おばんでございます~
みちのく名取、終日しっとりと雨に濡れております。
6月も今日で終わり・・・明日からは7月!!夏になります~早いものですね。


月・火曜日と、研修で函館に行ってまいりました~。
その名も、
「講座と演習・視察で学ぶ体験型カリキュラム 実践!リアルマーケットリサーチ2016函館」
公益財団法人 仙台市産業振興事業団様の主催でございます。

事前に2回研修を受けてからの視察・・・ということで、いろいろなミッションがそれぞれに課せられていました。
「ストアコンパリゾン」・・・・・初めにこの言葉を聞いたときは、??ん・・パリジャン!? 違うか?・・あはっ・・・

「競合する店の比較調査」という意味ということなんですね~!!同業種、異業種の店舗を視察して、その特徴や動向を調べて他店の良さを自社店舗や自社の製品に取り入れる・・・ことを目的とします。

というわけで、新幹線開業以来、多くの観光客が訪れているという函館の町を、大御所O先生の引率の元、10名で訪れました。
六花亭
函館の五稜郭を借景にした素晴らしい店舗は「六花亭」様。左のガラスの部分はこの倍の大きさで、五稜郭の四季の移ろいを美しく見せてくれます。ずっとここに居たいような・・・・心癒されるスポットに。地元のお客様と観光のお客様両者で大変賑わっておりました。

函館の街は、古いものと新しいもの、日本古来のものと外国のもの、それぞれに良いところを取って融合したような魅力的な街でございました。また函館の人々の親切なこと!!行き合う函館人はみなさんそれぞれに函館の街を愛しているんやなぁ~・・・と感じさせられた二日間。学び多い、充実した二日間でした。
でもすんごく歩いたの・・・。1日目は、なんと!!11800歩!!そして2日目は8800歩・・・・2日合わせて2万歩!!
これは半月板手術以来初めての快挙!?

とは言うものの、ガラガラ(スーツケース)を見るに見かねた事業団の男性陣に交互に持っていただくという有り難くも申し訳なき次第にて御座候・・・でございましたの。皆様ご迷惑をお掛け致しました。とほほ・・・

新幹線開業以来、函館はずっと賑わっている・・・とタクシーの運転手さん。
札幌まで新幹線が行かないうちは・・・という方も多くいらっしゃいますが、この目で見て、確かに賑わいの創出が顕著なことは間違いございませんでした。

様々な店舗で学ばせていただいた楽しくも実り多い二日間。O先生を始め同行の皆様に深く感謝でございます。

スポンサーサイト
おばんでございます~
みちのく宮城 名取から圭子でございます。

梅雨空の日々が続いておりますが、皆様、体調など崩されていらっしゃいませんでしょうか。
西日本では大きな土砂崩れや冠水が、またまた生活を脅かしています。
被害に遭われた皆様に、お見舞い申し上げます。


昨日の大雨の中、県北の大衡村から、本社工場にお客様がたくさんいらしてくださいました。
大衡村・・・・といえば、県内でも有数の全国から大企業各社の企業誘致に成功していらっしゃる自治体として、有名なところです。
今回は、大衡村に進出された企業の皆様が、研修ということで私どもに工場見学にいらしてくださったのでした。

会社の規模は、私どものような小さな規模ではない方々ばかり。また、食品の方は少なく、半導体を始め時代の先端を行く職種の皆様であるにもかかわらず、圭子のつたない説明も熱心にお聞き下さり、丁寧に見学をしてくださいました。

実は、見学直前に、笹蒲鉾の2ラインのうち1ラインが故障!!・・・・というアクシデントもございましたが、何とか1ラインで焼いているところを見ていただき、焼きたてをご試食していただくことができました。
皆様、有難うございました!!
このあと、「坊ちゃんせっけん」で有名な、同じ名取市内の「畑惣」様にもお寄りになられたようです。
名取の企業の印象はいかがでしたでしょうか。
東日本大震災を経て、いまなお復興に向かって元気に歩んでいるところを感じていただければ幸いです。
おばんでございます~
みちのく名取も梅雨空で、なんとなくじめじめとしております。
とはいえ、農家の皆さんにとっては久しぶりの「お湿り」で、恵みの雨となりましたね。
木々の緑が冴え冴えと美しいのも今の季節の特徴でしょうか。

そして6月もはや中旬となり、七夕が近づいてまいりました。
こちらは昨年初めて社員らと作った七夕飾り。初めてのことで、やや小ぶりなのを12基ほどつくりました。
たなばた
そしてこちらは、今年作ろうと挑戦中の、かなり大型七夕。社員たちから今年はもっと大きなのを作りたい!・・・という希望が。
たなばた今年
仕事を終了後、「七夕放課後クラブ有志」とともに、作っていますので、なかなかはかどりません。今年はこのサイズを5基、そして昨年と同じものを5基作る予定なのでございます。

お昼休みもみんなでテレビを見ながら、せっせとお花造り。工場勤務のほとんどの社員が関わってくれていることに、感謝。

七夕飾りをご来店のお客様方が昨年もとても喜んでくださいましたので、お客様の笑顔を思い浮かべながら、せっせせっせ・・・・・
上のぼんぼり?  を、「さ」「さ」「け」「い」  にします。  これは、「さ」
七夕かざり
出来上がりをお楽しみに~!!
横浜ベイホテル東急の  
オールデイダイニング「カフェ トスカ」で、「ナイト・キッチンスタジアム~食材王国みやぎ~」が開催されております。(7月18日まで)


「食材王国みやぎ大使」をされております小川勝哉シェフが私どもを訪問してくださったのは数ヶ月前。宮城県に食材探しの旅にいらしておったのですね。県内各地を訪れ、そこでであった食材をふんだんに用いたメニューを今回ディナーブッフェで出してくださっています。

フカヒレ、ホヤ、仙台牛、豚肉、仙台味噌、菌床しいたけ、・・・・・などなどの豊富な食材に混じって、なんとっ!!
『名取市 ささ圭のかまぼこ 鉄板焼き バター風味』が出ております。お客様の目の前で調理する(アクションコーナー)でのメニュー。
「みやぎを食べ尽くす」というテーマ通り、海山の新鮮なみやぎの幸が、小川シェフの魔法の手にかかって、更に進化した魅力あふれるお料理の数々になっております。・・・ようでございます。
皆様、ぜひ横浜においでの節は、ぜひぜひお立ち寄りいただければ幸いでございます~。

こちらは3月初旬に、食材を探してささ圭を訪問してくださった小川シェフとともに
ベイホテル
東北水産加工品展示商談会、おかげさまで二日間たくさんのご来場有難うございました~
莠梧律逶ョ縺昴・縺ォ_convert_20160609140732

繝・ぅ繧ケ繝励Ξ繧、_convert_20160609142446

初日からほんとうにたくさんの方々が、私共のブースにお立ち寄りくださいました。厚く御礼申し上げます。
仙台放送の夕方のニュースにかなり長い時間写っていたようです。実は、圭子、朝会場で突然インタビューを申し込まれまして、いろいろとお話させていただいたところや、アナウンサーの女性が「海鮮かまぼこ かに」をご試食してくださるシーンも。
知人から写っていましたよ~と、メールやお電話を頂戴しました。有難うございました!

二日目の朝刊に・・・こちらは河北新報さんの記者の方がお立ち寄り下さり、ちょっとお話させていただいたことが掲載されており・・・びっくり!!
莠梧律逶ョ_convert_20160609140814

この二日間で、また多くの方々と巡り会う機会をいただきました。そしてまた、東北6県の水産加工業者の皆さまからもたくさんの刺激をいただくことができたことも大きな収穫でございます。頑張っているのは自分たちだけではない、むしろ、もっともっと頑張っておられる会社様が東北一円にとても多いことに気づかされる機会でもございました。

おばんでございます~
みちのく名取 ささ圭の圭子でございます。

6月に入り、梅雨入りの声もそろそろ聞こえてきそうですね。
圭子が東北に嫁いで・・・しばらく前のことです・・・驚いたことのひとつに、
「こちらでは梅雨が終わるまでストーブはしまわない」ということがありました。

南国徳島生まれの圭子には信じられないことでありましたが、ここみちのくではやはり梅雨の時期、いわゆる「寒雨さぶあめ」が降り、気温がだいぶ下がります。
「やっぱりストーブをしまわない」ことが正解であったことを実感したものでした。
とはいえ、ここ最近は温暖化のせいでしょうか。昔に比べますと梅雨時期といえどただただ暑い(~Q~;)みちのくでございます。

明日から二日間、「第2回東北水産加工品展示商談会」が仙台国際センターを会場に開催されます。東北6県のあらゆる水産加工品が集まる東北最大規模の展示商談会。

午後から、自社ブースのディスプレイに行ってまいりました。取り敢えずできるところまでやって、あとは明日の早朝に・・・。
展示会ミニ

そして夕方には、手造りかまぼこ工房へ、なんと!!ふるさと徳島県阿南市からたくさんのお客様がご来店くださいました~
徳島平野さんミニ
震災から今までのことを少しお話させていただいている社長。
徳島ミニ
異業種の集まりで各社の社長様方でした。実は、圭子の高校時代の同級生もお二人。・・・・震災後、何かとあたたかいご声援をいただいている方々です。

また実家の義兄の知り合いという方も何人かいらっしゃり、びっくり!!世間は本当に狭いですね。皆様、明日徳島にお帰りとか。どうかお気をつけてお帰りくださいますように。そして、今回被災地で見られたことをぜひ、徳島の皆様にもお伝えいただければ、嬉しいです。圭子も元気で復興に向けて頑張っていることを、是非ふるさとの皆様にもお伝えくださいますようお願いいたします。