先輩の方々に、いつも多くの「気づき」と「学び」をいただいている圭子なのです。

そんな私たちの女性部会は来月で、15周年の節目を迎えます。4月25日、ホテルメトロポリタンの総支配人様の講演を予定しています。

スコップ団団長さんのデザインとは気づかず・・・

南の方から桜の便りが聞こえてきました~。わくわく
高知・・・やっぱり暖かいんですね~、以前訪れた際、二月に菜の花が咲いていて驚いたこともありましたものね~。

春を告げる桜便り、去年は桜を愛でる気持ちにもなれぬまま、桜の季節がいつのまにか終わってしまいました。「被災地に桜を植える」という夢のような嬉しい企画が、あちこちで始まっています。名取市でも、先日空港の近くに植樹しました。


さてお彼岸中ということで、おかげさまで工房にはたくさんのお客様がご来店くださり、賑わっております。
閖上のお客様のなかには、ご家族を亡くされた方々も少なくありません。でも皆さんそれぞれに、今という時を一生懸命生きていらっしゃることが、ひしひしと伝わってまいります。

中には何とお声掛けしたらよいものか、・・・・お掛けする言葉が見つからないくらい、まだまだ暗い闇から抜け出されていらっしゃらない方もおいでになります。「大変なことでしたね・・・」としか言えない情けない自分・・・。

心を込めて笹かまを焼き、心を込めて接客させていただくことしかできない私たちなのですが・・・少しでもお客様の心に寄り添うことができたら・・・そんな思いでいっぱいです。

さて・・・
Tシャツ背中ミニ
ささ圭のオリジナルTシャツでございますが、お問い合わせをたくさんいただきまして、夏に向けてまた再び!!製造することになりました~

このデザイン、実は今ボランティア団体「スコップ団」の団長「平了」さんのデザインだったのですね~・・・・って他人事みたいですが・・・あはっ

スコップ団のことは「3.11二万発花火」などでとてもよくとりあげられており、ご存じな方も多いことでしょう。この方とデザインの段階で何度かメールのやり取りをしていたにも関わらず、圭子の中で全然結びつかなかったのでした。何たる不覚・・・。

3.11の前夜、二万人が犠牲者のために2万発の花火を打ち上げてくださった方なのですが、あの日は大雪。曇って花火が見えないのでは?という人たちに、「雲の上で亡くなった方々が見えたらそれでいいんだ!」と言っていた団長さんに「感動したわ~」と親友のKちゃんが言っていたことを思い出しました。

思わず笑ってしまう~!!

紺野ミニ
久々のあたたかい日差しが心地よい一日でしたね~。

先日ご来店くださいました紺野美沙子さんのご主人様が、画像とお手紙を送ってくださいました。

あつさんの笑顔思わず笑ってしまうくらいのとびっきりの笑顔でしょう!?あんまりいいショットなので、先日と同じアングルなのですが、載せてみました。

会長も負けてません!?

おかげさまで二人とも元気。ほぼ毎日、数時間工房に立ちます。実は三代目も春休み中で、朝早くから仕事にきています。

「休暇で帰っているのに、大学に行っている時よりハードな毎日です~」と。甘い甘い!!・・・社員に鍛えられ、社長に鍛えられ、おまけに圭子にも鍛えられ・・・

三世代で頑張っておりまする~

さて、閖上さいかい市場で製造販売しています「彩揚いろどりあげ」、ホームページで注文できませんかとの嬉しいお問い合わせをたくさん頂戴しています。有難うございます。

申し訳ございませんが、今少しお待ちいただきますようお願いいたします。
彩揚うずらミニ
「彩揚 うずら卵」

有難いことに、閖上さいかい市場では、最近バスツアーの方々のご来店が多くなりました。閖上を見学した後、訪れてくださっているようです。「頑張ってくださいね~」「大変でしたね~」お客様方からこんなエールをいっぱいいただきます。有難うございます。

一人でも多くの方々に、あの閖上の現状をみていただくことで、自然の脅威を知っていただき、うちに帰ったら家族、職場の方々、周囲の皆さんにまたこのことを伝えていただく・・・・そんな地道なことをこつこつと続けていかなくてはならないと思います。あの日のことを、決して風化させないために・・・・。

ご縁の数々に鳥肌が・・・

六甲アイランドにあるP&G様を訪ねた日、応接室に通された圭子の目に映ったのが美しくディスプレイされた様々な商品群でした。

「えぇ~、こんなものも、こんなものも御社さまで造っていらっしゃるんですねぇ~」
驚きの圭子でしたが、更に驚いたのが小雪さんや桃井かおりさんのコマーシャルでお馴染みの化粧品「SKⅡ」

と申しますのも、あれは震災後一か月以上たった頃でしょうか、84歳のあつさんが、

「圭子さん、そろそろ、おれたづも、顔になんか塗るものつけた方がいいんでないすかぁ!?」と。

義母の言葉に「はっ」としました。「お化粧することを」「女であることを」忘れていた・・・自分に気づかされたから。

震災後建物の被害が大きく、ようやく一階のみ開店した地元エアリのお化粧品コーナーにあつさんと一緒に行きました。何社もあるコーナーの前で二人で少し迷い・・・というのも震災前まであつさんはS生堂、圭子はFァンケルを使っていたので・・・何となく引き寄せられるようにカウンターに行ったのが「SKⅡ」。やっぱりそこにいらした美容部員さんのやさしい笑顔に引き寄せられたんかなぁ・・・と思います。

震災後ずっとお化粧する気になれなかったし、できる環境でもなかったことなどをその方にお話させていただき、化粧品を選んでいただきました。親身になって、いろいろとお困りでしょうと、それぞれにポーチや試供品もおまけにいただいて・・・これは助かりました~・・・それ以来、私たち二人はずっとこちらの「SKⅡ」を愛用させていただいておりました。何たる奇遇何たるご縁の不思議さ。
製品は最終的にはやっぱり「人」で買うということを、改めて気づかされました。
P&Gミニ②

これらのことを、講演の始めに少しお話させていただきましたところ、社員の皆様から大変喜んでいただきました。

「最近はちょっとお高いので、そろそろ別なブランドに変えようかな・・・と思っておりましたが、こんなご縁があったのですからこれからもずっと「SKⅡ」を一筋に使い続けたいと思います!」と続けましたら、やっぱり関西の方はノリがすごいですね・・・皆様、どっと笑ってくださいました。あはっ

彼女のところに、またあつさんと行きたいと思っています。

さて二日目には灘の酒蔵を案内していただきました。
神戸阪神大震災の時、灘の酒屋さんはそれぞれに大きな被害を受けられました。廃業された会社さんも少なくなかったともお聞きしています。
今の私たちと同じように、苦しい体験の後、それぞれのご努力で再興された酒屋さんがたくさんあるということで、ご案内いただきました。
P&Gミニ③
やわらかい氷雨の中、神戸酒心館を訪れましたところ、美しい庭に咲いていたかわいらしい梅の花。女三人で・・・かしましい!?・・・「いゃあ~、この梅、徳島の美郷町から寄贈されたんやてぇ~」「えぇ~、何でぇ??なんの関係があるんかしら??」なあんて言っておりましたら、
そこを通りかかった紳士が、
「これはね~、ここで造っている梅酒の実を徳島の美郷町から取り寄せてる関係で、町長さんから贈られたんですわ~」と。

失礼ながら、どなた??・・・と思いましたら、何と何とこちらの会社様の会長様やったんです~!!失礼いたしました~!
最後にこんなすばらしい出会いまでプレゼントしていただきました。「何かが憑いていた」かのような不思議で有難いご縁の数々に、今もまだ興奮覚めやらぬ圭子でございます~

今日からまた新たな気持ちで・・・

昨日、名取市合同慰霊祭に出席してまいりました。
とても厳粛なお式でした。

生き残った意味を、改めて考えさせられたお式でもありました。

献唱として、「閖上、わがふるさと」という閖上出身の方が作詞した唄を合唱してくださったのですが、閖上の日常風景を描写したその歌詞に、泣けて泣けて・・・思い出しました、いろいろなこと。

先日、「復興という言葉が悲しい」とおっしゃっているご遺族の方がテレビに映っていらっしゃいました。まだまだ癒えることのないその悲しみの深さに、心が痛みます。犠牲になられた方々に、心からご冥福をお祈りいたします。

今日からまた新たな気持ちで出発・・・そんな思いです。


さて、先日工房を訪れてくださった仙台のN山小学校の5年生の皆さんから、すばらしい寄せ書きが届きました。
彼らは小学校3年生の時に、ささ圭本社工場を工場見学に来てくださり、それがご縁で先般工房に「お見舞い」にいらしてくださった子どもたち。

一枚づつの笹かまの絵に、一人づつ丁寧にメッセージが書き込まれています。

西山ミニ
嬉しくて、早速お店に貼らせていただきました~。ご来店のお客様も、じっと読んでいらっしゃいますよ~。

かまぼこが全然食べられなかった子どもさんも、この時、ささ圭の「手わざ笹かまぼこ」を食べてくれました。高たんぱく低カロリーの蒲鉾は育ち盛りの子どもたちにとって何よりの食品。

また女性にはダイエット食品としてもおすすめなんですのよ~・・・って、圭子が言ってもあまり信じてもらえないか・・・

N山小学校の皆さん、ありがとうございました!!またぜひいらしてくださいね~

神戸「P&G」様でお話させていただきました~

こんにちわ~
朝のみぞれ混じりの雨も、ようやく午後にはやわらかい雨に変わりました。
午前中、市内の5つの中学校では卒業式が行われ、圭子も出席してまいりました。

檀上で、校長先生から一人づつ卒業証書を受け取ると、回れ右してこちらに顔を向けますが、階段を降りるまでのほんの数秒、実に個性が出た表情をちらっとのぞかせるのが、圭子はいつも楽しみなんです。

その瞬間、殆ど全員が、後方に列席されている父母の方を見ているような気も致しますし、これからの自分の未来を、すっくと眺めている一瞬にも感じるのです。いつも清々しい気持ちにさせられる卒業式。彼らの未来に幸あれと祈ります。

さて~
新聞ミニ
いゃあ~、圭子、ちょっと泣いてる!?一昨日、神戸の「P&G」様主催の「東北震災メモリアルデイ」にお招きいただきました。その記事が早速昨日の神戸新聞に載りました~。
P&G様では社会貢献の一環として、「被災地支援」を様々な形で会社を挙げて実施されている企業様なんです。


P&Gミニ①
講演させていただいた会場です。この雰囲気、緊張いたしました~
社長様始め皆様、とても熱心に聴いてくださり、感激の圭子です。外人の社員様には同時通訳ですのよ・・・すごいです!
ちなみに社内での会議等は、英語のようです。・・・圭子には夢の世界!?
こちらの会場と、各工場、東京オフィス等あわせて500人の社員様が聴いてくださいました。

その後の販売会では、おかげさまで大賑わい、そしてなんと・・・「笹かま」も「遊里揚ゆりあげ」も、数分で完売~・・・
「えぇ~っ、もうないの!?」せっかく買おうとしてくださった皆様、誠に本当に申し訳ありませんでしたっ!

販売ミニ

その夜は、有志の社員様方が夕食会を開いてくださいました。圭子あこがれの「女子会」みたいな雰囲気です~。♪♪・・・と、思いきや、あらっ、素敵な殿方も!!
P&Gミニ④

皆さんで、被災地のがれきを処理したり、川をきれいにしたり、そして被災企業の製品を買うことで支援につなげたり・・・と、これまでいろいろな形で多くの支援をされてきた「P&G」様ですが、今後は更にどのような形で支援を進めていけば被災地に寄り添った支援ができるのかということを模索され、実行に移されようとしています。

素敵な社長様と、個性豊かで魅力的な社員の皆様に、刺激をいっぱいいただいて帰ってまいりました。
感謝の気持ちでいっぱいでございます。本当に本当に、有難うございました!!

ご縁の不思議さと、有難さをつくづくと感じた二日間でございます。

          (次回、SKⅡのお話に続きます)

明後日神戸に・・・

彩③ミニ
こんにちわ~
みちのく名取、今日はようやく日差しに春が見えるような一日となりました。大雪も一気に溶けて・・・こんなふうに脂肪も溶けたらいいのにと、友が語ります。圭子も同感。

閖上さいかい市場店の「彩揚いろどりあげ」がおかげさまで、とっても好評です。地元の小学生の子どもたちも一枚、二枚と買いやすいようで、友達連れで立ち寄ってくれたり・・・。庶民的なかまぼこやです。こんな小さなお客様、嬉しくて、どんどん試食を勧めちゃう圭子です。

さて、3.11を目前にして、テレビや新聞はずっと特集や特別番組を報道しております。
あの日を忘れないために、各地でも様々な催しが予定されているようです。

実は圭子も、そのことで明後日、神戸に行かせていただくことになりました~。
神戸に本社のある外資系の会社様が、会社を挙げての「震災メモリアルデイ」としてメモリアルイベントを開催されるということで、その中で圭子がお話をする時間を作ってくださったのです。

東京・高崎・滋賀・明石、そして神戸を結んでのイベントです。当日は、「手わざ笹かまぼこ」と「遊里揚」など、弊社の製品も販売してくださいます。

震災後、被災地のことを社員の皆さんで考えて、支援の輪を広げていらっしゃる企業様なんです。ふとしたことからご縁をいただき、ずっとささ圭を応援してくださっています。

どんなお話ができるか、心もとないかぎりですが、何とか頑張って行ってまいりますね~!!


和歌山でおでん!?

和歌山ミニ
みちのく名取には珍しい「なにわ」ナンバー・・・なんと、降り立った皆さんは和歌山大学の学生さんたちでした!

なんで和歌山大学の皆さんが??
突然お見えになったのです。

ちょうど社長も帰ってきましたので、二人でいろいろとお話をうかがいました。

「FOR WARD」という活動をされている学生さんたちでした。被災地に昨夏ボランティアでいらしてくださったらしいのですが、その時にしたがれき処理以外に自分たちにできることは何か、真剣に取り組んでいる方たちなのでした。

まずは、3.11の日に、和歌山で被災地の企業で製造した蒲鉾を使ったおでんを販売しょうとしているらしく、ささ圭の「遊里揚ゆりあげ 五目」を注文してくださり、塩釜にむけて更に食材を求めて出発されました。

ちょうど三代目と同世代の彼らの意気込みに、深く感動し、すっかりお父さんとお母さんになってしまった社長と圭子。雪の上を初めて走った・・・怖っ・・・という「なにわ」ナンバーの車、「みんな~気を付けて行くんだよ~!!」


若者の行動力にまたまたパワーをいただきました。

店内はお雛様がいっぱい・・・

今朝の大雪、あぁ~、昨日で良かったと胸をなでおろしています。
通勤途中には事故車も・・・雪道の怖さを実感・・・皆様、お気をつけくださいませね!

昨日の地鎮祭には地元仙台放送さんと河北新報さんが取材に。夕方の報道番組で地鎮祭の様子や社長の抱負などを早速放映してくださいました。仙台放送さんでは、被災直後からずっと折に触れ「ささ圭」を取り上げてくださっています。

昨夜はその後NHKさんの「ここに技あり」の番組もあり、放映中にもたくさんの皆さんからお電話やメールをいただきました。今日午前10時から再放送されています。

佐藤正宏さん、とってもいい雰囲気の方。お人柄でしょうか、その土地その土地の地元の方々にとっても馴染んで、・・・・。ささ圭でもファン急増中!!

各テレビ局の皆様に、感謝申し上げます。

そして今日は「お雛祭り」でございます~
紙雛ミニ
かわいらしい貝雛、学生時代の社長と圭子の友人たちからの贈り物、先日届きました。はまぐりに縮緬の着物を着たなんとも愛らしいお雛様、早速お店に飾らせていただいています。有難うございます!


そしてこれは、またまたかわいらしいお雛様。千葉県のある県立高等学校の手芸部の皆さんの手造りのお雛様。
紙雛ミニ②

あるご縁で、閖上の仮設に頂戴したものを、一人でも多くの方々に見ていただき和んでいただければと、自治会長さんが届けてくださいました。有難うございます。

早速お店に、こちらも飾らせていただきました。いろいろなお雛様で店内は一足先に春がきたような晴れやかさと賑わいを醸し出しています。ご来店の方々にそっと春を告げてくれているかのよう。


特に女性の方々は必ず目を止められ、笑顔になられます。今日は皆様はどんな「お雛祭り」をお過ごしでしょうか。




無事地鎮祭も済ませ・・・

③地鎮祭ミニ
本社工場の地鎮祭、おかげさまで無事終わりました~お天気、もってくれました!!
午後から大荒れ、なんと大雪になってしまいましたが、午前中は曇り空ながら精一杯お天気も頑張ってくれまして、・・・社長は晴れ男やったかしら!?・・・何とかお客様方にご迷惑をおかけしないですみました。

祭事中は圭子も神妙にして撮影できませんでしたので、いい画像がありません。頼めばよかったのに、ホントにタイミングの悪い圭子なんです。

全てが終わってから社長がお礼のご挨拶を・・・。

こんなにも早くここまで来れたことへの感謝の言葉でいっぱいでした。また「18年前に本社工場を建て、人生でまた再び本社工場を建てるようになるとは夢にも思っていませんでした・・・」とも。

こんな日が、こんなにも早く来ることを一番信じられないのは私たち。これもひとえに、私たちをずっとずっと温かく見守ってくださる皆様のおかげです。

時には折れそうになった心を優しく、厳しく温かく励ましてくださった全国の皆様に、この場をお借りして心より感謝を申し上げます。有難うございました。 

>①地鎮祭ミニ@
三代目も昨夜遅くこの日のために東京から帰り、出席しました。
「いずれお前の使うようになる工場だからな」・・・そんな父の言葉を二十歳の彼はどう受け止めていたのでしょうか。

重い重い荷物を背負わせてしまうことになるかもしれない・・・それは母としての圭子の独り言。

でももう迷いますまい!

明日からまた竣工の日に向けて、新たな出発の日に向けて、精一杯「元気な笑顔で」歩いてまいります!!
皆でこころを一つにして・・・