ここ数日急に冷え込んでまいりましたが、明後日からここみちのく宮城でも雪が降るとの天気予報。圭子もあわてて本日タイヤ交換をお願いしました。ぎりぎりセーフ

さて昨日は終日、仙台駅前アエルで「復興支援エネルギッシュフェア」が開催されました。

エネルギッシュフェアミニ

会長作の「弁慶」に手わざ笹かまぼこを刺してディスプレイ。この笹かまを売ってほしいというお客様続出!
「すんません~売りものぢゃなくて・・・」
エネルギッシュフェアミニ3枚目

「平成の仙台四郎」さんも、お立ち寄りくださいました~。それにしても本物(写真でしか見たことがないのですが)似ていますね~ずうずうしくも思わず大きな腕をすりすりさせてもらい、幸運をいただいたような気分の圭子。あはっ・・・この年になるとなんでもできますのね~
エネルギッシュフェアミニ二枚目

一般のお客様が少なくて、バイヤーさんを中心にプロのお客様が多かったので、それなりに手ごたえを感じたフェアとなりました。

ブースにお立ち寄りくださり、「ささ圭さん、復活されましたね~」とお声掛けくださる見知らぬ方も多く、大変有難く思いました。私共が復活したことを一人でも多くの方々に広く知っていただくことが今回の大きな目標の一つでした。

主催の仙台市産業事業振興団の皆様、出店企業の皆様、大変お世話になりました~
スポンサーサイト
明後日11月28日、仙台駅前AER5階「仙台市情報・産業プラザ多目的ホール」におきまして、震災復興!エネルギッシュ企業フェア2012
が開催されます~

商談会 兼 展示会 兼 販売会を兼ねたような催しになり・・・そうです。

私共ささ圭では、何と言ってもやっぱり
「手わざ笹かまぼこ」の試食販売がメインでございます~。

この他、「福興感謝セット」・・・手わざ笹かまぼこに海鮮揚やおとうふ蒲鉾などが入ったお詰め合わせ・・・は感謝価格で販売いたします。

また新製品のご紹介コーナーとして、
みさを豆おとうふかまぼこパッケージミニ
熊本県鹿本農業高校の生徒さんたちが作ったみさを大豆を使ったおとうふ蒲鉾のご紹介。(この商品の販売は12月初旬からになります)

生徒の皆さんが、こんなに可愛いラベルを考案してくれました~。(実際のラベルはもう少し小さくなります)

この「みさを豆おとうふ蒲鉾」は、もう一つの新製品「まるっチーズ」と共に、お客様からたくさんお問い合わせをいただいております。

申し訳ございません、今少し、お待ちいただきますようお願いいたします。

今回多くの企業がエネルギッシュに出店いたします、是非お仕事の合間に、またお買い物がてらお出かけくださいますようお待ちしております~!!


おばんでございます~
高橋久子さんCDミニ
「被災地からのありがとう」というCDを、今日からお店で販売することになりました~。この曲の詩を書いた高橋さんが、わざわざ訪ねてくださいました。高橋久子さんは、もと閖上の住人でしたが、お会いするのは今回初めて。閖上も広かったんだなぁ~と・・・。


この曲を圭子が最初に聴いたのは、先先月だったでしょうか、ちょっとした偶然がきっかけでした。エフエム岩沼さんから、新工場の紹介をしてくださいと電話でインタビューをしていただいた折、圭子の話が終わって
アナウンサーのSさんが、
「それでは閖上の方が詩を書いた・・・」とおっしゃってこの曲をかけられたのですが、圭子はその時頭の部分しか聴いていなかったのですが、なんだかとても心に残り、後日℡をくださったSさんにお聞きして、この曲の存在を知ったという訳なんです。

Sさんが試しに聞いてみてくださいと届けてくださったそのCD、車の中で聞いて涙が止まりませんでした・・・・。こんなにも圭子自身の、そして被災地の方々の気持ちを代弁してくださっている詩はないのではないでしょうか。それに感動して曲をつけてくださった奈良の住職様でシンガソングライターの三浦明利(あかり)さんの透き通るような歌声は、毎日通勤時の圭子の大切な癒しの時間になっています。

販売する場所がなくて探していらっしゃるとSさんからお聞きし、早速売らせていただくことにしました。一枚500円です。ぜひ一度お聞きくださいませ~

そしてもう一つ嬉しい出会いがオマケについていました。
高橋さんの娘さんが一緒にいらしてくださったのですが、なんとなんと夏休みに圭子のふるさと徳島県阿南市から閖上の子どもたちを招待したいと相談いただき、閖上の17名の小・中学生とその保護者の皆さんがはるばると四国徳島の田舎にいらしたその中のお一人だったのでした~!!

小学生と中学生の子どもさん2人を連れて家族3人で参加してくださったとのこと。一度圭子の元にお礼に伺いたいとずっと心に残っていたとの身に余るお言葉をいただき、感激の圭子でした。

その時のお話で、とっても嬉しい涙の出るようなお話がありました。
「子どもたちは津波を経験しているので、もう海で泳いだりすることはできないだろうなと思っていたのですが、阿南の美しい穏やかな海水浴場で子どもたちが泳げたんです。水に入れたんです。そのことがとても嬉しかったです」 と・・・・。

阿南市の皆様に、とても良くしていただいたことなどを涙ぐみながらお話してくださいました。今も子どもたち同士で文通が続いているとか。ほんまにえ~話やねぇ~

「阿南市はとってもいいところですね~」と言っていただき、鼻高々の圭子、ふるさとを誉めていただくことは何よりの喜びです。阿南市と名取市の空は、やっぱりつながっておりますよ~そして心もつながっておりますよ~
11月22日、今日は「いい夫婦の日」でした~

夫婦不随の見本のような会長夫妻も、午前中元気に東京に向けて出発いたしました。

家を出る時、あつさんは杖を玄関に置き忘れたり、会長は出発直前までコーヒーを飲んでいて、いざ出発となると・・・どこにもいない!!・・・・お手洗いでした。あはっ・・・

今頃はほっとホテルでくつろいでいる頃でしょうか。同行の皆様に何かとお世話いただき、有難いことです。無事の帰還を祈っているところです。

さてこの度知人のH様から、自筆そして自作の素晴らしいものを頂戴いたしました。
ジャ~ン
本郷額ミニ

香麗(麗のにんべんの文字です)・・・こうれいと読みます。その意味は・・・??
なんとっ!「みめうるわしい夫婦」・・・・・きゃーっどういたしましょう!?

新工場竣工のお祝いにと、わざわざお届けくださいましたH様。いつも展覧会では賞をとっていらっしゃる地元では有名な書の達人でございます。社長室兼会議室に、丁重に飾らせていただいております。H様、有難うございました。H様ご夫妻のように、私たちもいつもこれを見ながら、二人で仲良く切磋琢磨してまいりたいと思います。
おばんでございます~
みちのく名取、植松から圭子でございます~

寒い寒いと思っていたら、あと10日ほどで暦はもう「師走」。お歳暮商戦もすでに始まっておりまして、あわただしくも充実した日々の圭子です。(どちらかと言えば・・・あわただしさが勝っているかも・・・)

新工場竣工以来初めてのお歳暮、ということで、ぎりぎりになりましたが新商品をたくさん載せたチラシができあがり、ご送付させていただいております。「届かないわ・・・」という方は、ぜひご一報くださいませ~!!

さて三連休を控えて、23・24・25日と池袋サンシャインシティ 4階のA・Bホールにおきまして、
「ニッポン全国物産展」が、開催されます~
にっぽん全国物産展

Aホールの宮城県ブースに、「名取市商工会 閖上水産加工組合」として、閖上の3つの水産加工会社が出店いたします~

マルタ水産さん、丸七佐藤水産さんと私どもささ圭の3社が、閖上ブランドとして一ブースに小さく・・・控えめに!?・・・出店予定なんです。3社ともども、どうかよろしくお願いいたします~探してくださいね!


3日間、販売をまたまた三代目が相務めまする~(勉学に影響はないのでありましょうか!?)
ぜひお出かけくださいますように!

そしてまた明日から、会長夫妻がなんと!上京いたすこととなりました~
震災以来、東京は久しぶり。しかも新幹線でというのはずいぶん前になりますので、二人ともドキドキ・・・のようです。

今回東京の「香蘭女学校」様のバザーに、閖上の仮設から10数名の方々が訪問してすり身汁(ささ圭のすりみですのよ)や、鮭いくらを使った「はらこ飯」を作り、私共ささ圭の笹かまぼこも販売してくださることになったのです。

いろいろな関係で、そのご一行様に、会長夫妻も同行させていただくことになり、杖を離せないあつさんも、悩んだ末に思い切って行かせていただくことに決めました。


「全部荷物は私が持ちますから!」と張り切っている会長です。皆さんに大変お世話になります。どうかよろしくお願いいたします~
「流れゆく  時のすがた・・・
日本の心  日本の味・・・
今も変わらぬ
伝統の味わい。
佐々圭の
笹かまぼこ」
          
テレビCMミニ

こんな原稿と思いがけない遭遇をいたしました。

昨日の日曜日、東京の私立小学校の先生方20名近くが夕方「手造り工房」に大型バスでご来店くださいました。

この先生方の中のお一人S先生が、今から10年ほど前くらいになるでしょうか、雅子妃殿下のご出身校であるF学園小学校の生徒さんたちに閖上の地曳網体験をさせてあげたいと企画なさり、生徒さん方をたくさん引率されたことがありました。

その折閖上で私共がお世話させていただいたご縁で、今回先生方を被災地の研修旅行にお連れになりわざわざお立ち寄りくださったのでした。

社長の体験などをお話させていただきました後、その中のお一人の女性が、会長夫妻と社長、圭子に15秒のプレゼントがあるので並んでほしいとおっしゃり、4人で並びました。

皆さん何やら紙をだし、大きな声を揃えて、一斉に読み始めました・・・・

こ、これは・・・・
どこかで・・・聞いたことが・・・ある・・・ような・・・
何ということでしょう
数十年前、地元の宮城テレビさんで流していただいていた私どものテレビCMの原稿

あつさんと圭子の目から、思わず涙が溢れて・・・・

皆さんをリードして陣頭指揮を執っていらした方が、その昔宮城テレビのアナウンサーをなさっており、このささ圭のCMを読んでくれていたそうなのです。

今は、東京の大学で先生をなさっている元アナウンサーのY様。どこからこの原稿を探し出されたのでしょうか・・・。今回、私共を訪ねることを知り、必死で探して見つけてくださったとのこと。
S様、Y様始め皆様、本当に有難うございました。

思いがけない人と人の繋がりの不思議さに心打たれると同時に、このCMは今の{ささ圭の笹かまぼこ}にも通用するCMであることに気づき、驚いています。

東京の生徒さんたちに、この「人と人のご縁の不思議さと有難さ」、「人は決して一人では生きていけないこと」、「みんな繋がり助け合い生きていくことの大切さ」を、是非お伝えくださいね。

皆様からの心のこもった15秒のプレゼント、有難うございました!!
おばんでございます~
昨夜の「復興支援 名取に笑いを 狂言の会」無事に終わりました~


開演5時間前・・・の名取文化会館大ホールです。名取つばさライオンズの皆様にお手伝いいただき、所作台や金屏風をしつらえました。狂言師の松本師も会場入りしてくださり、ご指導いただきながら、会館のプロのスタッフ集団の方々をお手伝い。

大変な仕事ですね~
狂言舞台づくりミニ

客席は、一階・二階合わせて1350席。・・・こんなにいっぱいいらしてくださるかしら・・・
狂言客席ミニ
なんと、開場1時間以上前からもうすでに並び始め、おかげさまで620名の観客で一階席はほぼ埋まりました。

たくさんのご来場いただきました皆様、有難うございました。
熱演で会場を大いに沸かせたお二人の狂言師、網谷正美師と松本薫師
狂言松本ミニ
前にも書きましたが、松本薫師は社長と圭子が立命館大学の能楽部に所属していたころ、一緒にこのクラブで共に学び、共に遊び、共に大いに謡い舞った仲間なのでした。

そんなご縁で、被災地名取の皆さんに心から笑ってもらいたいと今回京都から遥々いらしてくださいました。圭子も恥ずかしながら、司会をさせていただきました~

3.11の被災地の皆さんが、心から笑える日が一日も早くきますようにとの願いをこめておひらきとなりました。
こんにちわ~
寒さも本格的になってまいりまして、圭子の周りでも身近な人たちがたくさん風邪をひいて、ゴホゴホ・・・咳がとても辛そうです。皆様、お風邪などひいておられませんでしょうか。


「復興支援 名取に笑いを 狂言の会」が目前に迫ってまいりました。松本薫・網谷正美両狂言師の「被災地名取」に寄せる熱い思いが結実した会になります。ぜひ多くの市民の皆様にご覧いただけますように。
10.25ミニ

そしてこの日は東京で、圭子のふるさと「阿南市」の主催によります「東京・阿南ふるさと光流会」が「椿山荘」を会場に開催されます。(椿山荘・・・行ってみたかったなぁ~)

今年5月に、「阿南市」では東京事務所を開設いたしました。県の事務所はよくありますが、市の東京事務所というのは珍しいのではないでしょうか。中央の情報を行政にいち早く取り入れ、また「阿南」という町を全国に積極的に発信していこうという岩浅市長様の先進的な取組の現れだと思います。

当日は阿南市で製造している製品に、ささ圭の「手わざ笹蒲鉾」も加えていただき販売させていただく機会をいただきました。三代目が販売とプレゼンに参加させていただきます~。

昨日は圭子のバースデイでございました。あいにくと社長は出張中。一人で夜遅く帰宅しましたら、会長夫妻もとうに眠りについておりまして、一人さびしく食事するはずでしたが、なんとすごいプレゼントがたくさん届いておりました。年齢の数・・60本の真紅バラの花束!!重くて一人では持てないくらい・・・

この他、友人たちからの数々のプレゼントの一つ一つに友の優しい思いを感じながら、心を癒され幸せな眠りにつきました。皆様、有難うございます!

先日の熊本から来ていただいた鹿本農業高校の生徒が栽培した「みさを豆」を使った「おとうふ蒲鉾 純子」のことなどが先日再放送されたのは全国版だったようです。ここ数日、全国のたくさんの方々から「見ました」というご連絡をいただいております。

この「みさを豆」を使った高校生とのコラボ商品は、まもなく販売開始いたします。

そして11月7日販売開始予定のもう一つの新商品のご紹介を、一足早くお知らせさせていただきますね。
11.13ミニ②
クリームチーズが入った真ん丸なかわいい蒸し蒲鉾、
その名も、まるっチーズ
でございます~

「みさを豆のおとうふ蒲鉾 純子」ともどもこの新商品「まるっチーズ」も宜しくお願いいたします~

このネーミングは圭子です。押し切りました~
ご要望にお応えして、「おとうふ蒲鉾 純子」が復活いたしました~。
それも以前のものより、よりふんわりと・・・。

熊本県の鹿本農業高校の生徒さんたちが栽培した「みさを豆」を使った「おとうふ蒲鉾 純子」もまもなく発売いたします~こちらは期間限定になる予定です。

みんなDE笑顔プロジェクト」でコラボした製品なんです。

先だって鹿本農業高校の皆さんがいらして「オリジナル笹かま」造りをしたり、この「おとうふ蒲鉾」について話し合っているところなどがテレビに映ったらしいのですが・・・圭子は観ていませんが、観た方々からたくさんご連絡をいただきました・・・その再放送だったのでしょうか、またまた昨夕テレビにでていたとご連絡をいただきました。
「よりふんわりとなったおとうふ蒲鉾 純子」
おとうふミニ

先日、ぐるナビ企画の「閖上ブランド食材試食会」に参加させていただきました。
ささ圭では、「おとうふ蒲鉾」を料理にアレンジ。ホワイトソースとあんかけ風の2種。
メインディッシュに変身~!!美味しい!でも本来の蒲鉾の味が失われているような・・・気が・・しないでもないですね。難しいところです。
①東京ぐるなびミニ
いろんな方がおみえになられました。東京ぐるナビミニ②
シェフの皆さんにいろいろなおとうふ蒲鉾を使ったメニューを開発していただくことは、一つの販路開拓になります。

この日は圭子、実は最悪の日でした。
圭子は子どもの頃からとんでもない「うっかりや」なんですが・・・・
たとえば、小学生の頃カレーライスを作る予定の母に頼まれ玉ねぎを買いに行き、お店屋さんでわからなくなり「ねぎ」を買って帰り、その日は玉ねぎ無しカレーになってしまったこととか・・・・

結婚してからは、お店の前に停めていたお客様の車の助手席に乗って、「さぁ行きましょう!」と横を見たら全然知らない方だったとか・・・(でもこれは圭子の名誉のために申しますと、社長の車とそっくりだったのです)・・・・ほんまですよ~  恥ずかしながら、この手の逸話をいっぱい持っています。

そしてあの日は、朝スーツの上着を脱いで、朝食の準備をして、自分は食べないであわててコートをきて社長に車で駅まで送ってもらい、東北本線で仙台駅へ。新幹線のロビーで時間がまだあるからとコートを脱いで軽食を食べようとして、・・・・吃驚・・・ぬぁんと!!上着を着ずに半袖ブラウスの上にコートを着ていたのでした!

一瞬、目が点に・・・・

せめて長袖ブラウスなら、このままでもいいかっ・・・とも思ったのですが、まさか寒い雨の降る日にこれではまずい・・・と、東京で何かカーディガンのようなものを買うという選択肢も脳裏に浮かびましたが、団体行動の為そんな時間は無いはず・・・とにかく帰るしかないと決断。家に℡をして会長夫妻に車で10分ほどの「南仙台駅の西口に持ってきてもらえますか?」と聞きましたら、「いいよ」との返事。

階段を駆け上り、駆け下りて、駆け上り、駆け下りて・・・南仙台駅に。いない・・・いないのです。ガーン

「南仙台駅の西口のところ」と確かに念を押したはずなのに・・・携帯を鳴らしても出ない。万事窮す・・・と思ったら、ようやくあつさんが携帯に出てくれました。なんと遠回りをしてわざわざ東口の改札口で待っててくれたというのです。

また階段を駆け上り、駆け下りてようやく再会!上着を受け取りまた駆け上り駆け降りて・・・を繰り返し、出発10分前に新幹線のホームにたどり着くことができました。

座席に座った時には、コートの下は汗だくだく、お化粧もすっかり取れてどっと疲れが襲ってきた圭子。しかも10分しかないのにホームのベンチに腰を下ろしてしまったときに愛用の傘を置き忘れるというオマケつき。あ~ん

新幹線の駅員さんに「忘れ物をしてしまいまして」と通していただいたとき、切符の発車時間を見て「南仙台まで戻るんぢゃ間に合わないのでは?」と、心配してくださいましたので、戻った時、とても吃驚されました。親切な駅員さん、有難うございました。

と、まあこんな具合で、最近物忘れがひどくて困っております~!!こんな圭子、明日は誕生日でございます。しかも大台の、・・・元に戻るという・・・

今晩は久々に仙台で、義姉たちがそのお祝いをしてくれるということで、会食です。三代目もこの記念すべき?日のために金曜日の夜に帰省。家でゆっくりしたかったようですが、急遽土・日と山形県上山市の催事にかりだされています。

また明日から1歳に戻ります~!
おばんでございます~
今朝は蔵王の山に冠雪が見られたとか、いよいよ冬が間近にきていることが感じられます。朝晩の冷えること!朝、お布団からなかなか出たくないのは圭子だけではありませんよね~!?

蔵王の山といえば、震災前は閖上から遥か蔵王連峰を眺めるのが圭子の楽しみの一つでした。季節ごとに姿を変えていく様は、しばし車を止めて眺めていたいほど・・・。でもここ名取植松からは、逆に蔵王の山々が見えません。目の前に東北で一番大きいといわれている「雷神名山古墳」がありますので・・・

名取は、「東北の飛鳥」と呼ばれるほど古代の遺跡や遺物が発掘された歴史的にも意義深い土地柄なんでございますよ~!その遺物の展示や紹介が、文化会館2階の展示室で現在開催されています。興味のある方は是非いかがでしょうか。

今日名取市商工観光課のО様が、「名取秋祭り」の画像を送ってくださいました~
ブログを見てくださったのですねっ!?有難うございました!

秋祭りミニ①

秋祭りミニ②
さて明日は日帰りで東京に出張いたします。
「国内外販路開拓事業に伴うバイヤーとの商談会」・・・・堅苦しい名前ですわね・・・が、東京銀座のレストランを会場に開催されます。商工会の皆様と、閖上ブランドの水産加工会社の皆様とご一緒させていただきます。

シェフの方々に、「素材としての蒲鉾」の使い方を広めていただくというのが目的ですので、ささ圭は今回「おとうふかまぼこ」を中心にご提案させていただくことにしております。

また写真を撮ってご報告させていただきますね~!・・・カードもちゃんと入れましたわよっ!!
みちのく名取、今日は商工会主催の「秋祭り」が盛大に開催されました~。
揚げ蒲鉾実演販売チーム(社長と社員2人)に加えて、今日は特別に「笹かまの炭火焼き」を無料サービスという「閖上朝市」さんの企画によばれまして、会長夫妻と圭子に社員3名を加えた大人数で実演いたしました。

手焼き笹蒲鉾を、ささ圭1,000枚、そして佐々〇さんも1,000枚、合わせて2,000枚も無料で配布という大盤振る舞い!!何と100メートル以上の長蛇の列が延々と続き、来場者の方々に「食欲の秋」を楽しんでいただきました。ものすごい突風の中、じっと我慢してお待ちくださった皆様、有難うございました。

結構初めて食べる・・・というお客様が多かったです。会長夫妻もまだまだ頑張っておりますのよ~

肝心の画像がなくてすみません~、実は・・・カメラに・・・カードが・・・はいっていなかったんですぅ~あ~ん・・・また社長から厳しく責められます・・・トホホ・・・

さて突然ですが、新工場の製品が続々できてきております。
今月1日より、「吉祥笹蒲鉾」に新しいパッケージがお目見えしました~。
吉祥ミニ
東北自動車道のサービスエリアを中心に新発売です!高速道路をご利用の皆様、是非ご利用くださいませ~
ちなみに8枚入り1,200円でございます。