旬の花時計
プロフィール

ささ圭の圭子

Author:ささ圭の圭子
宮城県名取市ゆりあげの笹かまぼこ製造直販のささ圭です。
ホームページはこちら!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

竹筆が取り持つ不思議なご縁

おばんでございます~
みちのく名取では桜も葉桜となり、今ちょうど青森県の弘前あたりを北上中のようですね。
4月から5月の連休にかけて、みちのくを縦断する桜前線を追いかけて、各地の桜を愛でる旅をする風流な旅人が少なくないそうです。ふう~っ、なんとみやびな・・・・。羨ましいですね~!!

そんな弘前に、桜見物ではなくお仕事で向かっていらっしゃる金沢のお客様お二人が、今日本社にお立ち寄りくださいました。
震災後、初めて出店した東京の催事で、ちょっとしたご縁がきっかけで、今もお付き合いさせていただいておりますN様とI様。お付き合いと言いましても、金沢と宮城ですので、たまにお手紙のやり取りをする程度なのですけれど。

このお二人は圭子の両親の年齢に近い方々なのですが、なんとご自分のお車で金沢からいらっしゃいました。2年半前に工房にお立ち寄りくださったことがもあり、久々の再会となりました。

圭子とお会いするなり、
「う~ん、元気そうだ、良かった!!」「元気そうだね、良かった、良かった」・・・・と、涙ぐまれているお二人。

あの時(2年半前)圭子が、実はとても疲れた顔をしていたので、とても心配していたとおっしゃるのです。圭子はそんなつもりはなかったのですが、今振り返りますと、工場ができる直前で、なんだもなく(とんでもなく・・・の意)慌ただしくしていた時期。それが顔に出てしまっていたのでしょうか。お恥ずかしい限りでございます。

確かにこの4年間に撮った写真を見ておりますと、この大きな震災が自分の顔にしっかりと刻まれていることに驚かされます。その撮ったときは、全く感じないのですが、後になって見てみますと・・・・・。

さてこのやさしいお二人は、金沢で珍しい「竹筆」を製造販売されている方々なのでした。
DSC_0112.jpg

また今日は、お土産にと圭子に素晴らしいこの1本を届けてくださいました。
竹筆は、竹の種類や性質を生かして1本1本手造りをするので、一つとして同じものはできないのだそうです。全て手造りの技が生きている・・・・・、一つとして同じものは無い・・・・・ん、??・・・私共の「手わざ笹かまぼこ」みたいです。

竹の成長力と、真っ直ぐに伸びるその様にあやかりますようにと、頂戴いたしました。有難うございます!!
何を書きましょうか~~どう描きましょうか~・・・・
書いてる時は無心になれるとっても貴重なひと時。

両親のようなお二人は、「安心しました。」という言葉を残され、颯爽と車で弘前を目指して旅立たれました。
どうかご無事で・・・
スポンサーサイト

名取まさに、お祭り一色!!の一日に・・・

おばんでございます~
花冷え・・・というのでしょうか、昨日の暖かい一日が嘘のように、また寒空が広がっておりますみちのく名取から、ささ圭の圭子でございます。

昨日はまさに「お花見日和」でございました。一日順延した「名取春まつり」、大勢のお客様で賑わいました。
私どもも遊里揚げの実演販売をしながら、「お花見かまぼこ」の限定販売。
桜の下で、ゆったりと「お花見かまぼこ」を広げる方々もいらして、長閑なまさに春爛漫の景色でございました~。
DSC_0059.jpg
お昼前に、会場を抜け出して、「美田園第一仮設」へ。
実はこちらに今日、越谷市から「阿波踊り」の皆様が大勢、復興支援でいらしてくださったのでした。
圭子が徳島出身ということで、事前にこの会の方からお声がけをいただいておりまして、「阿波踊り」を楽しみにしておりました。
仮設の中にお囃子が鳴りひびき、阿波踊り一色になりました!!可愛らしい子どもたちの愛らしくも巧みな踊り、女性の艶やかな舞姿、勇壮かつユーモラスな男踊り・・・・。今回で、この方々が阿波踊りで訪問してくださるのは4回目とのこと。遠く越谷から、わざわざ私たちを励ましにいらしてくださったことに心から感謝でございます。
DSC_0071.jpg
仮設の方からも、「閖上大漁歌い込み」を舞ってお返しをいたします。仮設の皆さんも阿波踊りに、笑顔が溢れた一日になったようです。有難うございました。
DSC_0068.jpg
この後、手造りかまぼこ工房に戻り、「おふるまいかまぼこ」の準備をいたしました。
昨日はいろいろなことが重なった日で、工房の近くにあります増田神社のお祭りだったのですね。
子ども神輿と、大人のお神輿の渡御があるということで、今年初めてコースが変更になり、私共の駐車場がお休み処ろになったのです。
おとなと子ども合わせて150人ほどの方々が賑やかにお神輿をかついでお立ち寄りくださいました。
神主さんから社長と三代目、圭子そして社員たちも合わせてお祓いをしていただきました~。
閖上の湊神社のお神輿も、私共の本店前がお休み処になっておりましたので、思い出してしまいました。工房も、増田の地域の方々にますます愛されるお店になっていかなくてはと思います。
DSC_0079.jpg

海苔まきまき蒲鉾!?

桜餅風かまぼこ②
おばんかたでございます~
みちのく名取から、圭子でございます。

名取市役所の桜もピンクのつぼみが色濃くなって、もう今にも一斉に咲きだしそうな風情。ここを会場に一週間後の11日、「名取春まつり」が開催されます。

その頃にはちょうど満開の見頃となることでしょうね。
その日に会場で販売する、「お花見かまぼこ」の見本ができあがりました~!!

海苔まきまき蒲鉾
海苔にすり身を伸ばし、アスパラガス、人参、さつまいも、ごぼう、かぼちゃ・・・・色とりどりの野菜を芯に巻き上げた「ささ圭の海苔まきまき蒲鉾」。野菜の味と、すり身と、海苔が、何とも言えない味のハーモニーを醸し出します。

桜もち風かまぼこIMG_1933_convert_20150403165947
そしてこちらは・・・・なんとっ!!桜餅風の蒸し蒲鉾。中には少し甘味を抑えた黒豆がはいっており、桜の葉の香りが何とも言えずマッチした創作蒲鉾でございます。
実は震災前、この桜餅風の揚げかまぼこを造っておりましたが、今回は蒸しかまぼこになって復活!!いたしましたの。

たけのこたっぷりの揚げ蒲鉾も春の香りを運んでくれます。
一口サイズの笹蒲鉾とお詰め合わせになっております。

今回は4月11日、春祭りの会場と、売店で事前予約の方のみに販売させていただきます。ご発送はできませんので、店舗に11日にお引き取りにいらっしゃれる方だけの特注蒲鉾セットでございます。

満開の桜の下で、この「お花見蒲鉾」を広げて、ご家族と、お友達と、楽しいひと時をお過ごしくださいませ~。

桜の開花

おばんかたでございます~
みちのく名取にもようやく桜の開花が!!明日4月3日が、ここみちのく名取の開花予想日なのでございます。
今朝からのうららかなお陽様に誘われて、思わず開花してしまいそうな気がいたします。

この辺ですと、ここ植松工場のちょうど真西の丘にある東北最大級の前方後円墳「雷神山古墳」公園。また名取市役所の桜もまたそれは見事ですので、お近くにいらしたらぜひお立ち寄りいただきたいお花見スポット。
閖上に住んでおりました頃は、わざわざ見に行かずとも日々の暮らしの中で、日和山や湊神社の桜がその時期を教えてくれたものでした。

また富山のお客様から頂戴したチューリップの球根が、工房店と植松店の店頭でそれぞれに勢いよく花を咲かせようとしています。もの皆萌えいづる、まさに春爛漫・・・といったところでしょうか。

先月は何やかやと慌ただしく過ごしておりますうちに、あっという間に4月になってしまったような気がいたします。
4月は学校では入学シーズン、そして各職場では、転勤や新しい配置替え、また新人の研修等々何かと人の出入りの多いのも今の時期の特徴でしょうか。私共の工場でも、中途採用ながら新人社員らの研修が始まっております。一日も早く、「ささ圭」の色に染まって欲しいと思います。そして受け入れる社員は、先輩として接することで、もう一回り大きくなって欲しいと願います。

また、花は花でも有り難くない「花粉」が、例年以上に多く舞っているようです。というのも圭子は未だに花粉知らず、この年になっても全く感じたことがないという社長に言わせると「猛者もさ」なのですが、テレビの花粉情報よりもより正確でより早い!!という極度の花粉症の社長にとって、「今年はかなりきつい・・・」とのこと。花粉だけでなく、黄砂やPM2.5という有り難くないものまでが次々に飛来してきております昨今、外出時のマスクは欠かさない方がいいようです。

日中の暖かさに比べますと夜には急に冷え込んで、寒暖の差が激しいのも今の時期ならではのこと。体調を崩しやすいので、皆様どうかお気をつけくださいますように。