笹かまぼこの「ささ圭」より

笹かまぼこの製造・販売のおかみ圭子の雑感

2013.06.30.Sun

感謝感謝でございます。

七輪で笹かま焼き体験、おかげさまで大盛況でございました~有難うございました。感謝デイ⑤
老若男女、たくさんの皆様に「手焼き笹かま体験」をしていただきました~

なんと、宇都宮、栃木からいらした家族連れのお客様方も・・・・

どうして私共がわかったのですか?と、お聞きしましたら・・・・
(宇都宮さま)「ささ圭さんのが一番美味しいと知り合いの人に聞いて探してきました。」

(栃木さま)「子どもにネットで美味しい笹かまを探させたらささ圭さんが見つかり、尋ねてきました。」

んまぁ~~なんて嬉しいことでしょうかっ有難いです~、本当に。社員共々感激の圭子でした。

笹かま職人のような男の子いい味だしてますね~。
感謝デイ②

北高生の通学路になっておりますので、北高生でも賑わいました。スマホで映してお友達に送る送るぅ・・・・
「笹かま 手焼き体験なう」・・・なぁんてね!?あはっ・・・・
感謝デイ

テーブルには紫陽花と麦茶で、ささやかなおもてなし朝、庭の紫陽花を切ってきましたの。
感謝デイ④
できることはわずかなことなのですが、私たちの感謝の気持ちをお伝えするいい機会になりました。

久々のぞくぞく その1
北高生の方々がグループで次々と体験してくださっていたのですが、そのうちの女子4人組の方に、たまたま
圭子「北高さんの演劇部、すごいですね~」

女子4人組「あぁ・・・有難うございます~」

圭子「私、先日の公演、文化会館に観に行ったんですよ。ホントにすばらしかったですよね。あなた達も観にいらっしゃったんですか?」

女子4人組「はい~・・・実は・・・私たち・・・その演劇部・・・なんですぅ~」

圭子「きゃあ~ホントですか~!?」

彼女らは1年生で、劇中では黒い服を着てカッコいいダンスを踊った子どもたちだったのでした~
何だか、ぞくぞくするでしょ!?

久々のぞくぞく その2
横浜からいらしたという女性は、一度通り過ぎたのですが、引き返していらして、体験をされました。
その夜文化会館に催しものがあり、友人が出てるので横浜から名取に初めて観に来ました・・・・とのこと。開会まで、時間がまだだいぶあるので、看板をみて体験してみようかなと思い、引き返してきたとおっしゃいます。いろいろとお話するうちに、
横浜女性「いま気づいたのですが、ここはささ圭さんだったのですね」

圭子「は、はい、そうなんです。ささ圭をご存じですか?」

横浜女性「ささ圭さんは震災後横浜に復興祭でいらっしゃったのではないですか?」

圭子「はい、あの時は、7月に再オープンしてまだ間がなかったのですが、何とか横浜に出店しようと社長と息子と三人で行かせていただいたのです」

横浜女性「あぁ・・・・あの時のささ圭さんだったのですね。あの日たしか、遊里揚(ゆりあげ)・・・という揚げ蒲鉾を買わせていただいたのでした」

圭子「えっ、ええ~っ、あの時に買ってくださったお客様だったのですか!!?」
何だか、ぞくぞくしません!?

また来年の3周年めざして、社員と共に福興の道を歩んでまいります。どうかこれからも、新生「ささ圭」をご愛顧賜りますようお願い申し上げます。有難うございました。


スポンサーサイト
2013.06.28.Fri

29・30日は手造りかまぼこ工房へ!!

明日(29日)明後日(30日)は手造りかまぼこ工房の2周年感謝デイ

  決死の覚悟でオープンしたあの日から、
まもなく2年の月日が経とうとしております。
  言いようのない不安に、押しつぶされそうな私たちでした。
  オープン前に撮った記念の一枚。この日から12人で
再スタートを切りました。
開店ミニ

   おかげさまで2周年を無事迎えることができました。
   支えてくださった皆様、本当に本当に有難うございます。
   感謝の気持ちを忘れずに、これからも笑顔の蒲鉾造りに
邁進してまいります。
   今後とも「ささ圭」をよろしくお願いいたします。

先着200名様に、無料で「手造り笹かま体験」をしていただきます~
プレーンと子どもたちに大人気のチーズ入りの2種類から選んでください!
スタッフ一同心よりお待ちしております~♪♪
2013.06.27.Thu

名取北高演劇部が全国大会に!

おばんでございます~みちのく名取植松から圭子でございます~

昨夜そぼ降る雨の中、会長夫妻を連れて観劇に行ってまいりました。(社長はあいにくと出張中)

宮城県立名取北高校の演劇部がなんと東北大会で優勝、8月に全国大会に行くというすばらしい功績を!!まさに快挙でございます~!!その前公演が名取市文化会館を会場に開催されました。

先だって熊本県立鹿本農業高校の生徒さんたちが来仙の折、一緒に名取北高校さんを訪問させていただき、校長先生からそのお話を伺っておりまして、ぜひ観て見たいと思っていました。

何よりその演劇の脚本が、3.11で犠牲になられた閖上の「石川絵梨ちゃん」に向けて、鎮魂の意味で書かれたものであるということをお聞きし、どうしても観なくてはならない・・・という気持ちになっていたのでした。

絵梨ちゃんのママとはPTAなどでご一緒させていただいたり、習い事でもご一緒させていただいたり。会うと、いつも笑顔の絶えない明るい方でした。あの日ご主人様と絵梨ちゃんの3人が亡くなられました。

絵梨ちゃんの震災前に亡くなられたおばあちゃまとはあつさんは華道を同じ先生に習っていたお仲間でもありました。

大ホールは高校生が半分くらい、大人が半分くらいという内訳でしょうか、会長夫妻がきっとこの会場内で最高齢やなぁ・・・と、思っているうちに舞台の幕が上がりました。『好きにならずにはいられない』これは顧問でもある彼女の担任の先生が、彼女の供養のために脚本を書いたことが記されてありました。

うん?・・・・なかなか・・・難しい・・・。ちょっと導入部が唐突なような、違和感を感じてしまった圭子。(演劇部の皆さん、ごめんなさい)・・・・でも中盤になると、だんだん理解できてきました。そして、そして・・・・いつの間にか、深~く引き込まれて、涙が後から後から出て止まらないのです・・・。素晴らしい、素晴らしい熱演劇でした。さすが、東北大会で優勝しただけのことはあります~。

お隣のあつさん、あれっ??寝てる?85歳の人には最後までちょっとわかりづらかったようです。最後の大きな大きな拍手で目が覚めた?・・・みたいな・・・。すみません~

名取北高演劇部の皆さん、
長崎で開催される全国大会、優勝を勝ち取ってきてくださいね~!!
頑張れ~!!地元の皆が応援しています。
2013.06.26.Wed

繋げる・・・・

千作

地元紙の河北新報に「追想」という欄がございます。毎週、故人となられた各界の著名な方々が数人ほど紹介されておりますが・・・・・
今朝の朝刊を開いて、ビックリ。

過日、狂言師の偉大な人間国宝「茂山千作先生」が亡くなられたことをお聞きしておりましたが、千作先生の後ろに映っているいる方・・・松本薫師・・・が、今日の午後から本社にお立ち寄りくださることになっておったからなのです。こんな偶然もあるのですね~!!

松本薫師は今年2月、名取市文化会館での「復興支援狂言の会 名取に笑いを」ということで、京都からいらしてくださった大活躍中の狂言師。あの日は被災した私たちに、温かいひとときを提供してくださったのでした。

さて午前中、2年ぶりに行ってまいりました、閖上小学校さんに!!
この2年間のことがふっと頭をかすめて、私たちにもいろいろとあったけれどもこの子どもたちにとっても激動の2年間だったんだろうな・・・と思うと、何だか胸がいっぱいになり、涙ぐみそうになってしまった圭子でした。私共ささ圭としても、本当に記念すべき一日となりました。有難うござました。

ちょっぴり緊張の私共でしたが、校長先生、教頭先生始め皆様に、あたたかくお迎えしていただきました。
「なかなかうまく焼けてるね~」  かまぼこ名人もビックリするくらい、みんな上手!!
閖小笹かま②

こちらはあつさん。「職員室の先生方の分まで造るっちゃね」2年間で、Tシャツ姿がすっかり身に付きました~
閖小笹かま③
閖小笹かま

ママさんたちに混じって、パパやおばあちゃまが出てらっしゃる子どもたちもいて、親子で、家族で楽しんでいただけたようです。

元気溌溂の子どもたちから、私共3人もいっぱい元気の素をいただいて帰ってまいりました。企画していただいたPTA役員の皆様、校長先生始め先生方、本当に有難うございました。

7月7日 七夕の日は「笹かまの日」ということをしっかりアピールしてまいりました。また、この伝承の味が50年、100年・・・・と、繋げていけたらとの思いで私たちは毎日笹かまを造っていることもお話させていただきました。

閖小のPTA行事として、こちらもずっと繋げていけたらいいですね~50年、100年と!?あはっ・・・・
2013.06.25.Tue

2年ぶりに閖小さんへ~

おばんかたでございます~

自宅の庭の紫陽花が美しく咲き始めました。有難いことに、自宅は「見なし仮設」とはいえ、大家さんがたくさんのお花を植えていてくださり、おかげさまで花々の絶えることがないくらい。とりわけ紫陽花は、梅雨時の楽しみの一つでございます。

数日前「美保の松原」が、富士山の世界遺産認定に含まれる事が決まったとのことで、地元では大喜びのようですね~。能楽「羽衣」の舞台としてあまりにも有名な美保の松原が世界遺産に・・・・すばらしいです。

漁師の白龍(はくりょう)が天人の衣を取り、天人はそれを返してもらうために天女の舞を舞い、天上に登って行くという初心者にもとってもわかりやすいお能ではありますが、これはうまい能楽師が舞うと、それはそれは美しいお能となります。

美保の松原・・・ほどではありませんが、閖上の松原もとても見事なものでした。「白砂青松」という言葉がぴったりの遠浅の白い砂浜と青い松林がずっとずっと長く続いておりました。

この松林の中には「ゆりりん」という閖上小学校の環境学習林がございました。ゆりりん愛護会という閖上小・中そして宮城農業高校の生徒の皆さんや地元の有志の方々などによって大切に管理されておりました。圭子も何度かPTAで草刈などの作業に参加したものでしたのよ。

震災後壊滅的な被害を受けた閖上の松林。今そのクロマツの苗を育ててまたあの松林を年月をかけ再生しようという「みどりのきずな」再生プロジェクトが進んでいるようです。

今後、海岸沿いに7メートルの防波堤が築かれ海が見えなくなるということも聞きます。自然と人類の共存、これは未来永劫の課題なのだと思います。

なかなか見えない閖上の未来図、2年を経て、圭子の周りでは加速度的にかなりの住民が他の土地に住まいを求めつつある現状です。

明日の午前中は会長夫妻と共に、2年ぶりに!!閖上小学校さんへお邪魔いたします。3年生の笹かま体験授業(3学年pTA行事)に、行ってまいります~。会長夫妻も圭子も、この日を楽しみに待っておりました。
2013.06.24.Mon

かたりべ おかみ圭子!?

こんにちわ~
みちのく名取 植松から圭子でございます。
昨日の日曜日は、涼やかな風が心地良く最高のお天気に恵まれましたね~。

JR名取駅様主催の「小さな旅」・・・゛江戸時代の古民家と名取の旨いものを巡る、名取満喫ウォーキング ゛というツアーが、昨日の午後、私どもの手造りかまぼこ工房にお立ち寄りくださいました。

午前中名取駅を出発、郷土史家の先生に説明をいただきながら、市内名所を歩いてまわるというツアーで、もう何度目かになります。今回は何と、最高年齢83歳のご婦人も、元気に参加されておりました。すごい健脚いつもすぐ車に乗りたがる圭子、反省・・・・。

工房では、お茶と焼きたての笹かまでほっこりと・・・。ちょっぴり疲れを取っていただけたでしょうか?圭子と社長が震災のことなどについて、お話もさせていただきました。

また今日は、午前中栃木県からのツアーの皆様(栃木の某企業様が社員研修ということで)が、工房にお立ち寄りくださいました。昨日お電話をいただき、急遽、お買い物をしていただく前に圭子が閖上をご案内させていただくことに!!
『語り部かたりべ おかみ圭子』・・・・・なんちゃってね!?

バスに同乗させていただき、閖上に。私共の本店・本店工場跡を経て、日和山を訪ねました。こちらでは準備してくださっていた白のカーネーションを各自1本づつ献花してくださり、しめやかに黙とうを捧げてくださいました。元閖上の住民として、心からお礼を申し上げました。

黙とうを捧げる時、「どちらを向いてしたらいいですか?」と訊かれました。
数秒考え、「やっぱり海でしょうか。亡くなられた方々の魂は、皆さん海に帰られたと思います。」とお答えしました。

海、美しくも怖い海。でもあの大津波では、亡くなった方々が手を繋いで立ち、盾のようになって私たち生き残った者を津波から守ってくれたという思いが圭子には常にあります。(震災後ある和尚さんから教えていただきました)

全員で海を向いて、ご冥福をお祈りいたしました。
語り部

社長様は、「本来なら昨年来たかったのですが、今年になってしまいました。」と、被災地に対する熱い思いをお話してくださいました。

年2回のボーナス時には会社総ぐるみで募金を募ったりと、会社を挙げてできることをしたいという社長様の被災地に寄せるお気持ちが、社員の皆様にも伝わっていることをひしひしと感じました。本当に有難いことです。

「株式会社T工業」の社長様、社員の皆様、有難うございました。どうか一人でも多くの方に、今日閖上で見たこと、日和山で感じたこと、そして圭子から聞いたことをお伝えいただければ嬉しいです。
かたりべ②



2013.06.21.Fri

お客様感謝デイが近づきました~

おばんでございます~
一日暑かったなぁ・・・と思っていましたら、夕方に思わぬ激しい夕立・・・。まさにゲリラ豪雨のような勢いの雨が降り注ぎました。「あのツアーの方々、無事お帰りになられたかしら??」閖上さいかい市場には、連日観光バス(被災地ツアー)が訪れてくださっております。

さいかい市場を全国に発信する為に、店主たちの集合写真を今日撮り直しいたしました。この復興市場のまとめ役をしてくださっていた前会長のIさんが亡くなられたことを以前に書きましたが、ご家族の心情にも気遣い、新たに撮ることに。2年を過ぎ、閖上さいかい市場はいろいろな意味で新たな段階を迎えようとしています。

さて、特注蒲鉾のご用命をまたまた頂戴いたしました~
赤ちゃんの出産祝いのお返しにと・・・こんな息子さんの絵を描いて持参されました。
「キャー、可愛い!!」社員たちも思わず笑顔に・・・
ベイビー特注かまぼこ
一生懸命心を込めて、そして楽しく、造らせていただきます~

まもなく手造り工房がオープンした日が近づきました。万感の思いで迎えた2年前の7月1日。あの日から本当にいろいろなことがございました。

あの日の思いを決して忘れないことが、私たちの気概。心からの感謝の気持ちを込めて、二日間「お客様感謝デイ」を開催いたします。6月29日(土)・30日(日)両日、手造り工房の前のテントで「笹かまの七輪焼き」を!!モチロン自分で手焼きしていただきますのよ。

ぜひご来店くださいませ~スタッフ一同、首を長くしてお待ちしております~(社長も圭子もできるだけその日はテント内におります)

ちなみに、こちらは一年前の「お客様感謝デイ」七輪焼きの様子。
手焼き


2013.06.19.Wed

プチリフォームで毎日ホームセンター通いです~

ここみちのく宮城がようやく昨日梅雨入りいたしました。
え、まだやったん!?・・・・という思い。というのも、こちらではここしばらくずっと、小雨模様の日々が続いていたからなんです。

こう雨が続きますと、「また雨~」とちょっぴりうらめしい気持ちになりますが、植物にとっても私たち人類にとっても大切な恵みの水。雨に冴える紫陽花もそろそろ見ごろとなりますし、気持ちを切り替えてこの時期ならではの楽しみを見つけたいものですね。

さて店舗のほうも3店舗になり、それぞれに問題が。・・・・問題というよりも、こうすればもっとお客様にゆっくりとお買い物していただけるのでは?・・・・とか、ああすればもっと商品が見えやすいのでは?・・・などなど、より良い店舗をめざして日々改善しているところです。

そんな訳で、「プチリフォーム」の日々が続いています。
閖上さいかい店では5~6人のお客様がいらっしゃるといっぱいになってしまっておりましたので、壁を取り払い、少し店舗部分を広げました。

ここの店舗には、バスツアーのお客様方が一度にどっといらっしゃることが多くなりました。お店に入れないでお帰りになる方々も多かったのでした。これで10人以上のお客様がいらしても大丈夫!!
リフォームさいかい市場店

まもなくお中元の季節。大幅なリフォームはできませんが、少しづつ自分たちでできるリフォームをスタッフと共にやりながら、お客様方をお迎えする準備にいそしんでいます。

2013.06.14.Fri

最高のおもてなし

こんにちわ~
全国の暑さに比べて、みちのく名取ではとっても涼しい梅雨時を過ごしております。

先週あたりは、何と、北海道よりも涼しい仙台だったとか。今の時期、このあたりは「やませ・・・山背」とよばれる冷たく湿った風のため冷えることが多いのです。また靄も頻繁に発生いたしますので、運転しずらく少々厄介な時期・・・。「ま、前が見えない~っ!!」ということも。ご用心、ご用心。

さて、ずいぶんとご無沙汰をしてしまいました。
実は、先週末から3泊4日で京都・大津・大阪に行っておりました。2日間は私用、2日間はお仕事関係でございます。

私用は・・・
社長と圭子の母校、立命館大学能楽部のОB会。滋賀県大津の三井寺にある伝承会館内の能楽堂で発表会がございました。

これは社長ではなくて・・・・、先輩T様の舞囃子。ご主人様が舞い、奥様が地頭を勤められるという夫婦不随の素晴らしい舞台。見所(けんじょ)で見入ってしまいました。
ОB会
社長は前もって、「独吟 百萬」を謡うことになっておったのですが、会館に着くや否や、圭子には・・・
「羽衣のおシテさんねっ!」と大先輩のT様。

「えっ、え~っ、そんなぁ~」
しかも、「もう時間がないので早く足袋をはいてねっ」

先輩の言うことには絶対逆らえないのがこの能楽部のオキテなのでございます。あはっ・・・

女性ОBの連吟「羽衣」と「蝉丸」を心ゆくまで謡わせていただきました。
この日の番組は、「三井寺」、「田村」、「竹生島」などなど、開催の地「京・大津」にちなんだ曲が多く選ばれており、雅でございました。

このあと、「ホテル びわ湖花街道」に移りレセプションを。こちらは琵琶湖湖畔の山の中腹にあるとっても素敵な旅館。先輩がオーナーなのでございます。

昨年のОB会でお会いして以来、ささ圭の笹かまぼこを朝食に出してくださっております~。しかも調理人の方がその場で一枚づつ焼いて温かいものをお出ししてくださるという心配り。女将さんや調理長さん・・・・なんと圭子と同じ徳島のご出身!!・・・のやさしい心遣いが、お料理だけでなく館内いたるところにちりばめられていて、心が和み癒されたことでした。

皆様もぜひ京都にいらしたら、雄琴温泉の「びわ湖花街道」さんに一度いらしてみてくださいねっ!!
お料理・温泉・景観も含めた、女将の最高のおもてなしが待っています。(わたくし、けっして回し者ではございませんのよ・・・)


2013.06.05.Wed

明日はさいかい市場で手造り笹かまを!

明日8日(土曜日)の10時から、閖上さいかい市場の広場を会場に手造り笹かまのイベントがございます~
先着600名様に無料で焼いていただけます。

会長夫妻も、モチロン応援に参ります。
ぜひお出かけくださいますようお待ちしております。

日曜日は、赤貝のお寿司を無料で配布予定です。2日間、終日このほかにもいろいろな催しがございます。
週末は、閖上さいかい市場が熱い~っ!!

さて、先日からロトシックス8億円が2本も当たったというので、香川県の宝くじ売り場は大賑わい・・・とテレビや新聞で報道されております。

宝くじというものには全く縁のない圭子でございますが、最近圭子にとっては大当たり!!ということが2度ほど続きまして、今年の運はこれでもう使い果たしたのでは??と、ちょっぴり心配の今日この頃・・・。と申しますのも、圭子はクジ運がと~っても弱く、殆ど当たったことがないからなのです。

それに比べて社長は、昔からクジ運がとっても強うございました。一番初めて当たったのを覚えているのは、学生時代京都高島屋の催し会場で「スキー帽」が当たったこと。以来大当たり・・・というのは無いのですけれど、結構よく小当たりしています。

んまっ、社長にとって大当たりなのは、圭子という妻でしょうかっ!?
(やらし~)こんなことも言ってみたい歳になりましたのね。

冗談はさておきまして、

・そのⅠ  ジャーン、パン焼き器
    ちなみに、1位のテレビに続いてパン焼き器は2位・3位の商品でした。これは震災前から圭子がずっと欲しかったもの。
パン焼き器


・その2   落語の招待券
これは先日の鳳楽師匠の落語会後のレセプションで大当たり


「このパン焼き器でいっぱいパンを焼くからねっ!!」と、社長と約束したはずなのに、未だまだ焼けていない圭子。
てへへっ・・・

「いつ焼くの!?・・・・・今でしょぉ!?」
社長の言葉が身に沁みるわぁ~。


2013.06.04.Tue

七夕は笹かまの日

七夕は笹かまの日
そうなんです。決まりました。
7月7日は笹かまの日でございます~

私共ささ圭も所属する「宮城県蒲鉾協同組合(通称けんかまさん)」と、大手のK文さんが提唱し、「日本記念日協会」・・・こんな組織があったのですね!知らんかったわ~・・・から認定いただきました。

でも、「何で~!?」と、お思いの皆様、お教えいたしましょう。オッホン
笹かまの名前が、伊達の殿様の家紋(竹に雀)に因んで名付けられたという一説があること。(あくまで一説ではございますが・・・)
そして古来より、7月7日は『笹の節句』と称されていたことが一つに挙げられるようです。

7月7日は、県内の笹かまぼこ屋さんではいろいろなサービスがある・・・・のかな??(各社検討中のようでございます)私共でも楽しい企画を考えなくっちゃねっ!!

ちなみに、11月15日は「蒲鉾の日」。そのいわれは・・・・・??
①こちらは、七五三の日と重なりますが、この日には昔から子どもの成長を願って紅白蒲鉾を用意していたこと。
②平安時代の書物に「蒲鉾」という文字が載っているのが「文久3年」関白右大臣の祝宴の図。この年を西暦でいうと1115年だそうなのです。


笹かまぼこは、高たんぱく低カロリーの機能性食品。そのまま生でもモチロンいいのですけれど、さっとトースターなどで焙ると更に美味しさのグレードがアップいたします。

ビールのおつまみにも最適な「笹かま」、「まるっチーズ」とビールの組み合わせもなかなか捨てがたいものがございますのよ~。

仙台空港の中売店(手荷物検査後の売店)「ブーメラン」様では、只今生ビールと「まるっチーズ」のセットが人気です~!!ぜひ飛行機でお出かけの皆様、また県外にお帰りの皆様、フライトの前に、生ビールとまるっチーズで、粋な旅の前哨戦、お楽しみくださいませ。

また仙台空港2階の特設売店に、明日6月5日から、6月11日まで出店いたします。私共で通常空港売店で販売している商品以外のものも販売いたしますので、こちらにもぜひお立ち寄りくださいますようスタッフがお待ちしています。

さて6月8日(土曜日)は、東日本復興支援サイクリング(松島から白石)というのが開催されます。

ちょうど中間地点の名取市美田園中央公園が「おもてなし地点」となっておりまして、選手の皆様に、ささ圭の笹かまぼこ吉祥2枚入りが先着250人分プレゼントされる予定でございます。
2013.06.03.Mon

心を込めて特注の花束を・・・

かまぼこの花束できました~
特注佐藤様②
これを綺麗にラッピングいたしますと・・・・・
 「かわいい~っ!!」社員たちも大喜び
特注佐藤様④
お花と四つ葉のクローバー、ひまわり。この3種の絵柄に、一つづつご希望の言葉を描きました。
特注佐藤様①

ヤマト運輸さんに、
「くれぐれも壊れ物、大切なものですからお取扱いを厳重にお願いいたします」と、しつこくお頼みして、本日県外までお出しさせていただきました。

明日のパーティで、お客様方にお喜びいただけますようにと願いつつ・・・・。


さて一昨日の夜、秋保のホテル佐勘様で恒例の「三遊亭鳳楽」師匠の独演会が開催されました。塩釜の酒屋さん「浦霞」さんが主催で今年で9回を数えます。寄席とお酒とお食事を楽しむという贅沢な、かつまた粋な催しでございました。
ほうらくさん
最後の「文七元結」という演目、いわゆる「人情物」の枠に入る演目でございましたが、これが笑いあり涙あり。鳳楽師匠の奥深い芸を堪能させていただきました。(なんて、エラそうなこと言ってすみません。)

師匠も涙を出して演じておられましたねと申し上げましたら、・・・・・
「その役に身も心もなりきってしまいますからね~」と師匠。迫力のある落語、久々に楽しませていただきました。
後ろの左から2人目がパーティで洋服に変身?された鳳楽師匠。(やっぱりお着物がお似合いやね~)あはっ・・・

 | HOME |