笹かまぼこの「ささ圭」より

笹かまぼこの製造・販売のおかみ圭子の雑感

2014.04.30.Wed

姑と嫁、オソロのジャージ!!

おばんでございます~
やっぱり雨になってしまいましたね~。ここしばらくみちのく名取では雨が少なく、植物たちにとってはまさに「恵みの雨」、いろいろな若葉がこの雨で生き生きと萌え出ずることになりましょう。


昨夕はテレビを観ていただいた方々から、メールやお電話をたくさんいただきました。
かなりの時間を費やして放映してくださいましたので、反響がより大きかったようです。ご覧頂いた皆様、そしてキャスターの石川太郎さん、有難うございました。

製造主任のI君の
「自分たちがこの笹かまぼこを造り続けていくことが、閖上を無くさないことに繋がると思います。」という言葉が、とっても印象的でした。

全国のささ圭を応援してくださる皆様のためにも、私たちは心を込めて美味しい笹かまぼこをこれからも造り続けてまいります。どうか今後共よろしくお願いいたします。

さて昨日の夜、会長夫人のあつさんと「ゼビオメンズ」へ。この「ゼビオメンズ」は、地元では若者に特に人気のスポーツ用品やスポーツ衣料品の大きなお店なのです。

なんと86歳にして、
「圭子さん、わだす ジャスを買わなくては・・・」と。

※ジャス・・・とは宮城弁で、ジャージのこと。よく中学生が来ているアレです。

すわっ体操でも始めるのかっ!????・・・・と思いきや、(まさかね)
今日から初めて治療に行く整体師さんからジャージを着ていらしてくださいとのお達しがあった・・・らしいのです。

「歳だし、治療中はパジャマでもいいんでないの?」という家族の冷静な?声、声・・・。
でもあつさんは、ジャスを着てみたかったんですね、多分。

あつさん


そんなわけで、杖をついた86歳のおばあちゃんと二人で若者のメッカ・・・というべき「ゼビオ」にいざ!となった次第でございます。

今時のジャージ・・・たかがジャージ、されどジャージ結構素敵なのがいっぱい!!
迷います~。あつさんだけでなく、なんだか圭子もほしくなってしまいました。えへへ・・・

「よぉし、明日から早朝ウォーキングをしよう」と、思い立ち、あれやこれやと二人で試着をして、結局圭子も色違いのを買ってしまいました~っ!!あはっ・・・
姑と嫁、色違いのオソロのジャージ

あつさんは整体治療に、そして圭子は早朝ウォーキングにこれから始めます。



スポンサーサイト
2014.04.29.Tue

今晩放映されます~ちょっと心配・・・

みちのくの天気予報に一喜一憂しております圭子です~

おばんかたでございます。連休も今日で一山が終わり、三日間のインターバルを経て、3・4・5・6日と四日間の大型連休に突入いたします。

お出かけの皆様、お天気がちょっとあやしい・・・ようなのでございます。なんとかもって欲しいものですね。

私ども、お出かけはできないのですが、連休中最も混み合う東北自動車道の多くの売店に納品させていただいております。これが、お天気により納品量にかなりの影響が。雨は大敵!!なのでございます。
どうか期間中、このお天気が持ちますように・・・と、社員とともに祈っています。

さて先日、東北放送の石川太郎キャスターが取材にいらしてくださったことを書きましたが、
いよいよ今晩、
18時15分から19時までの「Nスタ みやぎ」
という番組で放映されるということです。
お時間ございましたら、ご覧いただきますように。

ちょっと・・・心配・・・なのは、先日のブログを見て下さればわかります。





2014.04.27.Sun

連休真っ只中

連休が始まりました~
ただ今年の連休は、お休みの具合があまりうまくなくて、大きく2つに分かれてしまいましたね。でも大手の会社さんでは11連休・・・・なぁんてところもございます。海外に行かれる方も多いようですね。

一方最近は、「暦通り」に営業されるという会社さんも増えてきているような気がいたします。もちろん私どものようなところは「お休み無し」。まさに書き入れ時で「お休み」なんていうのは問題外・・・なのでございます。

昔から、かまぼこ屋・・・というのは皆様がお休みの時に、より忙しい・・・・というのが常でございまして、考えてみるとゴールデンウイークに子どもをどこかに連れて行く・・・なぁんてことは無く今まで過ごしてまいりましたものね。

でも忙しいのがこんなにも有難い事・・と思える私たちは幸せなことです。
連休中も、美味しいかまぼこを、造り続けます~

今月もあと三日、五月にはいよいよ「母の日」がございます。
先日から仙台空港と仙台駅の特設売店に出店させていただいておりますが、
昨日お客様から、「空港に母の日かまぼこ置いてませんか?」というお問い合わせをいただきました。
残念ながら、まだ出しておりませんでした。せっかくお問い合わせいただいたのに、申し訳ありませんでした。

5月に入ってから、造る予定でございます。
もうホームページの方に、「母の日セット」のご予約注文を続々といただいております。有難うございます。
①母の日かまぼこ2014 
母の日かまぼこ2014 ②
これは「母の日かまぼこ」ではなく、別な特注品を造っているところ
描く
先日には、こんな御用命もいただきました。マリオのファン!?
マリオ

「母の日」に、何を贈ろうかなぁ~なぁんてお悩みの方、ぜひ御用命をお待ちしております~
2014.04.24.Thu

作家の渋井真帆さんが・・・

おばんでございます~
桜もあっという間に葉桜となりましたね。桜前線、今頃は盛岡あたりを通過中・・・といったところでしょうか。北の方には、かの弘前城の桜、盛岡の石割桜、・・・等々各地に名桜がございます。

南から北に、じっくりと桜を追いかけるという旅もあるようです。
圭子も、いつかもっと年をとったら、そんな旅をしてみたい・・・なぁんて、夢を描いております。

さて先日、作家の渋井真帆さんがインタビューにいらしてくださいました。

渋井真帆さん・・・といえば、あの城山三郎経済小説大賞を受賞した「ザ・ロスチャイルド」をお書きになった作家さんなのです。
渋井真帆③
閖上の元本社工場跡で。
さぶい~っ!!
閖上は、震災前は仙台と比べても、冬暖かく、夏涼しい所でした。(これは閖上に住んでいた人皆さんおっしゃいます)
それがまるで気候も厳しくなってしまった気がします。どこまでも続く松林が無くなったことがその原因の一つのようです。いろいろな失われたものとともに、閖上の砂浜には松林を取り戻さなくてはなりません。
渋井真帆さん①
「渋井さん、顔小さすぎまする~っ!!」
渋井真帆さん②

このもようは、後日BSで放映される予定です。社長を企業人としていろいろな角度から取材してくださっております。
渋井さんから頂戴した「ザ・ロスチャイルド」、今晩から読み始めます。
2014.04.22.Tue

29日に放映されます!!東北放送Nスタみやぎ

おばんかたでございます~
みちのく名取植松から、久々にブログに向かっております圭子でございます~
いつも見てくださる皆様、ごめんなさいね。
ちょっと私的なことでここしばらくバタバタしておりました。

先日、石川太郎アナウンサーが取材にいらしてくださったことを載せましたが、その様子が29日の夕方「Nスタ みやぎ」で放映される予定です。


これは宮城県商工会連合会が仙台市内の一番町出している「商工会アンテナショップ グルっと MIYAGI」が先日から再オープンいたしました。県内の商工業者から多数の製品が並んで販売されており、そこに私どもの製品、
・手わざ笹かまぼこ 希望 5枚入り
・まるっチーズ 5個入り
の2商品を販売していただいております。

今回、再オープンを機に、私どもの「手わざ笹かまぼこ 希望」が生まれた経緯などを製造風景とともにテレビでご紹介してくださるという有難いお話だったのでした。


会長の、ちょっと「とぼけた」受け答えが、多分笑いを誘うと思います。

石川太郎キャスターが、
「会長さんの素朴な受け答えを、敢えて、そのまま飾らず載せたいと思います」・・・と。

その一つ・・・これは放映されるかどうかわかりませんが・・・・。

石川キャスター「会長さん、震災後どうしてこの手造りの笹かまぼこを造ろうと思ったのですか?」

「一番手っ取り早かったからねぇ~」

ん、ん、ん~???

確かに・・・それは・・・間違ってはおりませんが、もっと、なにか言い方がありますよね~~(圭子冷汗)

ぜひご覧下さいませ。



2014.04.12.Sat

名取市春祭りが華やかに開催されました!!

本日、満開の桜の下、名取市春まつりが名取市役所前の広場で開催されました~

桜まつり2014
途中から、あいにくの強烈な突風が吹き続けたため、テントのシートも剥がしてくださいとのお達しが・・・。まさに露天商のようなあんばいになってしまいました。昨年に続き、春祭りは毎回「強風」にたたられます。トホホ・・・

でも「雨よりましだよね」とJ子ちゃん。そうなんです、何事も前向きに前向きに・・・。
おかげさまで、「遊里揚」の実演販売も大盛況!!

販売の途中、あまりの強風に、
圭子「いやぁ~吹き飛ばされそう~
J子ちゃん「いや、圭子さんは大丈夫です」
くぅ~っ、言われちゃいましたねっ!
桜まつり2014 まるで露天
後ろでは、名取北高校の茶道部の皆さんがお茶席を設けて、お客様に和んでいただいておりました。
私たちも閉店間際、エプロン姿でお薄と和菓子でつかの間のいっぷくを・・・。桜の下で、雅なひととき。

さてこちらは、春祭りの恒例となった無料の笹かまぼこの焼き体験コーナー。2000枚を無料配布いたしました。安全を期するため、すり身を竹串にさし、一度蒸し上げたものを焼いていただきました。
圧巻な眺め・・・
<桜まつり2014 かまぼこ焼き

春の一日、多くの市民の皆様とともに「春祭り」を満喫させていただいた圭子でございます。


2014.04.10.Thu

しだれ桜の花吹雪

おばんでございます~
みちのく名取、そちこちで桜が真っ盛りでございます。


ささ圭の店頭も、しだれ桜が満開!!
あまりにも見事で、店内に置くのはもったいないので、外に出して道行く方々にも楽しんでいただければと・・・。

圭子と社員がヨイショと二人がかりで出しておりましたら、早速、通りがかりの方が立ち止まり、その桜に驚いたよう。そして笑顔になりました。  多分その方の心の声(すごい桜ですね~)
こちらもにっこりと笑顔でお返し。圭子の心の声(そうなんです、見てやってくださいね)・・・。

桜をはさんで、心が通じたような・・・嬉しい一瞬の出来事。

しだれ桜
「手わざ笹かまぼこ」の修行をする三代目、後ろには会長。こんな日が来ることを待ち望んでいた会長に、厳しく?あたたかく、指導されています。彼には、この技と味を、そして心を、ずっと次の世代に伝えていく使命があります。

桜にも励まされているような・・・そんな春の日の午後でございます。

さて、今年の「母の日セット」ができました。来月5月11日にあわせて、大切なお母様にぜひいかがでしょうか。心を込めてお造りしています。
母の日セット2014

2014.04.08.Tue

母の日かまぼこ、進化形!!

母の日かまぼこ できました~

母の日かまぼこ2014 ②
①母の日かまぼこ2014 

昨年より更にバージョンアップ・・・というか、進化しておりますよ~。
この絵や文字を描くのは若手のチーフ、Kちゃんが中心になっています。独学で学んだり、自宅で試作を重ねたり・・・という努力家なんです。

社員の向上心は会社の宝です。
社員ひとりひとりの持てる力を、もっともっと伸ばしてやりたいと思います。

2014.04.04.Fri

桜は桜でも姥桜はあかんやんっ!!

暖かな今日の午後、両手に大きな大きな鉢を抱えて、工房のお店に入ってこられた方が!!
しだれざくら


なんということでしょう~っ!!(このフレーズはビフォーアフター風にお読みください)
見事なしだれ桜!!
会長の知人のO様が届けてくださったのでした。
お店に飾って、お客様の目を楽しませてくださいと・・・。有難いことです。

まだつぼみが殆どで、咲いているのは5輪ほど。お客様、社員とともに、目と心の保養をさせていただいております。
O様は、震災前に会長が盆栽をやっていた頃の先生。いろいろな繋がりやご縁で、私たちは心癒され、幸せをいただいているのですね。

桜・・・といえば、先日知人(60代)が
奥様とお母様に
「うちにも桜が二つあるさ~」と言ったら奥様が???

「ほら貴女とおばあちゃん、立派な2つの姥桜でしょう?」と言ったら、妻にめちゃめちゃおこられました・・・と。
そりゃあ~当たり前ですわよね~、女性はいくつになっても「姥桜」なんていってほしくないですよぉ~~だ。ね!?女心は傷つきやすいのでございますよ。

さて午後から、地元テレビ局東北放送の有名なアナウンサー「石川太郎さん」が取材にいらしてくださいました。
本社を撮した後、手造りかまぼこ工房で会長夫妻の「手わざ」を撮影してインタビュー。

石川太郎アナ

石川太郎アナウンサーは、実は震災の数年前、仙台勾当台公園広場でTBC夏祭りに私どもが出店しておりました折、インタビューされて、いろいろお話したことがございました。
覚えてくださっておりました。大阪のご出身で、お母様が圭子と同じ徳島!!という共通点もあり、お話が盛り上がりました。

テレビで拝見しているそのままの、気さくであったかい雰囲気の「太郎さん」でございました。



2014.04.03.Thu

盛ってくれました!?

おばんでございます~

昨日、お客様が喜寿のお祝いにと、特注かまぼこのお問い合わせにご来店くださいました。

大きいものをプレゼントして宴席で切り分ける・・・・ということを想定しておられたのですが、「かまぼこの花束」であれば一個づつ出席者の方々に配ることもできるということで、「かまぼこの花束」になりそうです。有難うございます。
職人工房 ささ圭③
かまぼこの花束あななん

特注かまぼこのこと、ホームページなどでご覧頂いたのでしょうか?・・・とお尋ねしましたら、先般の「サンジャポ」でご紹介くださった私どもの「ホワイトデイかまぼこ」が、印象に残っていたので・・・とおっしゃいます。

「サンジャポ」の影響、恐るべし!!でございます。たいぞうさん、有難うございます!

「サンジャポ」といえば、後日談がございます。
あの放送中から本社の電話が鳴り響き、圭子も社員たちとともにその対応に追われておりまして、最後まで観ることができなかったのでした。

その後、友人たち・・・・とりわけ三代目を小さい頃からよく知っている人たち・・・から、憤慨してメールやらお電話をいただきました。

たいぞうさんが、最後に
「いやぁ、一ついいことがあって、震災前は継ぐ気がさらさらなかった息子さんが、この度継ぐことになったんですよ~」・・・・みたいなことを言ったそうなのですね。

友人たちは、三代目が小さい頃から「蒲鉾屋を継ぐ」ということを言っていたのをよく知っていますので、話を盛り上げるためとは言え、そんな風に放映したことを憤慨して、私に知らせてくれたのでした。

うふっ・・・・たいぞうさん、盛ってくれましたね!?


三代目の名誉のために申し上げますと・・・
小さい頃から継ぐことを自分も周囲も信じて疑わない・・・そんなふうに育ちました。3.11で継ぐべきものが無くなった・・・時も、そしてその後も、様々な葛藤の中にありながら彼は継ぐこと以外は考えていなかったのではないかと思います。

今製造の社員として、一から修行の日々がスタートしています。
フレッシュな気風をどんどんささ圭にいれて欲しいと願っています。



2014.04.02.Wed

桜便り

いよいよ4月となりました~おばんでございます~

花々が咲き、新緑に木々の芽が萌え出ずる季節の到来でございます。
桜便りが待ち遠しい・・・圭子でございますが、みちのく宮城の桜が満開になるのは今月半ばのようですね。

西行ならずとも、日本人には桜の好きな人が多いのだとか。咲き始めの可憐さ、満開の見事なこと、そして散り際の潔さ・・・・いずれをもってしても桜好きは日本人のDNAに組み込まれている・・・ということをいう方もいらっしゃるほど。

お花見の頃と言いますと、いつも連休前の超忙しい時期にあたりますので、お花見にはなかなか縁のない圭子。覚えているのは、遥か30数年前の「大河原のひとめ千本桜」。そして三代目が小学生の頃に行った仙台榴岡公園。いずれも夜桜で、桜の美しさはもちろんですが、寒い寒い印象が残っています。

四国や関西に比べて、みちのくのお花見は「寒いっ!」・・・というのが当たり前のようです。

現在の工場のバイパスを挟んで真西の位置に、東北地方で一番大きいとされる雷神山古墳がある丘があります。ここも名取市の桜の名所となっていますが、桜の季節にはなかなか訪れることができません。

閖上の日和山も桜の美しいところでした。道路の上まで枝々が伸び、たわわに咲き乱れている下を毎日車で通っていました。気ぜわしいのに、ここに通りかかるとなんとなく歌を詠みたくなるような・・・・、そんな気分にさせてくれる心惹かれる桜でした。

今年は日和山の桜、咲いてほしいものです。

4月から、消費税が上がりましたので、3月からそれぞれの売店でも価格対応に追われました。事前の準備もあって、なんとか各方面にスムーズに移行することができたのですが、新しいチラシがまだ出来上がりませず、困っております。お待ちいただいている皆様、申し訳ございません。ここ数日でなんとかできる見通しでございますので、今しばらくお待ちくださいますようお願いいたします。

花粉も飛び交い、またお隣の大きな国からの有り難くないものも飛び交っている今の時期。どうかお身体ご自愛くださいますように。




 | HOME |