笹かまぼこの「ささ圭」より

笹かまぼこの製造・販売のおかみ圭子の雑感

2013.12.30.Mon

一年間ささ圭を見守っていただき感謝いたします。

おばんでございます~
みちのく名取増田の手造りかまぼこ工房より、圭子でございます。今年も明日で終わり・・・。何かを、し忘れたような落ち着かない日々の中で、駆け回っております。

手造りかまぼこ工房の方も連日、大勢のお客様で大賑わい。皆様、有難うございます。
昨日から明日までの3日間、圭子は朝市を途中で抜け出して10時頃工房の売店に戻る・・・という目が回るような毎日。

なかなかブログを開く時間がなく、更新も滞りがちです。せっかく見てくださる皆様には本当に、申し訳ない気持ちでいっぱいでございます。お許しくださいね。

これが今年最後になるかも・・・と思いながら書いております。
今年一年を振り返って嬉しかったこと、ビッグニュースは??

ビックニュースは、何といっても、駐在米国大使 キャロライン ケネディ様に「ささ圭の手わざ笹かまぼこ 希望」をお召し上がりいただいたことでしょうか。あのキャロライン様に・・・まさかの出来事に、社員一同が大喜びでした。お客様にも祝福していただき、二重の嬉しさに・・・。有難うございました。

そして嬉しかったことは、春先、三代目に大学卒業後すぐ会社に戻りたいという決心を告げられたこと。他社で修行・・という道ではなく、敢えて厳しい状況の今の「ささ圭」に入り、社員と共に福興に向けて励みたいという三代目に、社長と圭子は驚きながらも嬉しさを隠せませんでした。

卒業式を前に、来月末には名取に戻ってくる予定です。若い社員たちと一緒に、新しいささ圭の為にガンバってくれると信じています。

今年一年、たくさんの方々に見守られ、支えられて、「新生ささ圭」は無事一年を終えることができました。心より感謝申し上げます。
会長夫妻、社長と圭子、そして三代目。親子三代が全社員と共に元気に仕事をして新年を迎えることができる・・・ということが何より有り難く、無上の喜びです。

来年は馬年。私どもにとっても正念場でございます。皆様のおかげで何とかここまでくることができました。福興に向けて、更に高く、更に長く飛翔できるよう力の限り頑張って参りたいと思います。どうか来年も何卒よろしくお願い申し上げます。


3日間の朝市、寒さとの戦いです~
4時・5時よりも、夜明け頃の方が却って寒いっ!!ということに、皆で気づきました。
朝市は「モノを売る」・・・ということの原点。三代目も何かを学んでくれることでしょう・・・。31日朝7時からフジテレビでゆりあげ朝市と中継で結ばれる予定です。先日の古田さんが各店を訪問したところもVTRで流されるとか。カットされていなければ映るかも!?
朝市堯

明日31日は私どもの仕事納め。工場も売店も夕方早めに終わります。ゆっくり休んで‥と言いたいところではありますが、
元旦だけお休みをさせていただき、2日から「初売り」でございます~

各店舗の開店日(初売り)◆

 ・手造りかまぼこ工房   2日・3日

 ・工場併設売店 植松店  2日

 ・閖上さいかい市場店   5日

 ・ゆりあげ朝市店     5日
 
おかみのすり身汁のおふるまい (予定)◆
 
 ・手造りかまぼこ工房    2日・3日

 ・ゆりあげ朝市 ささ圭店舗 5日

 ・さいかい市場 ささ圭店舗 5日

※植松店ではすり身のおふるまいはございません。


各店にとってもお得な福袋もございます。ぜひご来店をお待ちしています~!!


皆様、一年間の御愛顧、誠に有難うございました。そして、つたない圭子のブログにお付き合いいただき、有難うございました。どうか佳き新年をお迎えくださいますよう、お祈り申し上げます。
スポンサーサイト
2013.12.27.Fri

ケーキ!?いえいえ蒲鉾でございます。

おばんでございます~
みちのく名取 増田から圭子でございます。今日から31日まで、ずっと売店に詰めております。

おかげさまでご発送部門も、ようやくピークを越えたかな・・・というところですが、まだまだ28・29日にご指定でお出しする予定のものもたくさんございますので、まだまだ気を抜けません。

ここに来て、やはり年末ぎりぎりのご指定で、「特蒸し紅白板かまぼこ」をはじめとする「迎春おせちセット」の御用命がとても多いようです。
紅白おせち

「忙しい年だったけれど、お正月は家族揃ってささ圭の紅白蒲鉾の入った「おせち」を囲む・・・」そんな和みの光景が目に浮かびます。

実は、今年はあまり大々的にご披露はいたしておりませんが、久々に(震災後初めて)「カステラかまぼこ」を製造復活いたしました~。
かまぼこカステラ
工場とともに、カステラ蒲鉾用の銅製の道具も勿論、レシピも全て無くなりました。笹かまぼこのように一年を通して常時製造するものではなくて、12月の1ヶ月間だけ製造するというものですから、復活するのにも少し迷いがありました。

でも「造ってみたい」という若手の製造部社員たちの熱意により、夏から試行錯誤しながら試作を重ねて、11月初めにようやく納得のいくものができました。というわけで、12月の頭から本格的にこの「カステラかまぼこ」の製造を開始しております。

とっても美味しいんです・・・って、こんな平凡な表現ではその美味しさが伝えられませんよね~。あはっ・・・
新鮮な卵をふんだんに使い、白身魚のすり身と合わせて、ふわふわ、もっちり・・・ささ圭オリジナルの上品な甘さに仕上げました。新年を寿ぐ食卓に、ぜひお加えいただければと思います。こちらをカットして、真空包装いたします。1本630円となっております。

さて年末の忙しい中、ちょっと嬉しかった話を一つさせてくださいな。

私どもの新工場では、階下にある製造の各部門と2階にある事務所はインタフォン電話で繋がれています。一日何十回となく部門同士、そして事務所とのやりとりが交わされ、連絡や注文が伝えられることになります。

先日、目が回るような忙しいクリーンルームに圭子が追加注文をしたら、社員のTさんが注文を聞いたあと、
「有難うございました!」と言ってくれたのです。

圭子も思わず、「・・・こちらこそ、有難うございます!!」

自分の会社の人を褒めるって、厚かましいかもしれませんが、すごい人だなぁ~と、圭子とっても嬉しくなりました。
注文を聞いて、「はい、わかりました」というのが当たり前だった今までのささ圭に、こんな素晴らしい人が育っているということに感激してしまいました。

これってとっても大事なことではないでしょうか。各部門の一人一人が注文があることに感謝する、そして社員同士でその感謝の言葉を言い合うことが全体の社員に広まっていけばもっともっとすばらしい「ささ圭」になる。そう圭子は強く思ったのです。

社員たちはささ圭の宝です。震災前のささ圭よりもっともっといい会社にしたい!!という社員たちの「やる気」と「感謝の気持ち」、大切に育ててやりたいと思います。

今年もあと少し、寒さもますます厳しくなってまいります。皆様もどうかご自愛くださいますように。





2013.12.23.Mon

あの古田さんが!!そしてサンドゥィッチマンが!!

おばんでございます~
みちのく名取植松から、圭子でございます~

昨日(日)・今日(祝日)と、二日続きのゆりあげ港朝市、両日たくさんのお客様で賑わいました。
昨日は、私どもではいつもの実演販売「遊里揚ゆりあげ」の他に、昔懐かしい七輪でお客様に笹かまぼこを焼いていただきました。

炭火の調整に余念のない社長・・・
古田5

そんなところに、大きな人だかりがやってきました!!
こ、これは~っ古田さん①


古田6
なんと!! 野球解説者の古田敦也さん!!
お金を出してお買い上げいただいた笹かまぼこの焼きたてを、ガブリッ  
思わず、「んまいですねぇ~っ!!」
古田④
社長が、私たち夫婦が立命であることをお話しましたら、とっても驚いていらっしゃいました。
「いゃぁ~、先輩ぢゃあないですかぁ~!!」と。

厳しい復興に向けた私たちの今の気持ちや決意、これからのことなどを聞いてくださいました。

あったかい両手でしっかりと握手してくださり、
「頑張ってください、応援してますからね」と、力強く励ましてくださいました。有難うございました。ちょっとぼーっとなってしまいましたわ。おほほっ・・

「頑張ってまいります!」とお伝えしました。この様子が
今月31日の朝7時から、フジテレビ(宮城は仙台放送)系列で、放送されるそうです。この日はゆりあげ港朝市から、中継をするらしいのですが、その番組の中で、ビデオとして放映されるとのことでした。



そしてこちらは今日23日のお昼前、サンドウイッチマンのお二人が朝市にいらっしゃいました~
新年1月14日の深夜に放送される「ぼんやりーぬ」という宮城県の番組。
サンド①
揚げたて、あつあつの遊里揚(ゆりあげ)の、「名取産のせり入り」と「えび紅生姜入り」をご試食していただきました。
サンド3
社長がお二人に、
「しばらくです~」と、声をかけると、
「おっ、お~っ!!ささ圭の社長さん!!」(よく覚えていらっしゃるものですね~)

実は一年くらい前、名取市内にある数十社のはいる仮設工場団地にこの番組でいらしてくださり、そこの団地の組合長をしている私どもの社長が団地内のそれぞれの会社を案内させていただいたことがあったのでした。
 
収録後、再び伊達さんがいらしてくださり、ちょうどいたお客様も一緒に、「はい、パチリ!」
伊達さんはとっても気さくな方でした。お二人の行くところ、終始笑いが絶えないような雰囲気で、組合員だけでなく、お客様方にも優しくお声がけされていました。

「「カツオ」見ましたよ~」と、言うんだったなぁ・・・。
でもあの番組、あまりにリアルで、実は半分しか見れなかった圭子。
サンド②
この番組では「ゆりあげ港朝市」の各店からサンドウイッチマンが選んだ商品を1つにセットして、「サンドウイッチマン セレクト」として販売するとのこと。

もちろん、ささ圭の「遊里揚ゆりあげ」も選ばれました~
2013.12.21.Sat

名取に初めてのお能!!

羽衣ポスター
来春2月11日、名取市文化会館に「能 羽衣」がまいります。
名取市始まって以来、本格的なお能の公演は初めてとなります。社長も属しております「名取つばさライオンズクラブ」
の会員の皆さんと、『息吹の会』の能楽師の皆様方との被災地に寄せてくださる熱い思いがやっと結実して、この度の開催となりました。

「名取つばさライオンズクラブ」では、昨年の「狂言 名取に笑いを」、そして今年の「狂言 ワークショップ」に続いて、3回目の能楽の主催でございます。(能楽は、能、狂言の総称です)

狂言が、おかしみや風刺を題材にしているのに比べ、お能は、魂を鎮める供養の芸術とも言われます。

天女が被災地名取に七宝充満の宝を降らしながら、生き残った人々の安穏を願いつつ天に昇っていくような・・・気がいたします。犠牲になられた方々への供養ともなることと思います。またとないこの機会、多くの皆様に是非ご覧いただきますように。

 
2013.12.18.Wed

閖上の女性のたくましさ!

今年もあと2週間、お正月のディスプレイに変えました。毎年のことながら、店舗の中は今の時期「クリスマス」と「お正月」のディスプレイが混在してしまいますのね。ただ「蒲鉾」という製品から、どちらかというば「お正月」モードを強くしております。
お正月ディスプレイ
昨日、圭子の所属する公益社団法人 仙台南法人会女性部会の会員6名で、名取市内にある特養ホームS園様に、会員から集めているタオルを持って訪問させていただきました。

以前、「タオルはいくらあっても助かります」という職員の皆さんのお声を聞き、ここ数年来、会員からたくさんの未使用タオルを集めていろいろな特養ホームにお届けさせていただいています。

S園様にお邪魔してびっくり、お世話してくださる事務長さん、なんか見たことあるような・・・と思っていましたら、閖上のお得意様だったO様!!久々にお会いしました。お互いの無事を確認しあい、お互いに頑張りましょうねとお別れしました。

閖上の方がここでも頑張っていらっしゃることを知り、嬉しくなりました。
このあと、市内の3つの仮設に絵手紙のパネルをお持ちして、それぞれの集会所に飾っていただきました。

I仮設では、ヤクルト化粧品の方がボランティアで「てもみ」を皆さんにしていらっしゃいました。気持ちよさそう・・・。さすがに男性はいらっしゃいませんで、女性の園・・・といった和やかな雰囲気が漂っておりました。

H仮設では、昔、健全育成の活動でお世話になっていたAさんが、名取で初めての女性自治会長さんになられていて、これまた驚きました。A自治会長さんが、「珍しい人がきたよ~、誰だと思う?ささ圭さんの奥さんだよ~」と、私たち会員を皆さんに紹介してくれ、歓迎してくださいました。

編み物やおしゃべりを楽しんでいらしゃいましたが、殆どが私どもささ圭のお得意様方!!エコたわしを逆に私たちに1個づつプレゼントしてくださり皆で感激しました。

どこの仮設でも女性がとっても元気です。ものを作り出そう・・・とか、創造することに楽しみを見つけるのも女性が中心ですね~。辛い目に皆んな合っているのだけれど、「元気出さないとね、応援してくれる人たちに申し訳ないっちゃ」と明るく語ります。閖上の女性はすごいっ!!でしょう!?

もう一箇所のT仮設の集会所では、健康相談会が開かれていました。ここでは思いがけなく、昔ささ圭で働いていた元社員のKさんに遭遇。

「圭子さんだっちゃ~!?」「Kさん~~」・・・・あとは抱き合って涙涙・・・。Kさんは本店近くに住んでいたのですが、家族は助かったものの、ご近所の殆どが犠牲になるという圭子たちと同じ境遇。「〇〇さんも、〇〇さんも、〇〇さんも・・・みんなみ~んな、居ないんだよね~」と、泣きながら訴えます。

閖上に戻っても、あの人たちはもう居ない。あのご近所さんとの何気ない日常はもう決して帰っては来ない。このことを改めて突きつけられた気がしました。「お互いに健康に気をつけて頑張ろうねっ」と励まし合って、仮設を後にしました。

手造りかまぼこ工房に戻ると、長年のお得意様Oさんがご来店。Oさんはご主人を大津波で亡くされお一人になられていました。明日、神奈川県に住む娘さんの家に移住することにしたのでと、ご挨拶にいらしてくださったのでした。

年を重ねて健康に自信がなくなり、娘さんから一緒に住もうと言ってくれ、思い切って閖上を離れることにしました・・・と。このように、あの日の大津波で、生き残った人々にも人生の大きな転換を迎えている方々がたくさんいらっしゃいます。

現在仮設から通う社員10名 みなし仮設から8名 そして私たち家族も未だ、みなし仮設住まい。まだまだ長い道のりが続きます。でも私たちは決して歩みを止めません。しなやかに、たくましく・・・平成25年の師走。



2013.12.14.Sat

厳しい寒さににもマケズ!!

雪景色
今朝の名取高舘熊野堂、雪が少し積もっていました。
この辺では、たしか初雪!?・・・かと。朝の出勤前にガチガチになったフロントガラスを焦りながら溶かす日々も遠くはなさそうです。

さてまた特注で、赤ちゃん蒲鉾のご用命をいただきました。
赤ちゃん
この笑顔・・・たまりませんねぇ~

ちなみに、これを描いているのは若手のKちゃん(20代女性)たちなのですが、圭子が描いてみると簡単なようでなかなかこのようには描けないのです。
顔が可愛くない・・・の。不思議なものですね~

三代目いわく・・・
「そりゃあ~やっぱ、若さの違いだねっ。」

くっ・・・簡単に一言で片づけられてしまいました。

お子さまの健やかなご成長を願いながら、ささ圭の力強い「若い衆」が、一つづつ心を込めてお造りさせていただきます。

明日はまた朝市がございますが、「名取産のせり」を使った遊里揚や、紅生姜をきかせた海老入りの遊里揚など、ゆりあげ港朝市店でのみ実演販売しているものが大好評でございます~。
名取産せり入り遊里揚げ
朝市に出店してわかったこと。
一つ・・・閖上の人たちが思ったより少ない。知ってる顔に会うととっても嬉しい。
一つ・・・こんなにたくさんの人々、どこからいらしてるんやろ!?・・・と思うくらい暗いうちから人・人・人
一つ・・・価値あるもの、欲しいものには気前よくお金を使う人が多い。
皆様、お買い物を楽しむと同時に、朝市を楽しむ為にいらしている・・・という感じですね~。

そしてもう一つ、朝日がとっても綺麗で、早起きして良かったなぁ~という気にさせてくれること。


2013.12.12.Thu

立命館大学から・・・

おばんでございます~
みちのく宮城は、寒さも今日から一段と厳しくなってまいりました。県北ではもう雪が降ったとか。そろそろ冬将軍の足音が聞こえてくるようです。

午後冷たい風が吹きすさぶ中、久々に閖上に行ってまいりました。母校立命館大学から、教職員の皆様が手造りかまぼこ工房を訪ねてくださいました~。

焼きたて熱々の「手わざ笹蒲鉾 希望」をご試食いただき、その後閖上をご案内させていただきました。立命館大学では震災直後より、岩手・宮城・福島の被災地に様々な形であたたかい支援の手を差し伸べてくださっています。

その一つの活動を企画実施されたM先生のお話によると、仮設住宅には集会所が必ず付いている物ではなかったこと、小規模の仮設住宅にはほとんど設置されていなかったそうです。圭子の知る名取市内仮設には必ず集会所があり、いろいろな催しがされ、住む方々の大切な場となっています。

集会所は住民にとってかけがえの無い施設・・・ということで、M先生は学生さんたちと一緒に、宮古市内の小さな集落の仮設住宅の敷地内に、「ODENSE」(おでんせ)・・・いらっしゃいませの盛岡弁だそう・・・という集会所を設計し手造りで造られたというお話をしてくださいました。サッカーボールのような可愛い形をした集会所。きっと今も仮設の方々の憩いの場となっていることと思います。立命館大学、素晴らしいです~!!


さて閖上・・・
さ、さぶい~っ!!震災前の閖上は、こんな時期でも比較的暖かく気候にも恵まれた土地でした。家屋や家々の木々、人々のぬくもり・・・いろんなものがかみ合って温かい気候や柔らかい風になっていたのでしょうね。

それが今は、寒風吹きさらす・・・といった表現が合うような過酷な気候に。日和山の下の札所で、いつもお札を販売してくださる巫女さんお二人、頑張っていらっしゃいます。寒い中、いつもご苦労様です!!
閖上お札販売所

震災前の閖上と震災直後の閖上を比較した航空写真の前で説明させていただきました。
閖上お札販売所②
白い遠浅の砂浜と緑の松林、青い海や広浦、名取川に囲まれた閖上の美しい画像と、あまりにも対照的な変わり果てた画像の対比に、多くの方は言葉を失ってしまいます。元閖上に住んでいた人たちにとっては、いつ見ても辛い画像ではありますが、これを見た一人でも多くの方々が、閖上のことを伝えていただければと願いますし、一日も早いふるさと閖上の再生を願います。

立命館大学の教職員の皆様方、貴重なお時間をいただき有難うございました。どうかお気をつけてお帰りくださいませ~
2013.12.10.Tue

キャロライン・ケネディ大使に手わざ笹蒲鉾希望が!!

ビッグニュースです!!

皆様、驚かないでくださいね!
なんと、かのキャロライン・ケネディ大使様に、ささ圭の「福興 手わざ笹蒲鉾 希望」をお召し上がりいただきました~
ケネディ①
左上の「駐日米国大使 キャロライン・ケネディ氏」というお席名札の後ろに「手わざ笹蒲鉾 希望」が3枚、そして中央の黒い長方形のお皿にも一枚、封を切ったものが載っています。


こちらは、会食前のしつらえ
ケネディ②

先月の25日頃、キャロライン大使様が東北を訪問される・・・というのは新聞やテレビで存知あげておりました。でもテレビで石巻を訪問されたところを拝見したのみで、あまりテレビや新聞で取り上げられられることがなく、多分内密にいらしているんだろうなぁ~・・・と、思っておりました。

キャロライン大使様に対するあこがれや情熱は、日本人なら誰しも持っているといっても過言ではないくらいですので、報道されたら大変な騒ぎになると圭子でもわかりましたものね。

25日の夕刻、手造り工房にさる男性が「手わざ笹蒲鉾 希望」を買いにいらしてくださった時、帰りがけにそっと社員のОさんに、
「この笹蒲鉾、どなたが召し上がるかわかりますか?」と。

社員のОさん「いえ、わかりません」とお答えしたところ、

「実は信じられないかもしれませんが、キャロライン大使がお召し上がりになる予定なのです、でもまだ内密にしておいてくださいね」とおっしゃり、帰られたそうです。

その報告を聞き、社長と圭子はビックリ!!ま、まさか、あの?・・・・。

Оさんが領収書を書かせていただいたので会社のお名前はわかるのですが、果たして本当なのか、はたまたずっと内密にしておかなくてはならないことなのか・・・・などなど、圭子、一週間ほど悩みに悩みました。

そして先日、その会社様のたくさんあるお電話番号から、本店様に思い切ってお問い合わせさせていただきました。もし違っていたらどうしよう・・・、極秘事項だったらどうしよう・・・と、迷いながら、でももし本当のことであったら、外部に出すことは伏せても、社員が知るだけでも何よりの励みになるに違いない・・・と思ったから。

折り返しすぐにお電話をいただき、「間違いありません」と、おっしゃってくださいました。
そして本日この「証拠の」画像をお持ちくださったのでした。
実はここには載せられませんが、お迎えする方々がキャロライン・ケネディ大使様と一緒に食卓を囲んだお写真も頂戴いたしました。
(この2枚の画像は圭子のブログで公表してもいいですと、内諾をいただき公開させていただきました)

「被災地で頑張っているお店の笹蒲鉾であること、そしてこの「希望」という名称もぴったりだと思い」お出しくださったのだとか。それをお聞きし、社長と二人感激で胸が詰まる思いでございました。この他にも、亘理のいちご、塩釜のお寿司・・・と、「被災地から元気を発信しているもの」をお出しされたそうです。

私たちだけでなく、社員たちにとっても、この朗報は誇らしく、嬉しい出来事でございます。そして私共ささ圭をいつも見守り、応援してくださる全国のお客様にもぜひお伝えしたいと思いました。

社員と共に、この嬉しい出来事を噛みしめながら、もっともっと美味しい蒲鉾を造ってまいりたいと改めて思います。どうか今後ともよろしくお願いいたします。


◆お知らせ◆
おかげさまで、手造りの素朴な味わいが人気の「手わざ笹蒲鉾 希望」、実は現在ご注文にすぐに応じきれない状況でございます。毎日皆で必死で焼いておりますが、ご発送は3日~4日くらい日にちをいただいております。

お届けご指定日がございます場合は、優先になりますので、その旨お申し付けくださいね。
2013.12.07.Sat

いなせな「ささ圭の纏まといごよみ」復活!!

今日は二十四節季のうちで、「大雪」と言い、激しく雪が降り出す日・・・なのだそうでございます。

おばんでございます~大雪とは言え、雪のない暖かな一日でしたね。みちのく名取植松から、圭子でございます。

みちのく名取では雪はまだ降りませんが、タイヤは先日スタットレスに交換してもらいました。

圭子は今、実家の父からもらった車に乗っております。今年の春先、徳島の85歳になる父が、高齢の為、軽自動車に乗り換えることになり、その車をもらいました。徳島から東京まで、フェリーで遥々と海を越えてやってきたこの車、スタットレスが付いておりませんでした。

ここみちのくでは、今頃タイヤ交換するのが当たり前の年中行事?みたいになっておりますが、あったかな徳島でスタットレスのタイヤを持っている方は、まぁ殆どいらっしゃらないでしょうね~同じ日本でも、徳島と宮城、かなりの違いがございます。

所変わっても、変わらないのが「カレンダー」。(無理にこじつけますわねぇ~)
お待たせいたしました~
ようやく2年ぶりに、ささ圭のカレンダー「纏まといごよみ」が復活いたしました!!
纏こよみ

ささ圭では、20年以上前から、年末にはずっとこのカレンダー(というよりも、こよみ・・・と言った方がピッタリ)を、お得意様方にお配りしておりました。

江戸の頃、火事場で活躍した町火消し「いろは四十八組」のいなせな姿が「江戸の華」と呼ばれて人気を集めたのだとか。これはその勇姿を描いた当時の人気役者似顔絵て゜、今しも火事場に駆けこもうとする姿が生き生きと描かれています。

昨年、1昨年と、可愛らしい「人間ばんざい」のカレンダーにしておりましたが、3年目にしてやっと復活させることに。

昔からのお得意様方から、震災後
「あの纏ごよみはもう作られないのですか?」と、お問い合わせいただくことも多かったのでした。
社員と共に、届いた荷物を解きながら、感無量・・・。

たかがカレンダー・・・・されどカレンダー。お部屋の雰囲気もカレンダー一つで一変いたしますし、それを掛ける方の趣味趣向もしのばれる・・・・というもの。

私共ささ圭から、やっとの思いで復活させた心ばかりの贈り物でございます。
ぜひ皆様のご家庭で、楽しんでお掛けいただけると嬉しいです。

申し訳ございません、別にお送りすることはできませんが、ご自宅に蒲鉾のご発送がございます場合は、その中にお入れさせていただいております。数に限りがございますので、お問い合わせくださいますようお願いいたします。

明日は朝方ぐっと冷え込むようです。
ゆりあげ港朝市、私共の出店2回目となります~ホッカイロをビッチリつけて、頑張らなくっちゃねっ!!
2013.12.03.Tue

タイ航空の機内食に!!

タイ航空

タイ航空②
さて、何のマークでしょうか!?

おばんでございます~みちのく名取植松から、圭子でございます。いよいよ師走となりましたね~。早いですね~。師走になるといつも繰り返されるフレーズではございますが、ほんまに早いっ!!おかげさまで私共も、お歳暮商戦に突入しております。

明日12月4日は、初めて仙台空港とタイを結ぶ直行便が就航する日でございます。週3便往復するとのことで、それに合わせて、「ささ圭のこやき笹蒲鉾 ささ小町」機内食に付けてくださることになったのです~!!

という訳で、このマークは「タイ航空」のマークでございます。
一枚一枚丁寧に焼印を付けていく作業は、かなり手間がかかりますが、お客様に喜んでいただける・・・「普通のミニ笹蒲鉾かと思ったら、タイ航空のオリジナル笹かまだったのね!」・・・というお客様の小さな驚き、それはきっとタイへの旅をもう一つ楽しいものにしてくれるのでは・・・なぁんて思いながら、せっせとお造りさせていただいております。

仙台からの直行便ができたということで、今後宮城を含む東北からかなりの方々が旅行先にタイを選択されるのではないかと思われますし、タイからのお客様がこの便を利用して、東北各地に観光で訪れてくださるのでは?と、大いに期待されるところです。圭子も一度行ってみたいですぅ~!!

また明日12月4日は、3.11東日本大震災の日から数えて、ちょうど1,000日目にあたる日なのだそうですね。それぞれに少しづつ異なった思いでこの日を迎えるような気がします。私共も、まだまだ行く末の定まらぬ不安はございますが、本来の復興に向けて社員と共に、そして地域の方々と共に、精一杯歩き続けたい!!と思います。ゴールはないこのレース!?、ひたすら前を向き、自らを鼓舞しながら、明るい笑顔を忘れずにねっ!!
2013.12.01.Sun

レソト王国の大使が「遊里揚」を!!

ゆりあげ港朝市 グランドオープン

昨夜までバタバタとしておりましたが、おかげさまで何とか無事「ささ圭 初出店」することができました。ほっと一安心。圭子、昨夜は3時間くらいしか寝ておりませんの・・・。

何しろ「朝市」というくらいですから、とっても朝が早いのです。店長のGさんはひとり4時集合・・・。私たちも3時半起きでした。これ、毎日ぢゃないから、きっと皆さんやれるんですよね~。

早いお客様方は、なんと5時頃にはウロウロ・・・・・そして6時、7時、8時とピークになります。今日は、2万人の人々が、訪れてくださったのだとか。

有難いことに、私共の「厚焼き笹蒲鉾」と「いかの塩辛」はかなり早くに完売してしまいました。ずっとお客様の切れることがない・・・というのが驚きです。
朝市オープン②

こちらは、笹蒲鉾の手焼き体験(無料ですが、朝市にいくばくか寄付していただくシステム)コーナー。私共から「すり身」を持って行き、製造部から若手の5人と義母あつさんが作業しました。どこまでもずぅ~っと長蛇の列が続き、あっという間に1000枚を配布してしまいました。

それでこちらは終わるはずだったのですが、何と!!
他社さんのすり身1000枚分も、そちらの社員さんがいらっしゃらないとのことで、更に私共が作業を継続。他社さんのすり身は自社のすり身とは異なり、扱いなれていないので少々大変でしたが、結果100㎏2000枚の笹蒲鉾を成型させていただきました。

ふぅ~っ、あつさん、疲れましたね~
朝市オープン

突然、「レソト王国」の駐日大使様が私共のブースにお立ち寄りくださり、「遊里揚ゆりあげ」をお買い上げいただきました~朝市オープン③

大使様はしっかり握手をしてくださり、励ましてくださいました。感激!!そしてこの後、しっかりと、「遊里揚」をお召し上がりくださいました。

で・・・、でも、「レント王国」・・・って!? 

ごめんなさいね、圭子も存じ上げておりませんでした。調べて見ましたら・・・
「周囲を南アフリカ共和国に囲まれた世界最南の内陸国」・・・とのこと。今回、ゆりあげ港朝市に花をご支援してくださった関係で、今日の訪問になったようです。

このほかにも、閖上の懐かしい方々もたくさんお見えになりました。
「あ・・・ささ圭さん、今度入ったんですね~」皆さん、口々にそう言いながらお買い上げくださいます。今後閖上がどうなっていくのか、まだまだ見通しがつきませんが、朝市の皆さんと一緒に、少しでも閖上の復興に、寄与できたらとの思いです。

どうか、ゆりあげ港朝市のささ圭も、今後ともよろしくお願いいたします。

 | HOME |