旬の花時計
プロフィール

ささ圭の圭子

Author:ささ圭の圭子
宮城県名取市ゆりあげの笹かまぼこ製造直販のささ圭です。
ホームページはこちら!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

三代目が長期研修です。

おばんでございます~
みちのく名取 植松から、ちょっぴり寂しい圭子でございます。

明日から10月、もう今年も残すところ3ヶ月!!・・・・と思いますと、なんとなく焦る気持ちと、寂しい気持ちの両方を感じるのは私だけではないのではないでしょうか。

「ぢゃあ、行ってまいります!!」本日、名取駅から三代目が旅立ちました。
実は東京の大学校に入るため、本日上京したのです。来年の7月まで、なんと、10ヶ月という長い期間の研修になります。寂しい~!!

卒業して1年半という期間ではありましたが、私自身、何かと三代目に頼る部分も多かったので、流石にこれからの10ヶ月という月日を思います時、かなり堪えます~。しかしながら、彼が研修を終えて帰ってくる日まで、社員とともに皆で力を結集して、頑張りたいと思います。

今の時期が果たして彼にとってベストな時期なのか、いろいろと社長も本人も考えて、選んだ道です。決して後悔のないように、学んで来てもらいたいと願っています。

仕事の引き継ぎもあり、お得意様方にご挨拶もせぬまま、慌ただしく上京してしまいました。この場をお借りして、お詫び方々、ご報告させていただきます。

スポンサーサイト

十五夜ごらんになりましたでしょうか?

♪「ひとむら薄(すすき)の  穂に出づるはいつの名残なるらん・・・・・・」 能楽「井筒」の一節。この曲は、大学4回生の発表会に私たちが出した思い出深い能楽の詞章。何十年たっても忘れることはなく、思わず口ずさんでしまいます。

稲刈りの終わった田んぼの畦のそちこちにすすきの穂が風にそよいでおります。
「あ~、もうこんな時期なんやなぁ~」と、しみじみ。

こちらは、我が家の「ひとむら薄」。一抱えほどございます。
一口にすすきと申しましても、いろいろな種類があることを最近知りました。ちなみにこれは「タカノハススキ」と申しそうでございます。古くから古くから日本で栽培されていた種類ですが、葉っぱの模様が虎斑のように斑になっているのが特徴なのだとか。
DSC_0313.jpg

前に住んでいた方が花草木のとてもお好きな方だったので、小さな庭ながら、いろいろな植物が植えられておりまして、四季折々に心を癒してくれております。ご近所の方が、珍しいので十五夜に上げたいので、わけていただけませんか・・・と。モチロン、どうぞどうぞとお届けさせていただきました。皆様に喜んでいただき、かえって恐縮です。

そう、昨夜は十五夜でしたね。数日前からのぐずぐずした雨も上がり、まん丸お月さんが煌々と・・・。右上が満月。あつさんが、このタカノハ薄を少し手折り、ちょうど隣に可憐に咲いている野草のようなものをあしらって、飾ってくれました。お月見で、お月さんを愛で、お月さんに感謝・・・。
DSC_0319.jpg
ささやかなことですが、日本人であることを感謝して、楽しみたいと・・・つくづく思います。




お気をつけてお帰りくださいますように・・・

嵐様の公演で、連休中の宮城県(近辺の県までも!!)は、大混雑しております。
まさに、「嵐のような」混雑ぶりかと。今回の公演で、21万人が宮城にいらっしゃるのだそう。それに伴う経済効果が、なんとっ98億円!!・・・・・と見込まれているとか。はぁ~っ(ため息)

この嵐様を呼んでくださったのが、かの村井宮城県知事様ということは、ご存知ない方もいらっしゃるのではないでしょうか。
「被災地宮城県の復興支援に!!」ということで、お願いをして、叶えていただいた・・・・ということらしいのです。(えらい簡単に言いますと・・・)
村井知事様、いろんなネットワークをお持ちなのですね。
すごいですね~

このコンサートで、初めて宮城を訪れた・・・・という若い方々も多いようです。夜を徹して移動される方々が非常に多いということで、おかげさまで、高速道路の各サービスエリア売店でも、夜中のうちにたくさん買っていただき、品物が切れそうに・・・・!!私共ささ圭でも納品のためフル生産で頑張っております。

そんな中、今日の午後、東京から工場見学の皆様が大勢でいらして下さることになっておりました。やはり道路が異常に混み合っていたとのことで、ご到着時間が遅れに遅れ・・・・薄暗くなってからのやっとのご到着。二組に別れていただき、社長からお話をさせていただきました。海洋大学の学生さんたちが多かったようですが、社会人の方々も混じって、熱心にお聞きいただきました。初めて被災地を訪れた・・・という女子大生の皆さんも。

どのようなきっかけにしても、若い方々に、宮城に足を踏み入れていただき有難いことだなぁと思います。宮城をもっともっと知っていただき、宮城をもっともっと食べていただき(笹かまだけぢゃなくね)、宮城をもっともっと好きになっていただきたい・・・と思います。

コンサートの皆様、工場見学の皆様、どうかどうか、道中、お気をつけてお帰りくださいませね~



今日からSW、嵐、そして新工場竣工三周年!!

今日から始まったシルバーウィーク、皆様、いかがお過ごしでしょうか。
おかげさまで会長夫妻も今日も元気に、手造りかまぼこ工房に来てくれております。(午前中だけですが・・・)

お天気に恵まれた、爽やかな秋のシルバーウィークの始まりとなりましたね。

また明日からは、お彼岸・・・・ということで、各地で賑わいそうな予感でございます。
更には、もうすでに皆様ご存知のように、あの「嵐」のメンバーが仙台の「ひとめぼれスタジアム」でこの期間中公演をされるとのことで、仙台を中心に東北各地から、いえ全国から「嵐」ファンが大挙して宮城に訪れてくれるという・・・・ことになっております。宮城はそんなわけで、怒涛のようなシルバーウィークになる・・・予定なのでございます。

そして本日9月19日は、私共ささ圭にとって、記念すべき日・・・・三年前の今日、ここみちのく名取 植松でささ圭の新工場が竣工いたしました。
おかげさまではや三年という月日が流れております。たくさんの方々に、心からのご声援をいただき、何とかかんとか?牛歩の歩みではございますが、前に歩み続けております。あらためてご支援、ご声援に感謝申し上げます。

朝一番で、ヤマト運輸のお兄さんが大きなダンボールを届けてくださいました~。
んまぁ~なんて柔らかな色合いなんでしょう~
IMG_1962_convert_20150919153558.jpg

またまた、私共へ折に触れてお花(薔薇)をお贈り下さっている「京都学生能楽連盟」のOB・OGの方々からの思いがけないプレゼントでございました。有難うございました!!
社員とともに、心癒されております~そして、更に、次に進む勇気をいただいております~

明日から、ゆりあげ港朝市も四日間連続営業いたします。
先月から手作りで製造が始まった「かまぼこ屋さんの揚げサンドイッチ」も、静かなブームになりつつあります。どんなものかは???ぜひ朝市の会場で!!
ここでしか買えない、ささ圭の味。ゆりあげ港朝市の新しい名物になりますように・・・・との、私たちの熱い願いを込めて・・・。

半月板損傷

おばんでございます~
久々にみちのく名取から、圭子でございます。

昨夜から、チリ津波の情報がずっとテレビで流されております。
先週は東日本を襲った大豪雨、そしてまたチリ津波・・・・天災が連鎖のように続きますね、と、金沢のN様からお見舞いのお電話をいただきました。まだまだ大変な思いをされていらっしゃる方々に、心よりお見舞い申し上げます。

今回は津波の方は全国的にも影響が殆どないようですが、あの大津波を経験しているので、大丈夫だろうなぁとは思いながら、なんとなく不安は拭いきれないというのが被災地の方々の心境ではないでしょうか。

実はあの大豪雨の日、圭子病院のベッドにおりました。あの夜は、豪雨のお見舞いのお電話やメールを九州や四国、中国地方の知人や友人から、続々といただきました。入院していることは隠して、ベッドの上で、ひたすらメールを返しておりましたの。

7月からどうしても良くならず、悪化の一方だった圭子の左膝。あまりに治らないので、МRIをとって初めてなんと「半月板損傷」と判明。緊急に手術となりました。おかげさまで8日間で無事昨日退院いたしまして、今日から早速仕事に出ております。お休みの間にメールがどっさりとたまっておりました~。

数ヶ月間左足を引いて歩いていたのが嘘のように、足がすっと前に出るというこの当たり前のことが嬉しくてなりません。まだここしばらくは、片松葉杖の状態ではありますが颯爽と風を切って?歩く日も近いのではと思っております。転ばないように・・・気を付けます。

入院中に、
「圭子ちゃん、夕刊に出てましたね」と、いろいろな方からご連絡をいただきました。
何で出ていたのか、ちょっとわからなかったのですが、8月に足を引きずりながら、河北新報さんのインターンシップの大学生の皆さんを、閖上や閖上さいかい市場にご案内した折のことが紹介されておったのですね~。
IMG_1961_convert_20150918190904.jpg

震災後、この河北新報さんのインターンシップで大学生の皆さんを圭子が閖上にご案内するようになって、もう7回目くらいになるのでしょうか。受講された学生さんは、すでに200名を超えたとか。

今まで受講された大学生の皆さんが、この被災地閖上を取材するという経験を経て、卒業後多くの新聞社をはじめとするマスコミ関係や国家公務員などすばらしい就職先を決められ、未来に向かって着々と歩まれているということをお聞きして、圭子の役目も少しは果たせたのかな・・・と。

それぞれの職場から、今度は学生としてではなく社会人として、被災地閖上を見つめて頂ければと思うのです。





展示会・商談会が続きます・・・

おばんでございます~
久々にみちのく名取 植松から圭子でございます。
あんまり更新しないので、もしや???と、多くの皆様にご心配いただき、申し訳ない気持ちでいっぱいでございます。

いつの間にか、季節はもうすっかり秋。ここしばらく、みちのくはまるで梅雨かのようなしとしと雨が続いており、はだ寒い~。
おふとんを昨夜出しましたものね。先日まで冷房しないと寝られないほどでしたのに・・・。

東京もすごい雨とのこと。そんな中、有楽町の東京フォーラムで「2015よい仕事おこしフェア」という、展示会兼商談会兼販売会・・・というのを昨日・今日と出店いたしておりました。

実は圭子も行く予定でしたが、膝の痛みのために行けなくなってしまいました~。営業担当の社員らと、社長と三代目の4名で参加させていただき、おかげさまで販売会でも大好評だったようです。

一昨日の朝の東京新聞で、「2015よい仕事おこしフェア」の記事とともに、出店する私共ささ圭を会長の画像入りで大きく取り上げくださったということもあり、特に「手わざ笹かまぼこ 希望」が人気の的となり、瞬く間に完売!

昨日あわてて出荷した製品が、今朝なかなか会場に着かないというアクシデントもありながら、おかげさまで早くに全ての商品を完売することができました。

また一日目には、何百社という出店企業の中から選ばれて、私どもが「みやぎの雫」をプレゼンする時間もいただくことができました。有難い事に、「みやぎの雫」は6月に発売以来多くのメディアに取り上げていただいております。

プレゼン・・・といえば、三代目。 7月の展示商談会で発表させていただいた原稿を更に練り上げ、今回発表させていただきました・・・ようです。さて皆さまの反応は???

販売会・展示会も大事なのではありますが、一番の目的はなんといっても「商談会」。今回のように、商談・展示・販売が三つ揃う会は実はあまり多くないのですね。どのような商談ができたのか、楽しみなところです。

今月から、10月、11月と、秋の展示会・商談会の季節。日頃なかなかお会いできないバイヤー様方に面談できる貴重な機会です。昨年の今頃は、展示会の折、「みやぎの雫」の試作品をアンケートとともに、展示ブースにいらして下さるバイヤー様方に必死でお願いしておりましたことを思い出します。いろいろと有難いご意見をいっぱい頂戴して・・・・そのご意見も現在の「みやぎの雫」に反映されているのです。

これからの展示会・商談会。工房と工場で、私たちが心を込めて作った製品の数々や思いを、バイヤーの皆様に少しでもお伝えできればと思います。頑張ります!!