FC2ブログ

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

姉妹都市新宮市よりお客様


西日本豪雨により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
この度の台風12号の行方が、先の被災地となった方角に向かっているようで心配しております。
どうかお気をつけくださいますよう、お祈りいたします。

おばんでございます~みちのく名取 ささ圭の圭子でございます。
朝から台風の影響でしょうか、名取も小雨になっております。

そんな中、名取市と姉妹都市の和歌山県新宮市より、小学生・中学生の皆さん10数名がいらしてくださいました。
毎年、それぞれの市の小・中学生が引率されて互いの市を訪問し、親交を深める・・・・というのが恒例になっております。
どうして名取市と新宮市が!?・・・・と思われるかたも多いのでは!?
実は、新宮市にあるかの有名な名刹熊野三社が、なんと、名取市にもある・・・というのがご縁となり、姉妹都市になったのでございます。
震災直後から市を挙げて応援に名取市にたくさんの職員の方々がいらしてくださっており、頼もしく有難く感じたものでした。
震災後は、2市の交流が富みに活発になったように思います。

さて皆さん、本社工場を見学の後、バスで移動して手造りかまぼこ工房へ。
三代目からいろいろとお話させていただきました。
新宮市

本社工場とはだいぶ異なる「手造り」で「手焼き」の過程をじっくりと見学していただき、その違いもわかっていただけたようです。
いよいよお楽しみの「笹かま手焼き体験」を!!
新宮市②
新宮市で蒲鉾・・・というと、紅白の板蒲鉾になるのだとか。
生まれて初めての笹蒲鉾手焼き体験、大人になってもきっと忘れない・・・よね!?。
たくさんの楽しい思い出を,名取で作って帰ってくださいますように~!!


スポンサーサイト

仙台枝豆プロジェクト目揃え会に


おばんでございます~みちのく名取ささ圭の圭子でございます。

7月に入り、みちのくでもいよいよ夏本番を迎えようとしております。今年の夏も、かなり厳しい・・・との予報。(ため息)

しかし夏・・・・と言えば・・・ビール・・・ビール・・・と言えば・・・・枝豆!!これはもう定番でございますね。
仙台市荒浜地区で津波後の土を改良しながら地域の皆さんを中心に「仙台枝豆プロジェクト」を立ち上げ、ブランド化しようとされています。
DSC_0439_convert_20180705161035.jpg
午前中、荒浜の作業所で、「仙台枝豆プロジェクト 目揃え会」が開催されました。
生産農家さん、流通関係者の方々、JAさん、そして私たち加工業者、またたくさんのマスコミ関係の方々もいらしておりました。

どうしても都合がつきませず、社長の代理で圭子が仙台枝豆を使用した試作品の笹蒲鉾と揚げ蒲鉾を携え、出席させていただきました。
圃場では、「はやいっ茶」という一番早い枝豆が収穫の好機を迎えておりました。
DSC_0422_convert_20180705162759.jpg
この枝豆を使用して、4社が試作品を提供し、皆さんにご試食していただきました~

まずは、村上餅屋さんの「ずんだ餅」  
ふむふむ、甘さ控えめでさっぱりとしたずんだもち。 枝豆の風味がまったりと・・・(食レポ風に)美味しい~
DSC_0428_convert_20180705162019.jpg
次に、喜久庵さんの「ずんだまんんじゅう」
3月に新商品として出されて、大人気。圭子も最近東京へ行くときにはもっぱら手土産に・・・
美味しさに加えて、日持ちが少しするのと、可愛らしいサイズが女子に受ける所以でしょうか。
DSC_0426_convert_20180705162049.jpg

そして、こちらは鐘崎さんの笹かま・揚げかま4種
枝豆って、やっぱり蒲鉾との相性がいいですね~・・・って、今更のように思わせてくれるなんと!50パーセント枝豆入りの揚げかま!
ビールと一緒に味わいたい一品です。
DSC_0430_convert_20180705162115.jpg
そして、こちらがささ圭の笹かま・揚げかま2種
笹蒲鉾には、少しつぶして入れてみました。
枝豆の色が鮮やかで、食欲をそそります。
あ~ん、ラップがかかって見えません~
DSC_0427_convert_20180705162709.jpg
「津波で土を持っていかれ、そこにどこからか土を運んでくれて今ようやくこのように栽培できます」と、生産者の方。
その土も決して元のようなよい土ではなく、それを肥沃な土になるようにと皆さん随分苦労されたということです。
DSC_0397_convert_20180705164631.jpg
やっと収穫したのちも、洗浄や選別という厳しい基準に裏打ちされたブランド枝豆にするために、いろいろと苦労と工夫を重ねていらっしゃることを知りました。

笹蒲鉾や揚げ蒲鉾という仙台の練り製品に、どのような形で使っていけるのか、私たち加工業者が試されているところです。

ささ圭のoG会


おばんでございます~
南の方からの台風の影響でしょうか、30度越えの強烈な日差しが続いております。
皆様いかがお過ごしでしょうか。

先月28日、ささ圭の元社員のOG会が、仙台近郊の温泉で開催されました。あつさん(元会長夫人)もお誘いをいただき、喜んで行かせていただきました。

メンバーは90歳のあつさんが最高齢で、80代70代60代を中心にした元社員の皆さん。震災の折、彼女らの殆どが閖上に住んでおりましたので被災し、今はそれぞれに終の住処に落ち着こうとしています。

退職して20年以上になるHさんやSさんは、圭子が41年前嫁いだ時に既に働いてくれておりました。何もわからず徳島から嫁いだ20代の圭子に、いろいろと閖上のこと、仕事のことなどなどを教えてくれた大先輩方。

勤務した年数や、辞めてからの年数はそれぞれ異なりますが、今も変わらず「ささ圭」に熱い応援を送ってくれている懐かしい先輩たち。心から感謝の気持ちでいっぱいです。
創業51年という長い年月の中で、数えきれないほどの社員がささ圭に携わり、ささ圭の礎を築いてくれました。
社員と共にこのことを忘れず、伝えていくのも圭子の役目と思っています。

奇しくもその日は亡き会長の月命日。OGの皆さんで、会長のお話をいっぱいしてくれた・・・と聞きました。
OG会・OB会(こちらはまだありません)が、末永く続きますよう願っております。




| 笹かまぼこの「ささ圭」よりホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。