おばんでございます~
みちのく宮城、名取からささ圭の圭子でございます。

みちのくはまだ梅雨入りもなく、そろそろ七月というのにどうしたことでしょうか。
仙台七夕は一ヶ月遅れの8月なのですが、全国的には7月7日が七夕。ささ圭では七夕かまぼこの製造も始まっています。

こちらは仙台のH様より頂戴した手作りの仙台七夕飾り!!
先般の展示会の展示ブースにも飾らせていただいておりましたが、ようやくまたお店に戻ってまいりました。
DSC_0221.jpg
なんと、全て手造りのこの七夕飾りは仙台の一番町4丁目商店街の女性有志の皆様9人が数年前からお作りになっていらっしゃるのだそうです。

いゃあ~見れば見るほどかわいらしい・・・・

仙台七夕・・・といえば、誰しもあの大きなくす玉が乗っかった吹流しをご想像なさることと思います。
でも本家本元の「仙台七夕飾り」というのは、この七つ飾りなのでございます。吹流しはその7つ飾りの一つが発展していったもの・・・のようです。

その七つ飾りの中身は・・・(同封の説明書より)
★短冊(たんざく)   文字を書いて学業や書道の上達を願います。

★紙衣(かみごろも)   衣装を縫う技の上達や子どもの健康を願います。

★折り鶴(おりずる)    祖父母や父母の長寿を願います。

★巾着(きんちゃく)    商売繁盛を願い、貯蓄のシンボルとして。

★投網(とあみ)     お魚がたくさん捕れるよう網をかたどっています。

★吹流し(ふきながし)     昔の五色の糸をかたどったもので、機織りの技の上達を願います。

★屑籠(くずかご)     七夕飾りに使った紙の切れ端をいれ、清潔と節約の心がけを養います。 これってすご いことですよね~っ!!! 

 我が国の昔の人々の知恵・美意識・そしてちょっとした遊び心を感じます。
このひとつひとつが「幸せへの祈りを込めた伝統の賜物」であると書かれてありました。H様始め4丁目商店街の女性有志の皆さまの仙台商人としての心意気を熱く感じました。

H様、有難うございました。私たちはもとより、お客方様にも和んでいただいております。

スポンサーサイト
おばんでございます~
気温の変動が激しい今日この頃ではございますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

先般から「みやぎの雫」のことを書かせていただいておりますが、まだホームページにアップしないのはなぜ!??
実はまもなく私共のホームページを一新いたします。今までその準備に追われておりましたが、何とか来週初めには出来上がり、新しいヴァージョンのホームページに生まれ変わります。

あ、モチロン「圭子のブログ」もそのまま残しますので、どうか拙いブログではございますが、末永くおつきあいくださいますようお願いいたします。

その中で、「みやぎの雫」もお買い物していただけるようになっておりますので、あと数日間、お待ちくださいますようお願いいたします。

今日はささ圭始まって以来初めての嬉しいニュースがございます~!!

この「みやぎの雫」、なんとっ!!仙台駅構内の売店で、本日より発売されることになったのでございます~

☆仙台駅1階 「食材王国みやぎ」の売店

☆仙台駅2階 「びゅう」のななめ向かいの「お土産どころ 3号売店」

☆仙台駅3階 牛タン通り入口の売店 「お土産どころ 4号売店」

☆仙台駅3階 新幹線の改札を入って右前方の「お土産どころ 6号売店」


仙台にご出張の方、また仙台から各地へお土産として持っていらっしゃる方、ぜひぜひこちらの売店でお買い求めいただきますよう、お願いいたします。

その折には、「ささ圭のみやぎの雫!」と、ご指名くださいますように。どこの売店かわからなくてウロウロしましたというお声もいただいております。少々わかりづらいかもしれません・・・。

また仙台空港でもお買い求めいただけますので、飛行機をご利用の方はぜひこちらで。
おばんでございます~
みちのく名取ささ圭より、圭子でございます。

ようよう長い二日間が終わりました。
私どもささ圭にとって今まででにないくらい、様々な分野のバイヤー様方の反応が大きい展示商談会でございました。疲れも吹っ飛ぶくらい!?有難い商談会となりました。
DSC_0212.jpg
私共のブースにお立ち寄りくださいました皆様、本当にi有難うございました。
厚く御礼申し上げます。

朝一番から、テレビを見てくださったバイヤー様方も次々と!!昨日から今日にかけて、ニュースでも三代目がプレゼンしているところが取り上げられたようで、なんと5回位見ましたよ・・・とおっしゃる方も。さすが全国放送、しかもNHK様の影響力は絶大なものがございますね~。全国からも多くの方々からご連絡やご注文を頂戴しております。有難うございます!


多くのご来場者の中に混じって、今日はこの「みやぎの雫」全てのデザインをしてくださったデザイナーのМ様やコーディネイトしてくださった皆様もも激励にいらしてくださいました。有難うございました。
皆様やはり、「とうとうできましたね・・」と、感無量のご様子。

デザインの面ではいろいろと途中で変更してしまい、ご迷惑をおかけしてしまったにもかかわらず、今日の日をとっても喜んでくださいました。有難うございました。感謝の一言でございます。
DSC_1106_convert_20150617201202.jpg
これからもこの「みやぎの雫」を大切に育ててまいりたいと思います。
・・・・ってあれ? 昨日は嫁に出したんぢゃなかったっけか!?

今日はまた、仕事には関係はないのですが、ひとりの女性との出会いがございました。
まだ会場がオープンする前に、準備をしておりましたらハッピ姿の70代くらいの女性がいらっしゃいました。三代目に、「今朝ホテルのテレビで貴方をみて、頑張っているなぁと思い来ました。かまぼこの注文をしたいのですが・・・」とおっしゃる岩手県の沿岸部の水産加工会社の社長の奥様でした。

お聞きすると、やはり「二つの水産加工工場が全て津波でやられ、どん底にいたが今ようやく工場もできて、以前のように製造販売をしている」とのことで、今回は社員のかたと一緒に出店されたのだとか。疲れで体調を崩しがちの社長様のことを案じつつ、元気な笑顔で「お互いに女同士、頑張りましょうね!」「頑張れば何とかなりますよ」とおっしゃり、ガッツポーズ!!二人共お互いの境遇がわかりあえ、涙ぐみながらも笑顔でお別れしたことでした。

沿岸部ではどこでも皆さんやっぱり頑張っておられるんだなぁ・・・と、心が奮い立たされたような気がいたしました。
私たちもまだまだこれから!!
この出会いにも心から感謝でございます。


おばんでございます~
先ほど展示商談会から帰ってまいりました。

今回は、震災後の東北最大の水産加工品展示商談会とあって、国から復興副大臣、また宮城県知事様始め多くのご来賓の方々がテープカット。
東北復興水産物商談会2015①
私共ささ圭のブースです。昨日数時間かけて準備しました。
今回も、「みやぎの雫」を中心にレイアウト。
朝一番に、この製品の監修をしてくださった野菜ソムリエのカワシマヨウコさんがいらしてくださいました~。
今日の日をとっても楽しみに待っててくださったとのこと。有難いことです。カワシマさん始め、この製品には欠かすことのできない大切な方々がたくさん関わってくださっています。皆さまのお力添えをいただき、ようやく、娘を嫁に出した・・・?ような?心持ちの社長と圭子。そして三代目や社員も同じ気持ちではなかろうかと思います。感謝の気持ちでいっぱいです。
東北復興水産物商談会2015②
こちらは、三代目による「新製品 みやぎの雫」のプレゼンテーション!!
あ、ら、ら、緊張してるわぁ~・・・ この様子も昨日に続きNHKさんが収録中。
東北復興水産物商談会2015③
おかげさまで、今日もまた私共のブースにたくさんの方々がご来場くださいました。
通常はこの展示ブースでお客様に製品の説明をしたり、名刺交換をしたり・・・。またご試食もしていただきます。
商談時間になると隣の商談室に行き、商談をする、という近頃流行り?のスタイル。

商談会だけでなく、この展示会でも商談が成立してしまうこともございますので、とっても気を遣います。ぜったいに気が抜けませぬ。でもさまざまな方々と出会うことができるとても貴重で素敵な場でもございます。圭子は気を遣いながらも、どちらかといえば、この出会いを楽しんでいるほうかもしれません。

昨日から今日にかけてずっと「みやぎの雫)とともに三代目を取材してくださったNHK仙台放送局様。
夕方の6時半ころ、「てれまさむね」で6分~7分も特集で放送してくださいました。

明日は全国放送です。
ただ・・・時間が・・・申し訳ございませんが、NHKで、朝の4時台と5時台の2回、放映される予定とのことでございます。
夕方ではなく朝の4時台、5時台でございますので、ちょっと早起きをしてご覧いただけましたら嬉しいです。

「・・・録画すればそんなに早起きしなくてもいいですよね!?」・・・と、社員のSさん。あはっ、確かにね・・・。

多くの方々と、社員の力が結集してできたこの「みやぎの雫」。今後、みやぎのお土産として、全国に広まっていくことを夢見ている圭子でございます。


おはようございます~
みちのくみやぎ・名取からささ圭の圭子でございます。

今日明日と二日間、仙台国際センターにおきまして、東北6県の商工会議所主催の大規模な「東北復興水産品展示商談会」が開催されます。

6月5日に(みやぎの雫」発売以来、多くのメディアからご紹介をいただいております。
そのひとつとして、昨日からNHK仙台放送局さんの取材をお受けしています。

「ささ圭のみやぎの雫」に関わる特集を、5~6分だと思いますが。
今晩夕方の番組を東北地方でNHK「テレまさむね」で。
そしてなんと明日17日の朝、同じものがNHK{「おはよう日本」で放映される予定でございます~

この商品を中心になって開発した三代目がクローズアップされることになっております。
お時間ございましたら、ぜひご覧下さいませ!!
全国放映
おばんかたでございます~
みちのく名取、ささ圭より圭子でございます。

ささ圭始まって以来、初めての本格的な?・・・・というには小さいのですけれど・・・七夕飾りでございます。
DSC_0200.jpg
去年あたりから、社員から七夕飾りを作りたいですね・・・という話がでておりましたが時間切れ・・・。
6月に入って今年こそは何とかと、いつもディスプレイのお花などを買わせていただいている仙台のP社さんで材料を買い求め、作り方を伝授していただきましたの。

放課後クラブ・・・と称して、社員有志に仕事が終わった後残ってもらい一緒に作りました。お昼休みには、他の社員たちもお花作りを作って助けてくれました。そしてようやくできあがったのがこれら10本。社員皆の思いがこもった七夕飾りでございます~
意外なことに、女性社員に混じって男性社員も手伝ってくれまして、大きな身体のFさん(男性)が身体を曲げてちっちゃなお花を作っている姿はとってもかわいらしいものでございましたよ。あはっ・・・

些細なことかもしれませんが、社員たちから「作りたい」と言ってくれたことが、圭子はとっても嬉しかったのでした。
お客様に喜んでいただける・・・それが私たちの喜びであるということを、社員一人一人が感じていることを知ったからでございます。
来年はもっと大きなものに挑戦したいと思います~

さて今日は午前中、京都の立命館大学様から「西園寺塾」の塾生の皆様が17名、こちらにいらしてくださいました~
去年はちょうど「お客様感謝デー」に当たっておりましたので、一般のお客様方に混じって手焼き笹かまぼこ体験をしていただきましたが、今回は特別に手焼き体験!
DSC_0202.jpg
このあと社長と圭子から、震災から今までのこと、そしてこれからのお話をさせていただきました。

ちなみに「西園寺塾」の塾生の皆さんは学生さんではなく、あくまでも一般人の方々。それぞれの企業や行政で活躍をされているはえぬきの方々ばかり。今回はその学びの中で、東北の被災地を訪ねてくださいました。昨年に続いて2回目となります。

社長と圭子の母校、立命館大学の皆様にはこのようなことでも大変お世話になっております。皆様、有難うございました。

おばんでございます~
本日は仙台駅のホテルメトロポリタンにおきまして、「七十七銀行」様と宮城県主催の展示会商談会が開催されました~
P1010459_convert_20150610192457.jpg
今回の展示スペースはなんと!!90センチ×90センチ
この小さな空間に、ささ圭の新作を含めた渾身のディスプレイをいたしました。各社ともにそのディスプレイのやり方も様々。よりアピールできる方法を、頭を悩ませながら作り上げているようです。

急遽、地元のテレビ局東北放送様のインタビューをうけ、その様子が早速夜のニュースで取り上げられました~
「みやぎの雫」のこだわりや、わたしたち作り手の思い・・・・などなど、お話させていただきました。

午後からは商談会。また多くの方々とのご縁をいただきました。このいただいた機会を今後何とか生かすことができるようにと思っております。
商談の機会を作ってくださった県の皆様、七十七の皆様、そして商談してくださったバイヤー様方、また展示ブースにいらしてくださった皆様、本当に有難うございました。

多くの方々に助けられ、誕生したこの新製品。
どうか宜しくお願い致します~

こちらは会場入口に設けられた宮城県の補助事業で誕生した新製品コーナー(左下が みやぎの雫)でございます!!
P1010465_convert_20150610194311.jpg





みやぎのしずくチラシ
新製品ができました~明日6月5日新発売!!

おばんでございます~
みちのく名取ささ圭から、渾身の新製品が誕生いたしました~

その名も、「みやぎの雫」と申します。
約一年前からこの構想は始まりました。

宮城県産の安全安心な、そして元気いっぱいの野菜を使ったチーズinかまぼこ。クリーミーなチーズも野菜の味を損ねないように、とってもマイルドなものを探しあてました。

野菜ソムリエのカワシマヨウコ先生に監修していただいております。
まもなくアップいたしますので、今少しお待ちくださいますようお願いいたします。

「どうしても待ちきれないわっ!!」という方は、お電話いただきましたらお送りすることもできますよ~。

下記のようなこだわりの宮城県産野菜の味をこわさないように、そして存分に野菜・チーズ・かまぼこ三者のハーモニーを味わっていただけるように、苦心工夫いたしました。

◆蔵王山麓の北限の柚子 

◆栗駒山麓の枝豆(ずんだ) 

◆登米耕土のごぼう

◆仙台平野の仙台雪菜

◆大崎平野の完熟赤ピーマン

◆ かぼちゃは一番美味しい収穫時期に合わせて、宮城県内から取り寄せます。

かわいらしい「みやぎの雫」。この名前は三代目が名付け親でございます。
みやぎの新しいお土産として、ぜひお試しくださいますようお願いいたします~。
2015.06.02 自社製品
先日、仙台の大手蒲鉾会社K崎さんの社長様の講話を聞く機会に恵まれました。

以前にこのブログにも書いたことがございますが、震災後、再開する際にi揚げかまぼこのフライヤーを頂戴したという御恩のある会社様。今までなかなか圭子もお会いする機会がなく、ようやく今回社長様に直接お礼を申し上げることができました。

ご講話の中で、とても興味深かったことの一つ。

数十年前、まだ多くの売上がなかった頃、社長様はナンバーワンの蒲鉾屋になりたいと思われたそうです。
そんな折、「社員の中にはお使い物に自社の蒲鉾ではなく、他社の蒲鉾を使用している者がいた」という事実を知ることになります。「これは駄目だ・・・」と、思われたと続けられました。

それからいろいろとご苦労をされ、今や仙台でも1・2位を競う大手かまぼこ屋さんに!!おそらく現在は、そういった社員さんがたは皆無であろうと思います。社員の皆さんひとりひとりが生き生きとお仕事されている姿が、印象的でした。

10年くらい前の話。
ある女性の校長先生とお会いする機会がありました。
「私はささ圭さんのことを、よく知っていますよ。ささ圭さんのかまぼこは日本一美味しいかまぼこなんですよね!?」と、微笑まれています。

この校長先生が若かりし頃(多分30年くらい前)、閖上小学校に勤務されていたそうです。その時担任した中に、今は亡き元社員Oさんの子供さんがいたのです。

家庭訪問した折、
「先生、このかまぼこは俺が作っているささ圭のかまぼこだよ。このかまぼこは、原料もいいものしか使わないし、キッチリ作っている日本一旨いかまぼこだから、まず食べてみさいん」と勧められ、食べると、本当に格別の味でした・・・・とおっしゃるのです。

先生は、「美味しいことはもちろんですが、こんなふうに自社の製品にものすごい誇りをもっている社員さんたちが作っているものが、旨くない訳が無い」 「ささ圭さんて、すごいなぁ~。社員さんたちがこんなふうに思っているなんて」と、大変驚き、感動したそうです。

そのお話を伺いながら、圭子は泣けて泣けて仕方ありませんでした。
もうその頃には、Oさんも病で鬼籍に入られておりましたが、Oさんの無骨な昔気質の面影を思い出しました。生きているうちにこの話を聞けていたら、Oさんにお話したのになぁ・・・と残念でした。「らいかい」というすり身を練り上げ調味する作業一筋で、「らいかい」は、Oさんに任せて安心・・・という人でした。

今の私共の全社員が、心の底から、「自社の製品が日本一!」と、胸を張って答えられるでしょうか。全社員が、自社製品に誇りと自信を持って家族や他の人に勧めているでしょうか。もしそうでない人が一人でもいたとしたら、それは、言うまでもなく社長や私(経営者)の責任です。

震災以来、多くの方々にご支援、ご声援をいただき、今のささ圭があります。5年目を迎え、「ロー」から「セカゥンド」に切り替えたギアを更に、「サード」に切り替えていく時が来ていることをひしひしと感じています。

感謝の気持ちを決して忘れず、いいものづくりに今こそ全社を挙げて取り組んでいかなくては・・・と、思いを新たにしたことでした。




おばんかたでございます~
みちのく宮城から、圭子でございます。

今日から六月。今月末になりますと、なんと一年の半分を過ぎてしまったことになり、少々焦りを感じる圭子でございます。

先週の土曜日の午前中、お隣の岩沼市で「千年希望の丘植樹祭」がありました。5000人を超える大勢の方々に混じり、、圭子も法人会女性部会として参加。10本くらい植えさせていただきました。

社長も植栽中。ちょっと・・・お腹の周りが・・あれ・れ?
DSC_0172.jpg
こんなに見事に植え終わりました。5000本が植えられたそうです。
DSC_0177.jpg
5年後、10年後、そして20年後には見事な森になる予定でございます。後世の人々のために、今私たちがやらなくてはならないことがたくさんあります。

さて夕方からは、社内の「連休お疲れさん会」がありました~。
期待の新人の3名が、今後の豊富を語ってくれました。頼もしい限りです!!
ささ圭に入社して良かった・・・と思ってもらえるような会社に皆でしていかなくてはねっ!!
あらためて、皆の気持ちが一つになるいい機会となりました。
DSC_0180.jpg
新人も交え、ささ圭、いよいよ本格的に稼働してまいります。
お客様に笑顔になっていただけるよう、「心に響く 舌おどる 」ような蒲鉾をお届けしてまいります。
これからもささ圭を、どうか宜しくお願い致します~!!