FC2ブログ

笹かまぼこの「ささ圭」より

笹かまぼこの製造・販売のおかみ圭子の雑感

週末は名取春まつり

「名取春まつり」が4月14日(土曜日)開催されます~

11月に開催される「名取秋まつり」と並んで、名取市の2大まつりの一つ。
たくさんの飲食店や物販店が出店いたします。また様々な舞台イベントも毎年人気です。
ささ圭も蒲鉾の販売コーナー出店とともに、笹かまぼこの炭火焼き体験コーナーも担当いたします。(1本100円)
みんなの願いに応え、桜も何とか持ちこたえてくれそうな感じ。
ただ午後からの雨マークが少々気になるところではございます。

直営店舗で先日より先行販売いたしております「花かまぼこセット」。ちょっとしたお土産に、また「ほんの気持ち・・」をお伝えするのにいかがでしょうか。春まつりでも販売いたします。
花かまぼこ箱
ぜひお早めにご来場くださいませ~

スポンサーサイト

PageTop

鴻雁北こうがんきたす閖上にも学校帰る

おばんかたでございます~みちのく名取 ささ圭の圭子でございます。

「鴻雁北  こうがんきたす 」七十二候では今日から5日間くらいをこのように申します。
1年を12に分けた月、24に分けた二十四節気、そしてさらに72等分すると、七十二候となります。

俳句を始めて、この七十二候を知りました。年を重ねても知らないことばかり。子どもの頃は、昔の還暦を過ぎた方々は人生の何もかもを知り尽くし、人生を達観しているかのように見えたものでしたが、いざ自分がこの歳になりますと、いかにモノを知らないかを思い知らされる日々でございます。

冬を過ごした渡り鳥の雁が、北国へ帰っていく頃という意味で「鴻雁北こうがんきたす」というのだそうです。つくづくと日本人の感性の深さに心打たれます。この七十二候はもともとは古代中国で作られ、6世紀に日本に伝わり江戸時代に日本の風土に合わせ改訂されたもの。季節の移ろいに感謝し慈しむ日本人の繊細な心が反映されております。

さて先日、閖上小中一貫校が開校いたしました~。県内には小中一貫校はございますが、なんと、宮城県で初めての「義務教育学校」なのです!!
吉野復興大臣のご臨席の元、盛大に開校式が開催されました。まさに「閖上に学校が、子どもたちが、帰ってきた!!」のです。
1年生から9年生まで139名でスタート。少なめではありますが、閖上っ子らしい元気で素直な子どもたちが先生方や地元の皆さんとともに、ほかには真似のできない素敵な学校にしていくのではないかとものすごいエネルギーを感じてまいりました。
閖上新学校
校内のいたるところに木がふんだんに使われ、生徒・児童にやさしい配慮がなされた造りになっています。
 図書室
閖上新学校③

こちらは閖上の方々がいつでも訪れることのできる「yuriage museumゆりあげミュージアム」
閖上新学校②
閖上新学校❹
多くの方々が気軽に訪れてくださいますよう、開かれた学校になっております。

開校式の後、校庭で植樹祭が開催されました。
校庭、グランドのいたるところに様々な木が植えられており、この木々も子どもたちを見守りながら子どもたちと共に成長していくことでしょう。
震災で失われた名取の海岸の自然を再現したり、時期がずれて咲くいろいろな種類の桜を配して、長い時間桜を楽しんでもらうという粋な演出もされております。子どもたちだけではなく地域の方々にも喜んでいただけるようにと、法人会、大同生命、AIG損保の合同でこれらの植栽は全面的に寄付されたものでございます。
閖上新学校⑥
地域の希望の星の小中一貫校開校と共に、閖上の復興も今後加速度を増すものと思われます。

PageTop

閖上小中一貫校まもなく開校します~

夜桜も美しい季節になりました。
おばんかたでございます~
みちのく名取 ささ圭の圭子でございます。

春爛漫の今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。
気が付けば、いつのまにか随分と日が長くなっておったのですね。一日は同じ時間なのですけれど、夕方まで明るいとちょっぴり得をしたような気分になります。

さてあの震災から7年目、「閖上小中一貫校」が今週4月7日(土曜日)に開校!!の運びとなりまして、当日開校式が盛大に挙行されます。おめでとうございます~

当日は圭子も出席させていただくことになっております。子どもたちは勿論のこと、閖上住民、元住民みんなが待ちに待った学校がようやく開校ということで、嬉しさと共にこの学校を核としてこの町が「住みよい町閖上」へと少しづつ発展していくことを心から願います。

また開校式の後、私共が所属する法人会の「経営者大型総合保障制度」より、受託会社の大同生命保険・AIG損害保険様と共に校庭に開校記念植樹式を開催することになっております。桜や旧閖上小・中学校にあったクロマツなど、たくさんの樹木が植栽されます。こちらにも社長と共に参加させていただきます。

また翌日4月8日はお釈迦様の誕生日。閖上東禅寺様ではこの日震災前と同じように、新しい本堂で「灌仏会かんぶつえ」(花まつり)が開かれます。幼い姿の仏様に甘茶をかけて、また甘茶をいただき無病息災を願う・・・という雅な催しです。

誕生と同時に、「天上天下唯我独尊」と唱えたという賢きお釈迦様。子どもの頃はどうしてもあの甘~いお茶が苦手な圭子でしたが、そのあとにいただけるお菓子に釣られて姉や妹とよく行きましたっけ。順番に並んで神妙に、小さなお釈迦様に甘茶をかけたものでした。

    子らの手も縁灌ぐや花まつり    圭子










PageTop

花かまぼこ

市役所桜2018
もう満開でございます~

名取市役所の桜が気になり、近くを通ったので寄ってみましたら・・・・あらら・・・
なんと、満開の一歩手前というところ。14日の「名取春まつり」まで何とか持てばいいのですけれど・・・・
心配なところでございます。

さて桜がもし散ってしまっても・・・

「さくらさくら」
さくらかまぼこ③
「桜花」
さくらかまぼこ②
「桜川」
さくらかまぼこ①
こんなささ圭の「花かまぼこ」が皆様をお待ちしております~
「名取春まつり」限定でございます~

   散る花や行く方問はず背に匂ふ   圭子




PageTop

春のスタート

みちのく名取も待ちに待った開花が始まりました~ 
皆様、お花見にいらっしゃいましたでしょうか。
圭子は先日徳島で満開の桜を見てまいりましたので、今年は贅沢にも2回お花見ができそうです。

名取市役所の桜も三分咲き・・・というところ。今年の桜は咲きだすとあっという間に満開になり、散るのもまた早いと言われております。今月半ば4月14日の「名取春まつり」まで何とかもってもらいたいものです~でもこればかりは自然の摂理、ただただ願うしかありませんものね。2週間!持ちますやろか・・・・心配。

そして今日から平成30年度の始まりということで、私共でもささやかながら本日8時から入社式を執り行いました。今年の新卒は女性1名ですが、フレッシュな息吹きを社内に吹き込んでもらいたいと期待します。

しばらく新人研修が続きます。新人を受け入れるということは、先輩社員や上司にとって嬉しく思う反面、どのように育てるか・・・という難しい問題でもあります。しかし子育てと同じように、「育てる」なんて偉そうなことを言ってるうちにいつの間にか逆に育てられている・・・・そんなことを実感いたす今日この頃。「人を育てる」ということはそのまま先輩社員や上司の成長にも深く繋がってまいります。新人と共に、全社員で新しい「ささ圭」を今年度も創造してまいりたいと思います~
入社式ミニ2018
また明日から、昨年新卒で入社した3名を対象に、「社員家族の工場見学」を開始いたします。主にご両親に、この1年間で彼らの成長した姿を工場の中で見てもらうと同時に、日頃見ることのない工場の内部も見ていただき、ささ圭への理解を深めてもらえればと願います。本人をまじえた役職者との3者懇談も予定しています。この取り組みは弊社で今年から始めた新しい取り組み。活力ある仕事は家族の支えあってこそですものね。新卒の社員だけでなく、今後は通常の社員の家族も対象に広めていければと思っています。

PageTop