笹かまぼこの「ささ圭」より

笹かまぼこの製造・販売のおかみ圭子の雑感

2014.03.27.Thu

嫁として・・・

おばんでございます~みちのく名取から、圭子でございます。

会長が2月の92歳の誕生日を機に、とうとう・・・・ようやく・・・運転免許証をお返しいたしました。60年近く大きな事故もなく乗り終えることができ、家族としてもほっとしております。とは言え、震災後は超高齢のため多くの皆様にご心配いただいておりました。皆様に感謝申し上げます。

日頃から、あつさんの「アッシー君」を自認し、病院の送り迎えやスーパー、とりわけ「ホームセンター」が大好きで、よく行っていました。

手わざ笹かまぼこの焼く前にためておく「弁慶」も、実は会長自らホームセンターで材料を買い、制作していたんですのよ。まさにスーパーおじいちゃん・・・ですわね。
  右前にある、焼く前の「手わざ笹かまぼこ」を挿してある道具を「弁慶」といいます。
弁慶

車の運転はやめましたが二人共まだまだ現役、今も「手わざ笹かまぼこ」の指導に工房へ来てくれています。
同居しているとは言え、とっても元気ですので嫁のわたくしも「面倒をみる」なんてことは殆ど意識せず、今まで過ごしてまいりました。

ここにきて、工房への送り、病院の送り迎え、いろいろな煩雑な手続き、銀行や郵便局の出し入れ・・・等々、どうしても車に乗せていくことが急に増えてきております。今まで楽をさせてもらった分、これはもう仕方ないことと腹をくくるしかないのですが、しかしこんなにも時間を取られてしまうとは~っ!!あ~ん

「なんか専務最近バタバタしているよね~」と、社員たちが噂しているとか。いやほんまに毎日バタバタの圭子なんです。あかん、あかん、こういう時にこそ「余裕」「ゆとり」の心持ちを保たなければと反省。

世のお嫁さん方は皆さんこんなふうにしているんやなぁ~・・・と、つくづく思う今日この頃でございます。はい。
元気でいてくれるだけでも嫁としては本当に有難い事、脳を時々刺激してあげながら、元気で長生きしてもらいたいと思います。

「三代目の結婚式までは・・・」と今まで言っておりましたが、最近は、「三代目が結婚してひ孫を見るまでは・・・」と変わりました。あはっ・・・!

スポンサーサイト
2014.03.26.Wed

ささ圭の特注かまぼこ

おばんでございます~

南の方から桜便りが聞こえてきたと思っていましたら、みちのく名取にも今週初めから急に春がやってきた!!・・・という感じですものね~。
あんなに待っていたのに、来るときは急に来るものなのですね~

とは言っても、朝晩はまだまだ冷える日もございます。風邪のひきやすい季節、皆様どうかお気をつけくださいませね。

さて、春は別れと出会いの季節・・・・ということで、またまた、特注かまぼこ「かまぼこの花束」の御用命をいただき、お造りさせていただきました。
かまぼこの花束
綺麗なお花もいいのですが、その場に居合わせた皆様に、「あっ~っ!!」と驚きの輪が広がるような、そして食べても楽しんでいただけるような、二度美味しい「ささ圭のかまぼこの花束」、おすすめでございます~!!

現在、わが社の「特注かまぼこ」は大きく分けて2種類ございます。
一つは笹かまぼこにオリジナルの焼印を押したもの。これは焼印の制作料が実費でかかります。
またもう一つは、このようないろどり豊かな蒸しかまぼこ。かなり細かいご要望にもお応えできるようになりました。

これは~!?
徳島県阿南市のゆるキャラ「あななん」君です。かわいい~っ!!
あななん

あなただけのオリジナルかまぼこ、一度お造りになってみませんか。


2014.03.20.Thu

おせったいはおせっかいぢゃありません。

嬉しい桜の便りが、南の方から聞こえてまいりましたね~。
圭子の大好きな季節です。

毎年こんな時期になりますと、ふるさと徳島の道を歩く「お遍路さん」を思い出します。
四国八十八ヶ所巡りが盛んになった昨今、この地では四季を通してお遍路さんを見かけます。しかし何といっても菜の花やレンゲの花が咲き乱れ、桜花が舞うような今からの時期が「旬」。

そしてまたこの時期は、四国の人々にとっても、「おせっかい」ならぬあはっ・・ごめんなさいっ・・・「おせったい」(お接待)の盛んな時期でもあります。

「おせったい」とは・・・
四国の人々は八十八箇所を廻り供養するお遍路さんをおもてなしすることで、自分の代わりに廻っていただいている・・・という発想から出発しているようです。

この「おせったい」は個人でする方もいらっしゃいますし、団体でなさる方々もいらっしゃいまして、そのおもてなしのやり方は実に様々なのであります。

圭子の福島のお友達はお寺さんということもあり、何度も四国八十八箇所を廻っていらっしゃるのですが、以前・・・
「佐々木さん、四国って日本とは別な国みたいにですよね~」

「えっ、ええ~っ!?」

彼女に言わせると、「四国の方々は信じられないくらい皆さん親切」なのだそうです。阿波女としたら、こんなこと言っていただくと嬉しくなります。

お遍路さんをおもてなしする・・・いうことは、弘法太師さんをおもてなしするということと同じなのかもしれませんね。

実家の地域では、昨年までもっぱら個人的なおせったいをすることが多かったようですが、昨年の3月、地域として70数年ぶりにこのお接待を復活させようということになっていたそうです。


実は昨年の3月に亡くなった母も、近づく地域での70数年ぶりのおせったいではお餅をついて、あんこを炊いて・・・などと数日前まで父やご近所の老人会の皆さんと楽しく企画していたと聞きました。

母が楽しみにしていたということで、母への供養ということもあり父と地域の皆さんで4月に家の前で予定通りおせったいをやり、お遍路さんたちから喜んでもらったと聞きました。

世話好きな母でしたので、きっと今頃は、向こうの方でおせったいの準備に大忙しなのでは!?・・・・なぁんて考えております。

お彼岸というのに、今日は突風とみぞれ混じりの雨。今日のお墓参りの方々は、さぞかし大変だったのではないでしょうか。どうかお気をつけくださいますように。ご先祖様に手を合わせて、今の安寧を感謝するお彼岸の一日でした。

2014.03.15.Sat

和歌山に朝市が!!ささ圭の笹蒲鉾が!!

和歌山市の「イオンモール和歌山」が、明日16日9時からグランドオープンいたします。
オープンをお祝いして、なんとっ!!閖上から「ゆりあげ港朝市」が出店いたします~

ささ圭からは、お馴染み「笹蒲鉾」をぎょうさん持ってまいります。圭子は残念ながら行けませんが・・・・行きたかったなぁ~・・・(実は叔父さんが住んでいるのです・・・)

朝市のメンバーと一緒に、私どもささ圭からは社員Gさんが、張り切ってまいります。和歌山の皆様、ぜひお出かけくださいませね~
自分で笹蒲鉾を焼く体験コーナーもあります。

ただいま和歌山の叔父にTELをして、来てもらうようにとお願いしました。うふっ・・・一人でも多くいらしていただきたいですものね。9時から3時までなので、売り切れましたらそれで終了です。お早めにね!!


さて、「職人工房 ささ圭」というのが震災以来の我社のキャッチフレーズの一つになっています。

震災を経て、工場生産に慣れていた社員一人一人が「手造りの笹蒲鉾 手わざ笹蒲鉾」の技をしっくりと習得し、次の段階に進んでいきます。それは笹蒲鉾の原点に帰ることでもあります。

このキャッチフレーズは、ちょっとおこがましいのですけれど、すり身の特性を知り、ささ圭独自の「技」と「味」と「心」を伝えていくことで「一人一人が蒲鉾職人を目指そう!!」という社員たちの熱い思いから、生まれました。

今日は特注の「かまぼこの花束」の御用命をいただき、お造りさせていただきました。若手のチーフKちゃんも、まさに職人!?

お客様からいただいた原稿や案をもとに、自分なりの世界を創り上げます。
職人工房 ささ圭
職人工房 ささ圭②
職人工房 ささ圭③
「かまぼこの花束」、ご注文してくださったお客様に喜んでいただきました。私どもも嬉しいです。蒲鉾屋冥利に尽きます~っ!!

サプライズでプレゼントされた方もその場に居合わせた方々も、皆様が「驚き」と「嬉しさ」で幸せいっぱいになりますように・・・・。

おかげさまで特注かまぼこのお問合せが最近多くなりました。
2014.03.14.Fri

未来へ

おばんでございます~

「ホワイトデイかまぼこ」のご発送、おかげさまでだいたい今日で終わりそうでございます。
昨年対比 約ウン倍くらいのご注文をいただきました。このような企画の製品は、お届け期日が決まっておりますので、ご指定日にお送りできなかったら大変と、少し焦りましたが、何とか無事に・・・。ほっ・・・。たくさんの御用命、ありがとうございます。

実は圭子も、何を隠そう、いつもお返しに悩む主婦の一人。社員も多いので、まさか「ホワイトデイかまぼこ」・・・・というわけにもいきませんでしょ!?
しかも、「妻のセンスが試される」ということも意識してしまいます。

社長に聞きましたら、
「何でもいいから任せる」・・・んもぉ~っ!!

悩んだ末にいつも落ち着くのが、「ハンカチ」。「定番」と笑わないでくださいね。
何枚あっても困らないしね~!!お出かけの時には必ず素敵なハンカチを1枚と、タオルハンカチを1枚バッグに忍ばせるのが圭子流!?


このあとの企画は「母の日かまぼこ」。今少しお待ちくださいね。

さて今日は、市内の公立幼稚園の卒園式でございました。圭子も山手の幼稚園の卒園式に出席させていただきました。

年長さんになるとあんなにしっかりするものなのですね~一生懸命にお返事したり歌を歌ったり・・・。ほんとに可愛らしくて・・・。立派この子達の未来が健やかで明るいものになることを願いながら帰ってまいりました。将来はこの子達の肩にも「名取市の復興」が託されています。



2014.03.11.Tue

明日へ・・・

おばんでございます。
みちのく名取は終日、天候はあの日を思わせるかのような寒々とした一日でございました。
午前中、河北新報さんの社用バスで増田の手造り蒲鉾工房に迎えていただき26名の大学生の皆さんを引率して、閖上に向かいました。

今回は宮城県内だけでなく、3分の1くらいが埼玉や神奈川など関東方面からいらしてくださった大学生でしたので、閖上を訪れたのが初めて・・・という方々が多かったですね。

一番最初は、やはり日和山に。私たち以外にも実に多くの方々が訪れていらっしゃいました。
お世話役の記者のOさんが、全員分のお線香を用意してくれていまして感激。心を込めて手を合わせます。
学生インターンシップ2014
ここでは、団体の方々をご案内する語り部のKさんと階段で遭遇。(KさんとはPTAの仲間でした)
「圭子さん、サンジャポ、観ましたよっ!!」とKさん。皆さん、結構観てるんですね~

この後、下に廻り、「地震があったら津波の用心」という昭和8年の石碑を皆に見てもらいました。この石碑は震災前は日和山の下に建っていたものですが、誰もこの石碑に気づく人はいませんでした。このことをずっと伝え続けていたら、この石碑の存在を閖上の住民が皆気づいていたら・・・そんな思いを皆さんにお話しました。

日和山から私どもの本社工場のあったところに。その後閖上中学校を訪ねました。
インターンシップ2014②
閖中生14名の名前が刻まれた石碑の前で黙祷・・・。一人一人が石碑の名前に手をあてて、亡くなった子どもたちに心の中で語りかけているようでした。
歳が近いということもあり、ここでは皆さんかなり衝撃を受けたようです。

その後閖上小学校の体育館に行ってみました。圭子もここは久しぶりに訪れたのですが、多くの流失遺物が殆ど無くなり、壇上に移されていました。まだ引き取り手のないお位牌が少なからず残っております。

引き取る方がいないというのが不思議なのですが、閖上に今でも足を踏み入れることができない元住民の方々もいらっしゃいますので、多分これらはあと何年経っても引き取られるということはないような気がいたします。
後はお寺様にご供養していただき、お焚き上げ・・・ということになるのかもしれませんね。

皆さんを閖上さいかい市場にご案内して、ここでお別れ。圭子は追悼式に向かいました。

名取市文化会館大ホールは、ご遺族の方々や関係者でほぼ埋まりました。式典の最後に、「いぎるっちゃ」(生きるよっ・・・という名取弁?)という句集・・・震災後閖上の方々が詠んだもの・・・を、閖上の伊藤さんが心を込めて詠んでくださいました。

これは・・・もう・・・涙が止まらない・・・様々なことが思い浮かびます。亡くなった方々のお顔が思い浮かびます。
気づくと、そちらでもこちらでも涙を流す方々が・・・。

伊藤さんの何とも心に染み渡るようなすばらしい閖上弁、「いがったっちゃねぇ~~」

3.11の今日、皆様はどんな3.11をお過ごしになりましたでしょうか。

圭子はインターンの学生の皆さんを案内して・・・と最初に書きましたが、実は「インターンの皆さんが3.11の今日、圭子を閖上に連れて行ってくれた」のではないかと気づきました。

いろいろなご縁をいただき、圭子はまた明日から新たな一日を刻んでまいります。

2014.03.10.Mon

はや3年、まだ3年・・・

みちのく名取、今朝から季節はずれの雪や強風で、大荒れ・・・でございます。

明日で3.11からちょうど3年。
もう3年、まだ3年、両方の思いが交錯しています。月日は確実に時を刻んでおりますのに、心のどこかでは、まだあの日から何も進んでいない自分がいて、持て余したりいたします。
午後から名取市文化会館で開催される名取市の追悼式に出席させていただきます。

その前に、午前中は河北新報さんのインターンシップの学生の皆様数十名を閖上に案内することになっています。河北新報のインターンシップの学生さんたちを閖上の各所に案内するのも今回が3回目。

彼らに圭子を取材していただくのではなく、地元閖上の方々や閖上という土地と彼らを結んであげるのが圭子の役目・・・と思い、ずっとお受けしています。それはあの日を決して忘れて欲しくないから。感受性の豊かな若者に、被災地からの思いを代弁して発信して欲しい・・・と願っているからかもしれません。

実は、震災後何度も閖上に行ったけれど、昨年も一昨年も、どうしても3.11の日に閖上に行くことはできなかった圭子。明日は自分の中にどんな変化が起こるのか・・・ちょっと想像がつきません。学生の皆さんと半日、閖上を体感いたします。


昨日のサンジャポをご覧くださった全国の皆様から、続々とお電話やホームページでご注文をいただいております。ちょうど「ホワイトデイ」の時期に当たっておりましたもので、こんなにも多くの御用命に!?
嬉しい悲鳴でございます。

「注文することで被災地を応援しています」というようなコメントを付けてくださっている方も多く、社員と共に感謝の気持ちでいっぱいでございます。何よりの応援です。本当に有難うございます。

ただいま心を込めて、お造りさせていただいております。ご指定日にあわせて、手造りの「ホワイトデイ蒲鉾」をお届けさせていただきますね~
2014.03.06.Thu

3月9日のサンジャポに!!

冬将軍がなかなか去ってくれませんね~。
みちのく名取にもここ数日、再び厳しい寒さが。今朝ほどからまた雪がちらつき、寒さに震えています。

皆様にはお風邪などひかれておられませんか?あったか~い生姜入の紅茶など、身体を芯から温めてもう少しこの寒さに耐え抜かなくてはなりませんね。

生姜・・・・といえば、この冬に「生姜入り」の新製品が生まれました!!
紅生姜と海老入りの「遊里揚ゆりあげ」遊里揚紅生姜
ぷりっぷりの小海老と、紅生姜の相性がとってもグー
「何枚でも食べられます」というファンも。圭子も大好きな「遊里揚 紅生姜入り」でございます~

さて昨日の午後、「たいぞうさん」がいらしてくださいました~
たいぞうさんサンジャポ
この様子は
3月9日 朝10時からの「サンデー・ジャポン」でご覧くださいね~。

たいぞうさん、ホワイトデイ蒲鉾をたくさんお買い上げくださいました。
有難うございました。

「たいぞうさん」はこの番組の中で、震災直後の混沌としたささ圭から約3年間、折々に取材をしてくださり、その様子が放映されております。

今回は、工場竣工して1年あまりの現況、そしてあの日から3年を迎えるにあたっての心境、更にはこれからの展望を聞いてくださっています。

明るいキャラクターで毎日テレビに映らない日はないくらい大忙しの「たいぞうさん」ですが、私たちの接する「たいぞうさん」は、ちょっぴりシャイで、心のやさしい気配りのできる素敵な男性です。
2014.03.04.Tue

明日サンジャポさんが~!たいぞうさんが~!!

昨夜遅くに阿波徳島から帰ってまいりました~
今回は初めて仙台~東京を新幹線 東京~徳島を飛行機で取ってみました。

今までは、飛行機で仙台~大阪伊丹空港へ、バスで神戸三宮に行き、高速バスに乗り換えて明石大橋を渡り、淡路島を縦断して鳴門大橋を渡り徳島に・・・・という気の遠くなるような行程でしたので、どちらが短時間なのか、どちらが楽なのか、と比べてみたいと思っていました。

ん・・・・ん、結果的にはどっちもどっちやねぇ~

どっちにしても家を出てから実家に着くまで結局は8時間~9時間かかっていることになります。ほんまに一日がかりなんです。乗り換える必要のないところでしたら、福岡などは却って数時間で着いてしまいますので、徳島~仙台はいかに不便か・・・ということになります。仙台~徳島便てできないんかなぁ~と、今まで何度思ったことか

そんなに遠い所ではございますが、さすがに南国と言われるだけあって、阿波徳島、とってもあったかいお天気でした。おかげさまで母の一周忌も無事済ませ、1年ぶりに家族・親戚・近所の皆さんともゆっくり語り合うことができました。その夜、家族で「シルシルミシル」を観てましたら、・・・・で、出たぁ~っ!!それも結構大きく。あはっ・・・

途端にたくさんの友達から「観てるよ」「観たよ~」とメールが続々と。
「お母さんたら、随分と出しゃばってたんぢゃない?」・・・・と、三代目。
「い、いやぁ~それほどでもぉ~」

それにしても「さいちさんのおはぎ」、何と、1万個!?も日曜日には売れるのですと~すごいですね。この番組では全国の繁盛スーパーさんが出てましたが、どれもみな手造りのアイディアを出し合って、ちょっと他のスーパーにはないこだわりがありましたね。それが商売繁盛の秘訣のようでした。それとお客様の身になって考えているスーパーさんでしたね。当たり前のことなのに、なかなかそれができているお店やスーパーは多くありません。私たちも販売のヒントをいただいたような気がいたします。

さて明日は、「サンジャポ」さんが取材にいらしてくださいます~。
この番組では震災直後のから、杉村たいぞう前議員さんが私どもささ圭を訪れて下さり、折に触れてのささ圭の現状や課題を取材して下さり、その様子を放映してくださっておりました。

今回で、何と5回目!!
この様子は3月9日10時からの「サンデー・ジャポン」で、放映される予定です。
近づいた「ホワイトデイかまぼこ」も出る予定でございます。ぜひご覧下さいませ~
ホワイトデイ箱入り2014


 | HOME |