旬の花時計
プロフィール

ささ圭の圭子

Author:ささ圭の圭子
宮城県名取市ゆりあげの笹かまぼこ製造直販のささ圭です。
ホームページはこちら!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

現場から圭子です!

新工場ミニ②
連休の今日、工事現場もお休みかな・・・と思いつつ、社長と行ってみました。なんとなんと、休みを返上して、急ピッチで進行中でございました。皆さん、ご苦労様です!

それにしても、きっつきつ・・・敷地に目いっぱいに建てていますのね~。ずっと向こうにいる白い服の人から右にL字型の建物になります。「六月くらいで、殆ど建物は建っちゃいますから~」と総監督のМ部長さん。また時々見に行きますね。現場から、レポーター圭子でした。


さて素敵なプロジェクトが進行中・・・・っていうか、始まったばかりです~。
http://www.egao-p.com/
「みんなDE笑顔プロジェクト」
全国の高校生の皆さんのアイディアで、全国それぞれの農水産物の商品開発をしようという壮大な取組なんです。

若者の蒲鉾離れ・・・・残念なことに・・・・をくい止めるような、新しい提案を若者と一緒に考えていきたいと思います。
スポンサーサイト

昨夕の余韻が・・・

高座②
昨夕の談笑さんの独演会、開演前の高座です~。
高座という通り、1メートルくらいの高さの立派な特設高座が準備されておりまして、ここが商工会館とは思えないくらい、まさに寄席の雰囲気が・・・・。実は社員のKちゃん始め、生で落語をお聞きしたのは初めて・・・・という方々が大半でしたが、皆さん、談笑さんを楽しみたい!・・・という気持ちが溢れんばかりの期待に満ち満ちた満員の客席でございました。

圭子たちには、1番前の真ん中のお席を準備してくださっていました。恐れ多いことに・・・。見上げると、1メートルくらいのところに談笑さんがいらっしゃるもので、ちょっと恥ずかしい感じ。談笑さんも「親戚の人たちに囲まれて、やる気分」とおっしゃっておりました。やりにくかったかなぁ~ごめんなさいね。

演目は「金明竹」と「鮫講釈」の2番。圭子も皆さんと同様に、お腹の底から大笑いして、心が癒されたひとときになりました。オチに、なんと、「笹かまぼこ」を出してくださり、またまた大笑い~。

最後に、談笑さんが名取にどうしてきてくださったか、きてどんなふうに感じたか、などなど・・・を、真面目に!?お話してくださいました。それまで涙が出るほど大笑いしていた圭子も、思わず涙。・・・てへっ・・・んもう~、談笑さんたら~!!

談笑さんと名取の皆さんの心が、まぁるく結ばれた瞬間でした~。まさに「えん旅」というタイトルにふさわしく、笑いと、そしてちょっぴり涙の独演会でした。このあったかいご縁が、ずっとずっと末永く続きますようにと願いながら、会場を後にいたしました。

談笑さん、お疲れ様でした~、そして有難うございました。また絶対に名取に、ささ圭に、いらしてくださいねっ!!
いろいろとお心遣いいただきましたスタッフの皆様にも、この場をお借りして御礼申し上げます~。

熟女の特権?

ぼやけててごめんなさい~電車の中なので~
電車広告ミニ
一昨日の夕方、久々に電車に乗りました。帰りの電車は仙台空港線、熟女5人(法人会女性部会の皆様)でわいわいと乗り込みましたところ、・・・あんら、まあ・・・・・なんと私たちの写真がポスターになって電車の中に貼られているではありませんか~っ!!

確かこの写真は、2月4日の閖上さいかい市場オープンの朝、報道関係者の方々のお一人がお店の中にはいっていらして「撮らせてください」と言われて「どうぞ~」なあんて、皆でポーズをとったもの。

その後、何かのポスターに使わせていただきますと、お電話でご連絡いただいたのは間違いないのですが、それが、このポスターだったとは!!圭子もビックリです。

「笑顔咲くたび 伊達な旅」という宮城県が作成したポスターらしいのです。

熟女の皆さま、「せっかくだもの、剥がして、いただいていったら~?」(だめだめぇ・・・犯罪です)

という訳で、その足で、ずうずうしくも、名取駅の駅員さんにお願いにあがりました・・・。そこでJRさんで作ったものでなく、宮城県が制作したものと判明。でもご親切にも、後日お届けしてくださることになりました。やっぱり、言ってみるもんですねぇ~熟女の特権!?かしら???

追加です。 
倫理研究所様発行の「新世」6月号を、ご好意によりたくさん送っていただきました。ご希望の方にご発送せていただきます。先着30名様。ファックス、またはメール、コメント、お電話でお申込みくださいませ~。
気と骨ミニ

素敵な談笑さんがとうとう

談笑ミニ②
立川談笑さんが、NHK BSプレミアム きらり!えん旅」の収録の為、いらしてくださいました~

熱々の手わざ笹かまぼこを、「美味しい~っ!!こんなの初めて食べました!」と談笑さん、是非すべての製造過程を体験してみたいというご本人たってのご希望で・・・こんなお姿に変身~っ!!とってもお似合いですね!!ちなみに、白前掛けは出張中の社長のものでございます。

それにしても、ピーンと背筋を伸ばしたこの姿勢、「なんだか圭子先生に叱られているいたずらっ子の小学生みたいに可愛いですよね~・・」とは、女子社員の声。あはっ・・・ほんとに・・・

談笑ミニ
会長から手ほどきを・・・。「初めてにしては、なかなかうまいなぁ~」ほめて育てる・・・これ会長の極意でございますの。


焼き方も体験。「こんなに熱いところで、若い皆さんが頑張ってらっしゃるんですね~」と、驚かれたようです。
談笑ミニ③

明後日の夕方、名取市商工会館の二階で、談笑さんの独演会がございます。その様子も放映されるとのこと。被災地の名取の方々に元気をだしてもらいたいという談笑さんの熱演、楽しみです。、整理券が必要なんですが、ささ圭でもお預かりしておりますので、是非お問い合わせくださいますように。022-784-1239かまぼこ工房ささ圭 佐々木まで

男前に撮れました!?

昨日の寒さとは打って変わって、今日の暑さは5月の下旬並みとか・・・。暑い~っ
昨夜は暖房しましたのに・・・。社員も圭子も、みんな福興Tシャツ一枚になって、頑張っています。

この福興Tシャツ、お問い合わせをたくさんいただきまして、とうとう販売再開いたしました。たくさん作りましたので、金額も少し安くあがりました。そんな訳で・・・ナント!!値引きいたしましたこの機会に是非いかがでしょうか!


さて本日、楽しみにしておりました社団法人 倫理研究所様発行の「新世6月号」が届きました~!
気と骨ミニ
「信念を貫く相貌 気と骨」、とってもいい顔に写っておりました。

記事を書いてくださったイスケ・インクの大久保様、カメラマンの田中様、有難うございます。会長夫妻にとっても、私たち家族・社員にとっても、何よりも嬉しいプレゼントでございます。心からお礼申し上げます。

私たちも「伝統の味と技を伝える」という信念を持ち、福興に向け、これからも歩み続けることの大切さをあらためて感じております。

大きくなりました。子(猫)育て中の意見の相違

ミックミニ

「だってぇ、う~んと食べたそうにしているんだもんなぁ~・・・・」

「でも長生きさせたいなら、人間の食べるものは絶対に食べさせないように・・・って獣医さんから厳しく言われてるんですよねぇ・・・」

ずっと以前から圭子がいない間、会長夫妻、時々どうもミックちゃんに「かまぼこ」や「お魚」をたべさせているような気配が・・・・。こやつ、どういうわけか、人間様の食べ物に、異常に敏感なんです。

おかしいなぁ~と思い、「もしかして、ミックちゃんに何か食べさせてる?」って聞いても、いつも返ってくる返事は、「食べさせてないよ」

ん??・・・・なんかおかしいなぁと、ある時追及しましたら、上記のような返事が・・・・やっぱりね~

「すごく食べたそうに食卓に乗る!!もんだから、ついついやっていた」・・・らしい。だいたいこの食卓に乗るという行為も、圭子にとっては絶対タブーなこと。

も心得たもので、圭子や社長がいるときといない時では全然違うらしいの。いないときは、のうのうと食卓に敷いた新聞紙の上で寝そべっていて、いくら会長夫妻が「やさしく」・・・・やさしすぎるのね・・・降ろそうとしても、全然聞く耳無しのようなのだ。

もちろん圭子のいるときに、ちょっとでも食卓に上がろうものなら、圭子の「こらぁっ!」という怒声が響くもので、用心している様子。

はぁ~っ(ため息)・・・・これって・・・なんだか・・・・どこかで・・・・聞いたことがあるような・・・・
そうです、子育て中のママと祖父母の対立・・・・ですよね~。

でもやっぱり一番甘えてくるのは圭子になんです。うふっ・・可愛がるのもしつけも「メリハリをつけて・・・」なぁんてね。

佐々木家の人々、ミックちゃんにすっかり癒されて、遊ばれております~。

「きらり!えん旅」で、談笑さんが工房に!!

来週の26日、工房に落語家の立川談笑さんがいらっしゃることになりました~

NHK BSプレミアム 「きらり!えん旅」という番組の取材です。

皆様お待ちかねの?全国放送でございますよ~(・・・我が家はまだBS見れんかったのよね・・・)

談笑さん・・・といえば、かの立川談志さんのお弟子さん。・・・でしたよね!?あまり落語の知識がなくて、申し訳ないです。

大震災の傷跡がいまだ消えない東北。復興に向けて取り組む人たちを応援しようと、昨年の10月から歌手やタレントが被災地を訪れてくれています。先先週は、たしか石巻市を藤井フミヤさんが!

名取市には26日から談笑さんが訪れ、「閖上の赤貝」「名取のカーネーション」そして、わがささ圭の「手わざ笹かまぼこ」の三つをご紹介くださることになりました~有難いことですね~

「えん旅」の「えん」は、応援の「援」、そして出会った人たちとの「縁」、そして、そして、人々が輪でつながる「円」・・・こんな深くて熱い意味が込められているそう。

更には、旅の終わりに、旅人が出会った人たちへの感謝を込めて行う公「演」もこの番組のクライマックス。28日に、会長夫妻と私たちも名取市商工会館へ、談笑さんの楽しい落語を聞きにいくことになりました。

どんな方なのでしょうね~、とっても楽しみです。


さて、ボランティアのМさんが、明後日霧島に帰られるこいうことで、皆で記念撮影を!
jwfo.jpg

働くのは明日まで・・・と思っていましたら、
「飛行機が、明後日の3時ですけん、明後日のお昼まで働きますばってん」

なんという根性でしょう!?Мさんの、そのひたむきな働く姿勢やお人柄に、私たちは目に見えないたくさんのものをいただいたような気がしています。

心から感謝の気持ちを贈ります。有難うございました。そしてお疲れ様でした~!!霧島と名取のご縁、これからもずっと大切にしていきたいと思います。

興味しんしん・・・熱い視線!?

小学生ミニ
ようやくここみちのく名取でも、桜が開花し始めました~

あったかい午後、何となく子どもたちの声がして、ふと外を見ると・・・・あ・ら・ら・・・あまりの可愛さに、カメラ~!!思わずカシャっ嬉しいですね~興味を持っていただいて・・・。

右の白衣姿は、焼き方がすっかり板についた九州のボランティアМさん。ちょっぴり照れくさそうに、小学生女子の視線に耐えておりました~

ここは近くの増田小学校さんの通学路にあたっていますので、立ち寄ってくれたのですね~。それにしても、この後姿のめんこいこと~この小学校さんからは、毎年一年生の子どもたちが町探検で訪れてくださっています。

小学校といえば、地元閖上小学校さんで10数年前から毎年欠かすことなく続けていた「笹かま造り体験授業」。最近は保護者の方々もぜひ体験したいということで、3年生のPTA行事になってずっと続いておりました。

実は10数年のうち、実施できない年が一年だけあったのですね~。家庭科室が校舎の耐震工事で使えなくて・・・。そのことは私たちにとっても何ぁんとなく、物忘れをしたような・・・画竜点睛を欠いたような??(そこまで大げさではありませんが・・・)気になっているところだったのです。


その子どもたちが中学生になったとき、閖上中学校さんから、唯一体験していない学年の子どもたちのために来てもらえませんかというご依頼をいただき、何となくほっとする思いで、会長夫妻と圭子が閖中さんにすり身をもってお邪魔したのはちょうど3年前・・・でした。

閖中ミニ

さすが中学生!ユニークなマイ笹かまも  ちょっと怖いかも・・・
かまぼこづくりミニ

そして昨年・・・・・3.11のため、閖小さんにお伺いすることができませんでした。

機会があればまたいつの日かきっと・・・そんな日が来ることを楽しみにしている私たちなのです。

すっかり馴染みました~ボランティアのМさん

ボランティアミニ
こんにちわ~
ボランティア6日目のМさんです~

九州男児のМさんの前職は、霧島市役所の部長様。本当はエライ方だったのですね。でも全然偉ぶった所がなくて、自然体で社員に融けこんでいるいる様子はさすが~っ!!

12日間、「お休みは全然いりまっせん」とおっしゃるのですが、朝7時30分から夕方5時半ころまでずっと立ちっぱなしのかなりハードな作業なものですから、「どうか一週間に一日だけでもお休みください」と圭子。

せっかく初めて東北にいらしたのですもの、松島観光とかお勧めしましたが、その気は全くなくて、「とにかく少しでも多くお手伝いしたいっ」という積極的なその姿勢。社員も私たちも大いに感激しているところなのです。

手わざ笹かまぼこの焼き方を中心に、串洗い・・・一本づつ焼いた串を洗っていきます。・・・や、成型も時々やっているようで、すっかり社員と見まごうばかり。

そんなМさんの歓迎会と送別会(20日までなものですから)を兼ねたささやかな会を、明日の仕事終了後に、工房で開催いたします。長町の「米工房いわい」さんの奥様と圭子は法人会女性部会のお仲間、いろいろとこちらの意向を汲んでくださった美味しいお花見弁当を届けていただきます~。お花見には行けませんが、ちょっぴりお花見気分に皆でなれたら・・・との思いです。♪

サユリストになってしまいました・・・(目パチパチ)

昨日と交換になればよかった~・・・と思うほどの陽気、うららかな春の日差しがまぶしい日曜日です。

昨日は、名取市役所前の広場で「名取春まつり」が開催され、たくさんの方々で賑わいました。でもあいにくの曇り空、そのうえ肝心の桜の開花がまだ始まらず、ほんのりと桃色のつぼみ状態なものですから、何となくお祭り気分もいささか盛り上がりに欠けてしまったような・・・

そんな中、ささ圭も「遊里揚ゆりあげ」の実演販売を。社長自ら、張り切って揚げまして、なんとか盛り上げようと頑張っておりました。

春祭りミニ

お天気に負けじと?特設舞台では次々と出し物が・・・
これは勇壮な「閖上太鼓」の皆さんです。
春祭りミニ②
閖上公民館に置いてあった太鼓、無事やったんですねぇ・・・良かったぁ。

あれは・・・春祭りミニ③
そうなんです。ずいぶん前に、・・・平成3年だったのですね・・・まだ会長が社長だったころ、閖上公民館で閖上太鼓を始めたいというお話をいただき、ささ圭で寄贈をさせていただいたのでした。

津波を乗り越えて、無事残っていたことに感激。全身に響き渡るようなその音色に、深く心打たれて動けない圭子でした。

さてさて昨夕は、思いがけない幸せ~なひとときを・・・・。名取市文化会館で吉永小百合さんの原爆の詩の朗読があったのです。あきらめていましたところ、整理券を思わぬところからいただき、急遽、友人と駆けつけました。

実はその前に、主催者の方から吉永小百合さんへのお土産をご注文いただき、お届けさせていただいたのです。なんという光栄!!あの小百合様へ!?きゃ~っ

そして熱々の手わざ笹かまぼこを・・・。小百合様、食べてくださったかしら!?

舞台に登場した小百合様は、ため息がそちらこちらから漏れるくらい、「美しい」方でした。その美しさは「気高い」と感じるくらい、女神様のようで・・・。そして、そして、ただ美しいだけの方ではありませんでした。

優しく、そして時には激しく、また力強く、その詩を書いた方になりきり朗読される「原爆の詩」は、3.11の東日本大震災の被災者である私たちの心情ととても重なる部分があり、涙が止まりませんでした。

被災者の方々に、子どもたちに何をしてあげられるかということをずっと考え続け、この催しもその熱い思いがひとつ結晶したものだったのですね。かわいい閖上小学校の子どもたちも招待され、作文を発表するシーンもあり、舞台に花を添えてくれました。

小百合様からいただいたメッセージを深く受け止めて、これからの福興に全力で頑張って行こうという思いを強くした圭子でございます。小百合様、本当に有難うございました。

浅野画伯の美しい絵に魅せられて・・・

絵画ミニ
名取市閖上が生んだ著名な日本画家、故「浅野紫露」画伯の絵でございます~。
絵の見方の心得のない圭子でございますが、素晴らしい~・・・ため息の出るような美しい日本画です。

画伯の絵は、生前名取市役所のホール、閖上小学校と閖上中学校の体育館、名取市体育館などにそれぞれ寄贈され、訪れる人、見る人の心をやさしく潤してくれておりました。

今日工房にこの絵を持ってきてくださったのは、画伯のお嬢様。(・・・といっても社長と同級生なんです!)

お嬢様「頑張っているささ圭さんだからこそ、飾ってもらいたいんです!」・・・と。なんという嬉しいお言葉でしょう。何もお返しできない今の私たちなのに・・・。涙ウルウルの圭子とあつさん。こんな形で、私たちを応援してくださっている方がいます。

まもなく紫陽花の季節。5月になったらお店に飾り、ご来店くださる方々に楽しんでいただきたいと思っています。

ちなみに、故浅野画伯については、「閖上にゆかりのある偉人」として、12年ほど前圭子が閖上小学校のPTA新聞で取り上げさせていただいたこともあり、これもやっぱり「ご縁」かな・・・と。有難いご縁、そして嬉しいご厚意に、心より感謝いたします。

流失した写真がDVDになって・・・

IMG_0340_convert_20120410184607.jpg
すごいものが届きました~。30ウン年前の私たちの結婚式のスナップ写真の数々・・・。いったい全体、どこに流れ着いていたのでしょう・・・

震災後、閖上小学校には泥にまみれた莫大な量のアルバムが集められ、ボランティアの方々のお力で綺麗に洗浄やふき取りがなされ展示されていました。「ゆりあげ思い出探し隊」の方々を中心とした活動と伺っておりました。

ヘドロで臭いがかなりあるにもかかわらず、一心不乱に作業してくださっている姿、本当に有難いなぁ~と思いました。

思い出のアルバム、・・・・私たちのは無くてもしょうがない、でも一枚でも三代目の写真が残っていれば・・・と、何度も探しに行きましたが、結局見つけることはありませんでした。

数日前、お店に届けられたのは、何と私たちの結婚式のもの。お互いに約20㎏づつ痩せていましたのよ。中には変色して見えないのもありますが、殆どが綺麗に残っていました。そしてこれらをDVDに納めてくださったものも付けられておりました。

もう閖上小学校では水も出なくなったとのことで、これらは大学をはじめとする全国の様々な団体が洗浄・修復をしてくださった賜物のようです。被災地以外のところで、被災地のために何かしたいという方々の活動が、圭子にも思いがけないプレゼントを運んでくださいました。

もう二度と見ることは叶わないと思っていた写真の数々、大切に残しておこうと思います。この場をお借りして、篤くお礼申し上げます。

九州からボランティアの方がみえます!

チップミニ
昨年の5月の連休後、ささ圭復活の足掛かりとなった「牛タン入りソーセージ」と「牛タンスモークチップ」等の仕入れ商品の販売を開始いたしました。

その頃、九州の「霧島市役所」様から、突然たくさんのご注文をいただき、驚いたことがございました。お聞きしますと、遠く離れた地で、支援に行けない自分たちにできることは何かと考えて、販売中の牛タン製品の注文を庁舎内でまとめてくださったとのことでした。

当時、毎日のように訪れる名取市役所には、姉妹都市の「上山市」や「新宮市」を始め、「神戸市」「金沢市」そして「霧島市」・・・・等々の自治体からたくさん応援の方々がいらして、いろいろな業務を手伝ってくださっておりました。

Tシャツや作業服に、それぞれの自治体の名前が刷り込んであり、どこからいらしたか、すぐにわかるんですよね。あの頃の私たちと言えば、混乱してかなり切羽詰まった状況。そんな中で、遠くからわざわざ私たちのために来てくださっていることに、頼もしさを感じ、心から有難く思っていたものでした。

その霧島市役所さんから、・・・・正確には先月末で定年退職された男性・・・10日から約2週間、ボランティアで私どもに応援にいらしてくださることになったのです~

遠く九州から・・・すごいことです。ありがたいことです~。

わが社でも初めての経験。受け入れ体制も充分整っている・・・・とは言い難い状況ではありますが、皆でドキドキしながらお待ちしているところでございます。

来てよかったと思っていただけるように・・・・。

びっくりです!ささ圭の半被が・・・

半纏ミニ
こんばんわ~
みちのく名取はここずっと強風続き・・・・、お客様もそんな中、次々とご来店くださいます。感謝の気持ちでいっぱい。

さて感謝と言えば・・・この半被10年以上前に仙台の染物屋さんで作ったのですが、大津波でもちろん流失、一枚も残ってはいませんでした。

ここしばらく、申し訳ないことにその会社さんとはお付き合いもしていなかったのですが、今回私共の被災を知り、倉庫に残っていたからと、社長様自ら、今日わざわざお届けくださったという次第。懐かしや~・・・

被災前、この半被を着て、何度販売したことでしょう。私たちの思いがいっぱい詰まったこの半被・・・・。大切に大切に、使わせていただきます。

ほまれや様、有難うございました。人の情けのありがたさを、しみじみと噛みしめている圭子でございます。


先日のブログに書きました「気と骨」、ホームページに載っていると教えていただきました。
よろしかったら、ご覧くださいませね。

やっとこさ、ホームページのアドレスを入れる・・・リンク・・・方法をマスターしました~。
遅れてる~ぅ・・・なぁんて言わないでね!!あはっ
http://www.kitohone.com

「信念を貫く相貌 気と骨」に会長が・・・ 

こんばんわ~
春の嵐。激しい風に飛ばされそうな一日でしたね~。

昨日、倫理法人会の会長さんが急遽おいでになり、倫理研究所で出していらっしゃる「新世」という雑誌の「信念を貫く相貌 気と骨」というコーナーに、是非会長に出てもらえませんかというご依頼をいただきました。

もちろん快諾させていただいたところ、早速、今日東京からわざわざ取材にいらしてくださいました~。どうしてささ圭のことをお知りになったのですかと伺いましたところ、思いがけないお返事が・・・

昨日のブログでご紹介しましたNHKの番組「ここに技あり 」を偶然にも宮城 雄勝に取材にいらしていたとき、ホテルのロビーでふとご覧になったそうなんです。

その時以来、ぜひ取材したいと思っていらしたとのことで、本日の取材となったとのこと。やっぱりこれもご縁・・・ですよね~。だって東京ではあの番組は放映はされなくて、東北6県のみだったのですものね。

取材ミニ②
「わし、緊張するなぁ・・・」
取材ミニ
ちなみに・・・この「気と骨」で今までに出ていらっしゃる方の中には、
三浦雄一郎氏(プロスキーヤー)、小野田寛郎氏(財団法人小野田自然塾理事長)、佐橋慶女氏(文筆家)、穐吉敏子氏(ジャスピアニスト)、加藤光峰氏(書家)・・・・すごい・・・すごすぎるぅ~

ほんまに、うちの会長でいいんでしょうかぁ・・・。

取材は会長の生い立ちから、戦争時代のこと、等々、大いに盛り上がり、長時間大きな笑いの内に終わりました。あつさんも一緒に写してくださいましたので、きっと二人の笑顔の写真も載るはずです。またその時はご紹介させていただきますねっ。

取材の大久保様、カメラマンの田中様、大変お世話になりました。そして有難うございました。

福島からのお客様

本社ミニ
新工場の工事現場はいったいどのへんまで進んでいるのか・・・ご心配いただいている皆様に少こぉし進捗状況を。

先日、事務所だった建物(前方)の後ろに、二階建ての現場事務所が完成しました。(結構豪華!?)この二つの建物は、工場の完成後全て撤去する予定になっています。ちょっともったいないわねぇ~

昨日、「墨だし」が終わり、糸が引いてありました。今日から杭打ち作業とのこと。ウ~ン、まだまだですが、少しづつ進行しています。

さてお話はかわりますが、先般のNHK番組ここに技あり くじけない 手仕事の国 東北をご覧下さった方々が、今も結構県外からご来店くださっています。有難いことです。

山形・福島の方々が殆どなのですが、昨日は福島 郡山から、わざわざご一組のご夫婦が訪ねてくださいました。
「まだまだ原発で大変でいらっしゃいますね~」と申し上げますと、「閖上の皆さんこそ、本当に大変なことでしたね」と逆に労ってくださったやさしいご夫婦。「あの放映後、是非一度行ってみたくて、今日ようやく実現しました」と、涙ぐんで続けられました。

郡山では除染がだいぶ進んでいるようですが、大切に育てた庭木も除染の為全て切ってしまわれたそう。そして庭の土を全部入れ替えたそうですが、これが一度では済まないというのです。また時を経ると濃度が高くなるので除染をしなくてはならないのだとか。なんということでしょう・・・
私たちとはまた別の悩みに、福島の方々は苦しんでいらっしゃいます。

でも、「お互いに頑張りましょうねっ!!」と笑顔でおっしゃった奥様、圭子も元気をいっぱいいただき、笑顔でお送りさせていただきました。決して「くじけない」・・・・ですよねっ!!


どうかどうかお元気で、そしてまたいらしてくださいませね~

徳島新聞社から記者が・・・

徳島新聞社ミニ
久しぶりに閖上に行きました。

徳島新聞社の記者Fさんが、夕方工房を訪ねてくださったのです。盛岡にお仕事でいらしたとのことで、
「ここまで来たからには、佐々木さんに会って帰りたいと思いまして・・・・」と、
お忙しい中、わざわざお立ち寄りくださいました。嬉しいですね~

ちなみにFさんは、2月に徳島に里帰りをした際、取材に来てくださり、徳島新聞に載せてくださった記者さんです。

閖上をぜひ見ていただきたくて、ご案内しました。
日和山ではまず手を合わせ、犠牲になった方々のためにお祈りを・・・・・。ここから見る光景にはどなたも言葉を失いますものね。

自宅、本店、本店工場、本社工場・・・を全てご案内したあと、閖上さいかい市場へ。更に新工場の予定地に。9月に竣工予定であることをお話しましたら、「その頃また来てみたい、見てみたいですね~」と。楽しみにお待ちしています~!


さて先日、友人たちから可愛い贈り物が届きました~。なんとも愛らしい!!早速、お店に飾りました。

人形ミニ②

震災前は、名取店の五月人形のディスプレイは「鍾馗しょうきさん」を飾っていました。これも本店倉庫に保管しておりましたので、流失してしまいました。

実家の姉に話しましたら、なんと甥のが残っているというではありませんか。と言っても、甥は39歳・・・てぇことは、約40年前の年代物!!

でも保存状態がとてもよくて、大切に虫干ししながら手入れがされていました。それがこれ・・・
人形ミニ
お店は一足先に、もう五月のよそおいです~