一年、大変お世話になりました~
いただきました数々のご厚情に心より感謝を申し上げ、来る新年が皆様にとって希望に満ちた年となりますよう、お祈りいたします。


来年は、震災から5年という年を迎えます。私共ささ圭にとりましても、手造りかまぼこ工房で復活して5年。また遡りますと、閖上の地で会長が独立して「佐々圭商店」として創業して50年、そして会社設立40年という大きな節目の年にあたります。

これを機に、「ささ圭」が新たな一歩が踏み出せますよう、役員社員一同心を一つにして踏ん張ってまいります!!
どうか来年も、ささ圭を宜しくお願い申し上げます。

そして、最近とみに、たま~にしか更新できておりませんこのブログも、時々お立ち寄りくださいますように。
有難うございました~
スポンサーサイト
ディスプレイお正月2015年末④
「お正月飾りを作ってみました~」

おばんでございます~
みちのく名取 植松から圭子でございます。

12月に入ったと思っておりましたら、なんと、もう一週間を残すのみ。駆け足で12月が駆け抜けていくようでございます。

師走というのに、今年は不思議なことにここ名取では雪がまだ降っておりませんのよ。1週間で最高気温が10°Cほど違うこともあり、その気温上下の激しさに小さい子どもさんやお年寄りの方々には特に厳しい師走となっておるようでございます。
どうか皆様、ご自愛くださいますように。

お店では、お歳暮を御用命くださる方、またお歳暮をお届けするのにお買い求めの方、またお正月用のご自宅用の蒲鉾をお買い求めになられる方・・・・おかげさまで連日大勢のお客様で賑わっております。

そんな中、昨日は名取市と姉妹都市の山形県の上山市から、お買い物ツアーの皆様が大型バスでご来店くださいました。
画像を撮るつもりが、大勢のお客様の対応にアセアセ撮るタイミングを逸してしまいました。あちゃ~っ! いっつも圭子はそうなんですよね~。反省・・・。

ここ数年、今の時期にわざわざ山形から観光バスを仕立ててご来店くださっておりまして、本当に有難いことと思ってります。
あつあつの手わざ笹蒲鉾を召し上がっていただくことくらいしかおもてなしできないのですが、皆さんの
「買っていきますよぉ~~っ」という熱いメッセージがビシビシ伝わり、活気溢れた皆様に元気をまたいっぱいいただいたような気分でございます。

「爆買いしてくださいね~!」という幹事役の方の言葉に、大爆笑の皆さんと私たちでした。

さてあと一週間。省みますと、
震災から「第2の創業」という決意で復活した私どもにとって、今年は念願の新商品「みやぎの雫」や「海鮮かまぼこ」を発売することができた記念すべき年になりました。

今年の漢字は「安」でしたね。ささ圭の今年の漢字をあてはめるとしたら・・・・・
「翔」・・・かな?・・・と。(圭子の独断と偏見で)

感謝の気持ちを忘れずに、 これからも社員とともに着実に飛翔していきたいと思います。


12月も半ば・・・というのに、暖かな日差しがふりそそいで、また秋に逆戻りしたかのような不思議なお天気でございます。
皆様にはどんな「師走」をお過ごしでしょうか。

昨日から今朝にかけて、一足お先に、店舗はお正月のディスプレイに変わりました~。(右端にせっせと蒲鉾造りにいそしむ会長が写っています)
花材を少し買い足し、去年とはまた趣を変えて作ってみました。
ディスプレイお正月2015年末

ディスプレイお正月2015年末③

秋の花材は紅葉系統が多いので、どうしても落ち着いた雰囲気になってしまいますが、お正月はやっぱり赤を基調にいたしますので、お店がぱぁ~っと明るくなります。

ご来店のお客様方に、少しでも気持ちが晴れやかになっていただきたい・・・・そんな願いを込めながらやっておりましたが、自分自身も何となく明るい気持ちにさせられ、気持ちが弾んでまいりました。お正月を迎える晴れやかな気持ちというのは、とりわけ日本人のDNAに組み込まれているのではないかしらん??・・・と。
紅白板かまぼこ、伊達巻、なると巻、カステラ、黒豆・・・・店頭も、お正月満載!!でございます~。

お歳暮商戦も真っ只中でございます。
おかげさまでたくさんの御用命をいただき、少々混み合っております。ご迷惑をおかけしておりますこと、お詫びいたします。
ご発送の方はただいま、2~3日みていただいておりますが、お急ぎの方はぜひ一言おっしゃっていただきますと、先にお送りすることもできますので、どうぞお気軽にお申し付けくださいますようお願いいたします。




おばんでございます~
本日、仙台市産業事業団様主催の「地域産品発掘フェア」という展示商談会が仙台アエルを会場に催されました。
その会場で第2回新東北みやげコンテスト最終審査が一般公開のもと開催され、東北6県から第1次審査を通過した食品部門で6社、工業部門で5社の製品がノミネート。
それぞれの会社からプレゼンの後、試食しながらの最終審査となりました。

わが社から、「みやぎの雫」が最終審査に望み、今回はA統括がプレゼンさせていただきました。統括は前日まで、原稿作りとパワーポイントの直しを重ねて望んだ本日の審査会、やる方も見守る圭子の方もハラハラドキドキ・・・・でございましたが、私たち作り手の熱い思いや、この製品の「宮城 東北の新しいお土産」としての優位性を、アピールすることができたと思います。

その結果、なんとっ!!
栄えある最優秀賞に輝きました~!!おまけに「外国人みやげ賞」という特別賞までいただき、ダブル受賞となりました~。

発表されたとき、思わず涙があふれました。
真摯に「モノづくり」をしてきたことが、決して間違っていなかったと思わされました。
受賞
この「みやぎの雫」は、今年6月に発売して以来6ヶ月。社員や私どもにとって今回の受賞は、大きな大きなご褒美をいただいたようなものでございます。これもひとえに、いつも応援して下さる皆様方のおかげでございます。この製品ができるまでに、野菜ソムリエの川島様を始め、実に多くの方々に関わっていただき、お世話になりました。皆様に感謝、お客様に感謝、そして社員たちにも心から感謝です。

これを機に、これからも「心あるモノづくり」に社員とともに全員参加で邁進してまいりたいと思います。
どうか今後共、ささ圭を、そして「みやぎの雫」を、よろしくお願い申し上げます。
みやぎの雫 ポスター
おかげさまで同時開催の展示商談会も、いいお話をいただき、実りある展示会となりました。
いつもこのような会に出店して思うのは、すでにお取引いただいている大切なお客様にお会いできること。また、新たな方々との出会いがあること。(これが新しいお取引に進展する可能性が大きいです)そしていつも応援して下さる行政関係の皆様にもお会いできること。また「食」を商うさまざまな出店企業の皆様とお会いすることで、刺激をいっぱいいただけること。などなど・・・出店までの苦労が報われる有難い機会となっております。
商談会は商談だけではなく、人と人がより深くご縁を重ねていく貴重な機会でもあると思います。

今年の展示商談会は、今日が最後。あとは来年になります。
お歳暮商戦真っ只中でございます。風邪に気をつけて、31日まで全力投球!!・・・しなくてはね!!
寒さに向かいます。皆様もどうか、お身体お大事になさってくださいませ。今年もあと29日!!