FC2ブログ
   
09
1
2
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
20
21
22
23
24
25
26
28
29
30
   

東北復興弁当の第9弾が!!

おばんでございます~
いつのまにか黄金色の田んぼもすっかり刈り取られ、新米の季節となりましたね。
みちのく名取 ささ圭の圭子でございます。

今日は仙台のホテルで、「第9弾 東北復興弁当 ~感謝の一折」という駅弁のお披露目試食会が開催されました。
東北6県の美味しいこだわりの食材を詰め込んだこのお弁当は、震災後、(独)中小機構東北様と㈱NRE様で共同開発され生まれたもの。今回で9回目を迎えるとっても人気のお弁当なんです。復興に向けて頑張っている20の業者から20の食材が提供されています。

ささ圭では、昨年・一昨年に引き続き、自慢の「遊里揚ゆりあげ 五目」をご指名いただきました。
東北復興弁当❶

東北復興弁当2

JR仙台駅構内「駅弁屋祭」を含むお弁当の売店7か所で10月1日から、新発売でございます。1年間販売いたしますので、仙台駅においでの節は、是非「東北復興弁当」お買い求めくださいますように!!
スポンサーサイト



大学で講義を!?

この度の台風被害を受けられました千葉県一円の皆様に心よりお見舞い申し上げます。
一日も早い復旧をお祈りいたします。

おばんかたでございます~
黄金色に実った稲の上を、心地よい秋の風が渡ってくる季節となりました。
みちのく名取もそろそろ稲刈りの時期となりそうです。

さて今日は午前中宮城大学太白キャンパスに、なんと!講師として行ってまいりました~。

新入生交流事業「秋のコンボケーションデイ」と題して、
「宮城大学のアイデンティティであるアメニティおよびホスピタリティのうち食と地域をテーマにした交流」という趣旨で、1年生3学部450名全員を4つのグループに分けて、キャンパス内の4つの会場で実施されました。

「宮城の食」というテーマで、「宮城の仙台牛」「宮城のお米」「宮城の水産品・さんま加工品」、そして「宮城の笹蒲鉾」の4品目を、それぞれの講師が受け持ち、それぞれ1時間の講義をさせていただきました。

圭子はモチロン「笹蒲鉾」についてのお話を担当。100名ほどの学生の皆さんに、笹蒲鉾だけでなく、蒲鉾全般のお話や、震災のことなども交えながらお話させていただきました。
宮城大学画像ミニ
パワーポイントを使いながら、NHKさんに取材していただいた番組「みちのくモノがたり」の5分間のDVDも中にいれました。

入れました・・・と、エラそうに書いておりますが、モチロン自分では無理・・・今回のパワーポイントの作成や本日の機器の操作は三代目が。助かりました・・・。

パワーポイントを使った講演などは今や三代目が一番慣れているのですが、今回は圭子が・・・。
終了後、「こんなに機器操作で疲れるなんて・・・」と、ぼやく三代目。圭子の話が長くなりそうで、「巻き」を入れるよう合図したのに圭子が全然気づかず・・あはっ・・・・随分気をもんだ・・・らしいです。

大学の先生方、職員の方々、そして静かに圭子の拙い講義をお聞きくださった学生の皆さん、、、本当に皆様のおかげで、なんとかお役目を果たすことができました。心よりお礼申し上げrます。そしてこのような貴重な機会をいただきましたことにも感謝でございます。

秋の便り

おばんでございます~
先日 ささ圭のFBでもご紹介させていただきましたが、明日9月6日より東京で写真家の田中良知氏による写真展の御案内をいただきました。

「気と骨」という雑誌で超老・・・すごい言葉ですね・・・の方々100人を取材し、取り上げてくださったのですが、田中氏はその折のカメラマン。素晴らしい超老の写真を何年にもわたって撮り続けられました。
亡き会長のところにも生前2回いらしていただき、撮ってくださった写真の中から1枚を遺影にさせていただいたのでした。今にも話しかけてきそうな、とってもいい写真です。
会長の3回忌を今週末に予定しておりまして、写真展のご案内をいただいた時にはその偶然に少し驚きました。会長もきっと喜んでいるのでは、また感謝しているのではないかと。しみじみと、時の流れを感じています。
東京近郊の皆様、お近くにお出かけの際は、ちょっとお立ち寄りいただき、全国の100人の超老パワーを感じ取っていただければと思います。

梨
本日、秋の味覚、「梨」をたくさん送っていただきました~
「スタッフの皆さんへ」と、書いてあります。
震災後ずっと、今も尚春には「苺」、そして秋には「梨」を送ってくださる埼玉県のT様。感謝の気持ちでいっぱいでございます。社員と共に、あたたかいお気持ちも一緒に頂戴いたしますね。




山の中のカフェ

おばんでございます~
今週末にはまた暑さがぶり返す・・・との予報ではございますが、9月に入って朝夕めっきり涼しくなったみちのく名取でございます。
皆様 いかがお過ごしでしょうか。

仙台市の北方 泉ヶ岳のふもと、深い山のふところに包まれて、そのカフェはあります。
オーナーがコーヒー豆を丹念に焙煎して入れるコーヒーの味は極上と、コーヒー通の間でも評判のお店。かかなか行く機会がありませんでしたが、やっと念願が叶い先日の日曜日お邪魔することができました。
岳山ミニ②

オーナーは、実は三代目が大変お世話になったかつての恩師、K先生。久しぶりの懐かしい再会でした。
店内は落ち着いたサロンのような雰囲気で、かぐわしいコーヒーの香りがたちこめています。女性客に大人気というのも頷けます。奥様の作る美味しいケーキも楽しみながら、ゆったりとした時間が流れていきます。

「冬は雪かきが大変なんです~」との、オーナーの言葉に納得。今から秋にかけて、一番いい季節が味わえるようです。
岳山ミニ①

   森のカフェ風にたゆたふこぼれ萩   圭子

小学生の工場見学

こんにちは
しばらくぶりになってしまいました。みちのく名取 ささ圭の圭子でございます。

厳しい夏も過ぎ、はや9月。今年の夏は日本列島いたるところ記録を更新するような大変な暑さでございました。
夏の疲れがちょうど今頃からでてくるようですので、どうかお大事になさってくださいませ。

さて、秋ともなりますと対外的には9月から10月、11月にかけて、展示商談会が数多く催されます。販路開拓や私どもの製品をPRする貴重な機会ですので、積極的に参加させていただいております。

またこの時期は、県内小学校3年生の児童の皆さんが工場見学にたくさんいらっしゃる季節でもございます。というのも、ちょうど、宮城県内の小学校3年生は、この時期に社会科で「かまぼこ工場」という課題を学ぶことになっているからなのです。

今日は、その第一陣として、県南の角田市立S小学校の3年生の皆さんが朝早くからいらしてくださいました。
「ただいま かまぼこミニ講座中」
桜小ミニ
最近は、食物アレルギーを持つ子どもさんもいらっしゃるため、試食にも少し気をつかいますが、幸いにも今日の子どもたちは全員アレルギーはなく、美味しく出来立ての熱々笹かまを食べていただきました。

蒲鉾についても熱心に質問が次々と。素直で元気いっぱいの皆さんに社員とともに元気をいただきました!!

中学生の職場体験、高校生のインターンシップとともに、子どもたちに蒲鉾についての理解を深めてもらい好きになってもらう、そしてささ圭を知ってもらう貴重な機会となっております。


旬の花時計

プロフィール

ささ圭の圭子

Author:ささ圭の圭子
宮城県名取市ゆりあげの笹かまぼこ製造直販のささ圭です。
ホームページはこちら!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード