旬の花時計
プロフィール

ささ圭の圭子

Author:ささ圭の圭子
宮城県名取市ゆりあげの笹かまぼこ製造直販のささ圭です。
ホームページはこちら!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

連休を前に。

この度の大地震で被害に遭われた皆様に 心よりお見舞い申し上げます。

おばんでございます~
みちのく名取 ささ圭の圭子でございます。

大型連休がいよいよ明日から始まりますというのに、こちらみちのくは本日大荒れの暴風雨。
明日も雨マークが出ておりますが、明後日からはお出かけ日和のとってもよいお天気になりそうでございます。
皆様 連休のご予定はいかがでしょうか。

今日あたりから、東北自動車道のサービスエリア下り線も少しづつ混み合ってきているようでございますが、県北のサービスエリアでは弘前方面からのお花見帰りのお客様でなんと、上り線もかなり多くの人で賑わっているとのこと。みちのくでも、弘前城の桜はとみに有名!!でございます。

日本人は本当に桜を愛する国民ということでは、世界一なのではないでしょうか。桜の開花を求めて、桜前線のように北へ北へと雅な旅をされる方々も多いですものね。

桜は潔い日本人の気質にも合致しているように思います。
その開花を待つときのワクワク感は何にも変えがたいものがございます。
かわいらしい蕾の時、一輪そっと開いたとき、三分咲、五分咲、・・・・満開の時・・・そして、ひとひら散りゆく時、花ひらがまるで雪のように風にのって降り注ぐ時、そして新緑の芽が開いて葉桜になりかけの時、一面青々と葉っぱが青空に映える時・・・・このようにその時々に応じて、私たち日本人は桜を愛でるのです。このようなお花は桜を置いてはありませんものね。

もうすっかりここ名取では桜は終わり、新緑の木陰ができています。
かくいう圭子も例にもれず桜が大好き。とはいうものの毎年なかなかお花見に行くこともなく、「今年もお花見行かんかったねぇ~」と、家人と話すのが常。

大学時代の知人御夫妻が、北陸から福島の花見山に毎年お花見にいらしているとのことで 先般お立ち寄りくださいました。圭子もまだ行ったことがないのですが、一般の方が一つの山を長い時をかけて丹精込めてお花でいっぱいにされたという福島の花見山。圭子もいつの日か一度訪れてみたい処です。

連休中はフル稼働いたします。
宮城にお出かけの皆様、サービスエリアや仙台駅で、ぜひお土産にお買い求めくださいますように。
仙台駅では、2日から8日まで各売店の他に、ステンドグラス前の特設売店でも販売いたします~
どうぞお立ち寄りくださいませ~

                                                         




スポンサーサイト

熊本大震災

このたびの熊本大地震で被災された皆様に 心よりお見舞い申し上げます

おばんでございます。
みちのく名取 ささ圭の圭子でございます。
毎日次々と映し出される熊本県内の惨状に、心が痛みます。

4月14日は、女性経営者もしくは経営者の妻が全国から集った「全国法人会女性フォーラム」が福島県郡山市で開催され、圭子の属する仙台南法人会の皆さんと一緒に参加させていただきました。
女性フォーラム2016ミニ

その夜帰宅してまもなく、熊本の大地震の報道が!!
熊本県を始め九州各地よりもたくさんの法人会会員の皆さんが参加されておりましたので、その後無事にお戻りになられたのか、心配しております。どうかどうかご無事でありますように。

熊本県といえば、おとうふかまぼこの大豆パウダーをいただいている会社「R」様。そして「みさを大豆」で大変お世話になっている熊本県立鹿本農業高等学校様 そしてそれをお世話してくださっていたI先生。皆様にお見舞いのお電話をさせていただきました。

閖上さいかい市場でも、そして仙台南女性部会でも、募金を集める動きが進んでおります。
被災地はまだまだこれからが大変なことと思います。
私たちにできることは何なのか、考えていきたいと思います。
心から応援しております!!
チーズケーキ
こちらは本日お届けいただいた東京の圭子さまからの手造りのチーズケーキ。
震災以来5年・・・・・今も変わらぬあたたかいご支援をいただいております。

社員たちも「圭子さんのチーズケーキ」として、すっかりお馴染みの差し入れなのです。
疲れた残業の帰りに、一口。甘い香りとともに圭子さまの優しさがしのばれます。
感謝でございます。


お祭り、そして阿波踊り

DSC_0631.jpg
ワッショイ ワッショイ・・・
昨日の暖かな春の日の午後、手造りかまぼこ工房に、お神輿が!!
子ども神輿も入れますと、総勢300人ほどにもなるでしょうか。威勢良く、私共の商売繁盛と弥栄を寿いでくださいました。

昨年から、手造りかまぼこ工房の地元「増田神社」のお神輿さんの「お休み処」となりました~
閖上の「閖上太鼓」が、勇壮なバチさばきでお神輿を迎え、花を添えて・・・・。

お神輿に、閖上太鼓、笹蒲鉾のおふるまい・・・盛大だった閖上湊神社の秋まつりを思い出します。
DSC_0635.jpg
手造りかまぼこ工房も、地域の方々に支えていただいていることを実感いたします。ここに売店を出させていただき、今年で26年になります。


実はこの日は午前中、会長夫妻らを伴って閖上美田園仮設に行ってまいりました。
震災後、こちらの仮設には越谷市から阿波踊りの皆さんが毎年慰問にいらしてくださっておりまして、昨年から圭子も「阿波女」ということで自治会長さんからお声をかけていただき、家族4人で寄せていただきました。

「私たちの阿波踊りは徳島のものに比べたら全然・・・」と、代表の方が謙遜されますが、とんでもございません!!
しなやかな踊りもとびっきりの笑顔も、本物を充分凌ぐ素晴らしさでございました。何より、被災地の皆さんを元気づけたいとはるばる埼玉からいらしてくださるその熱意とご厚情、本当に本当に有り難く感激いたしました。皆様有難うございました!
DSC_0601.jpg

仮設の皆さんも「踊る阿呆に見る阿呆   同じ阿呆なら踊らにゃ損損♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦」と、思わず一緒に踊りだして・・・。
そうそう、この「踊る阿呆に・・・」というのは、「よしこのばやし」という唄の中にはいっているのですが、この「よしこのばやし」は演奏されず、鳴り物と、掛け声で踊る阿波踊りでした。

このあと、仮設の皆さんと一緒に手焼き笹蒲鉾を自分で炭火で焼いていただき、召し上がっていただきました~。
会長夫妻も、懐かしい閖上の方々と久しぶりの嬉しい再会に、話の花が咲きました。


二日間限定販売「春のしらべ」ご予約承り中!!

春かまぼこミニ
おばんでございます~
みちのく名取も開花宣言をしたものの、花曇り・・・とでもいうのでしょうか、どんよりと厚い雲におおわれた寒い一日となりました。
せっかく開花しかけた桜も、このお天気でまた固く閉じてしまいそうな・・・

今月9日(土曜日)は、名取市恒例の春祭りでございます。名取市役所の満開の桜の下で毎年盛大に催されています。
昨年の春祭りで、何か名物を!!・・・・と、1日限定で初めて販売した「春かまぼこ」。
その後・・・
「あれはもう販売しないのですか?」という有難いお声をそちこちから頂戴いたしました。
ただ・・・とても手間のかかるものですので、
「申し訳ありません、一日限りなんですよ」と、お断りさせていただいていたのでした。

というわけで、ご期待におこたえして昨年の「春かまぼこ」をヴァージョンアップさせて、今年の春かまぼこ『春のしらべ』が完成いたしました~
今年は、各店舗では9日・10日の二日間のみの限定販売、そして9日の春祭りで販売いたします。

本日から店舗でご予約を承っております。
ぜひこの機会に、桜の樹の下でお召し上がりくださいませ。
御用命賜りますよう 心よりお待ちしています~

ささ圭の 春かまぼこ『春のしらべ』  1200円
・お花の まるっチーズ  3個

・黒豆入りの桜餅かまぼこ 2個

・伊達巻 3切れ

・紅白 飾り板かまぼこ  3切れ

・こやき プレーン3枚

・こやき 牛タン入り 2枚