笹かまぼこの「ささ圭」より

笹かまぼこの製造・販売のおかみ圭子の雑感

2014.11.30.Sun

閖上水産業の復活に向けて

みちのく名取 植松より、こんにちわ~
ささ圭の圭子でございます。

今日は11月最後の一日。カレンダーも最後の一枚となりました。明日からは「師」も「走る」といわれる「師走」でございますね~。師走の声を聞きますと、なんとなく気ぜわしい気持ちになるのは圭子だけではないのでは!?こういう時こそ、落ち着いて、ひとつづつ着実に仕事をしていかなくはと、あらためて自分に言い聞かせています。

昨日、冬用にタイヤ交換も無事済ませました。これでいつ雪が降っても、凍っても大丈夫!!。まっ、済ませましたと申しましても、自分で交換したわけぢゃあなくて、ちゃんと業者さんがやってくれるので、圭子のような機械音痴は本当に助かります。

「タイヤ交換、免許を取得以来一度もしたことがないわぁ~」・・・・と社長に申しますと、
「ホントに免許持ってんのか!?」と、あきれ顔・・・。でも女性ドライバーの皆様、同じようなものではないでしょうか??

更に、「自動車学校でタイヤ交換させられなかったのか?」と聞きますので、(徳島の田舎の自動車学校でした)
「代表の人がやってくれたのを・・・後ろからそっと見てただけ・・・」と答えましたら、更に驚かれてしまいました。あははっ・・・
でも笑い事ではなくて、誰もいないような道でパンクすることも無いことはないので、苦手と言えども一応は覚えておかなくてはまずい・・・ですわよね。

さて先週の中頃、閖上の「メイプル館」におきまして、「閖上水産業振興協議会設立総会」が開催されました。
急遽よんどころない所用ができてしまった社長の代理で、圭子が出席させていただきました。
141128_110357.jpg
市長・副市長のお二方、閖上選出の市会議員のお二方をご来賓として、私どものような元閖上の水産加工会社、漁師の方々、漁協の方々、それに名取市の職員の方々、総勢30名程の皆様が出席されておりました。

更に加えて、お見かけしたことのない3名の方々がいらっしゃいました。なんと、福島県の相馬からいらした水産関係のお仕事をされている方々とのこと。お話を伺いますと、地元福島での漁業の操業が極めて限られている現状と風評被害のあまりの厳しさに、新天地 閖上に会社を持ってこようとされているとのことでした。
今後閖上の水産業の復活に、多くのいろいろな方々の力が必要とされています。






スポンサーサイト
2014.11.24.Mon

郵便局のカレンダーにもささ圭の笹蒲鉾がっ!!

おばんでございます~
来年のささ圭のカレンダーが出来上がってまいりました~
数十年前からずっと続いておりました恒例の「江戸の華 纏ごよみ」を、昨年から再び復活させてお客様にご好評をいただいております。
2014まといごよみ

ひとくちにカレンダーといいましても、スケジュールをぎっしり書き込むタイプのものと、またそのデザイン性を楽しむものとに大きく分かれるような気がします。

後者のほうは、あくまでもデザイン重視。(ささ圭のも社名とかとってもちっちゃいです)とりわけそのお部屋の雰囲気が大きく左右されますので、大体は毎年同じものを定位置に掲げていらっしゃるお宅が多いのではないでしょうか。

ささ圭の「纏ごよみ」、皆様のおうちでどのように飾っていただいておるのか、楽しく思いを馳せる今日この頃でございます。

さて私共のカレンダーとは別に、今年の郵便局さんのカレンダーに「ささ圭さんの笹蒲鉾が出ていますよ!!」と、教えてくださった方がわざわざ届けてくださいました。

「ええ~っ!?まさか・・・」と思いつつ、広げてみますと・・・・
2014郵政カレンダー②
なんと、出てました~~

元閖上の局長さんだったK局長さんが、手にされているのは紛れもなく「ささ圭の笹蒲鉾9枚入り箱」と「こやき笹蒲鉾プレーン7枚入り袋」。全国にご紹介下さり、有難うございます~

まだ閖上郵便局は再開されておりませんが、私共もいつの日か必ず、「閖上」から発信できることを信じ、願っております。

※ささ圭の「江戸の華 纏ごよみ」は、今年生産を少し減らしました。12月途中で無くなる可能性がございます。ぜひお早めにご来店くださいますようお待ちしております。

※郵便局のカレンダーは、全国の郵便局でいただけるようです。
こんな表紙です。
2014郵政カレンダー
2014.11.22.Sat

広島といえば今は・・・

おばんでございます~
みちのく名取から、ささ圭の圭子でございます。

みちのくでは一足お先に紅葉もそろそろ終盤に近づいておりますが、皆様今年は紅葉狩りにいらっしゃいましたでしょうか。
「時雨を急ぐ紅葉狩り・・・・」謡の一節が口をついて出るのもこの時期、一雨ごとに寒さも本格的になっていくようでございます。

実はわたくし、一昨日広島に行ってまいりました。
蒲鉾の機械メーカーであるB社様の竣工落成式にご招待いただいたのでした。

このB社様とはずっと昔からの古いお付き合いということに加えて、震災後、私どもが全てを無くした中、「手造り」の笹蒲鉾を造ろうと思い立ったとき、大きな石臼をなんと無料でご提供してくださったという大変御恩のある会社様だったのです。

あの時、あの石臼が無ければ、製造を再開することは叶いませんでした。実に多くの方々にご支援やご声援をいただき、何とかここまでこれた私どもですが、このB社様にも言い尽くせないご恩があり、この機会になんとしても感謝の気持ちをお伝えしなくてはと、行かせていただいたのでした。
あの日あの時、「有難いなぁ・・・」・・・・と社長と涙した思いは、今も決して忘れることはありません。
B社様の益々のご隆盛をお祈りしながら、帰ってまいりました。

翌日は、せっかく広島まで来たのだからと、早起きをして「安芸の宮島」まで足を伸ばしてみました。
「宮島」といえば、まず海に立つあの大鳥居がとても有名なのですけれど、中程にある海に浮かぶ能楽堂も何とも風情がございました。圭子が一度行ってみたかったところの一つでした。

「安芸の宮島」は、春の桜とともに、紅葉の美しいところと聞いておりましたが、赤・黄・橙・・・今まさに見頃の、それはそれは見事な錦模様。(画像がなくて申し訳ありません)

こちらの地では、「紅葉」が何かと象徴的に使われておりまして、島の一つのシンボルにもなっているようです。
社員の皆へのお土産は、モチロン・・・「紅葉まんじゅう」!!・・・・定番かっ!?
今ちょっとしたブームの、「生紅葉(なまもみじ)」にいたしました。従来の「紅葉まんじゅう」にない、ちょっぴり乙な味でございます。

どの業界でも、次々と新製品を考えるものなんですよねぇ~
2014.11.14.Fri

お歳暮のご案内

おばんでございます~
朝夕の冷え込みが大変厳しくなってまいりましたね。
お風邪などひかれてませんでしょうか。
圭子の周りでも、マスクをしてぐずぐずお鼻の人たちがかなり多くなってまいりました。流行ってきております。
皆様、どうかお気をつけくださいませね。


10月から11月、とってもいい気候の時期でもございますので、商談会・展示会や催事が目白押しでございます。

特に催事は実演販売になりますので、数カ所が重なってしまいますと、急遽、製造部からの応援ももらって、とにかく「全員で乗り切るっ!!」・・・・ことで、何とかこなしてきているのが現状です。

製造担当の社員が外に出る・・・ということで、慣れないこともございますが、日頃販売経験のない社員が店頭にでることによるプラスの面も少なくありません。

お客様のお顔を見るというめったにないチャンスを通して、自社製品に対する愛着がより一層湧いてくる・・・ということもその一つ。お客様の気持ちにどのようにすれば寄り添うことができるのか・・・学ぶ機会にもなっています。

私どものような小さな会社でも分業のような形態になっておりますと、他の部署の仕事がなかなか見えづらい・・・ということもございます。お互いの仕事の理解を深める意味でも、朝市やこのような催事で新しいことを経験して、日頃の仕事を改めて見直し、製品造りに関わっていって欲しいと願います。

さて、お歳暮のご案内も今年は10日に出し終わり・・・・、そろそろ御用命のお手紙やファックスを頂戴するようになりました。有難うございます!!このダイレクトメールも大きな会社さんでは専門のところに委託するのが常ですが、私共では社員の総力を結集してお出しするようにしております。

心を込めて、感謝の気持ちを込めて、一枚一枚・・・・。
大津波で全てのお得意様名簿が失われ、その年の7月1日に手造りかまぼこ工房から始まったお得意様の名簿。大切な大切なささ圭の宝物です。3年という歳月を経て、ずいぶん増えてまいりました。本当に有難いことです。

ご案内がまだ届かない方、見てみたいなぁ~とお思いの方、ぜひご一報くださいませ~。

 | HOME |