笹かまぼこの「ささ圭」より

笹かまぼこの製造・販売のおかみ圭子の雑感
TOP未分類 ≫ 鴻雁北こうがんきたす閖上にも学校帰る

鴻雁北こうがんきたす閖上にも学校帰る

おばんかたでございます~みちのく名取 ささ圭の圭子でございます。

「鴻雁北  こうがんきたす 」七十二候では今日から5日間くらいをこのように申します。
1年を12に分けた月、24に分けた二十四節気、そしてさらに72等分すると、七十二候となります。

俳句を始めて、この七十二候を知りました。年を重ねても知らないことばかり。子どもの頃は、昔の還暦を過ぎた方々は人生の何もかもを知り尽くし、人生を達観しているかのように見えたものでしたが、いざ自分がこの歳になりますと、いかにモノを知らないかを思い知らされる日々でございます。

冬を過ごした渡り鳥の雁が、北国へ帰っていく頃という意味で「鴻雁北こうがんきたす」というのだそうです。つくづくと日本人の感性の深さに心打たれます。この七十二候はもともとは古代中国で作られ、6世紀に日本に伝わり江戸時代に日本の風土に合わせ改訂されたもの。季節の移ろいに感謝し慈しむ日本人の繊細な心が反映されております。

さて先日、閖上小中一貫校が開校いたしました~。県内には小中一貫校はございますが、なんと、宮城県で初めての「義務教育学校」なのです!!
吉野復興大臣のご臨席の元、盛大に開校式が開催されました。まさに「閖上に学校が、子どもたちが、帰ってきた!!」のです。
1年生から9年生まで139名でスタート。少なめではありますが、閖上っ子らしい元気で素直な子どもたちが先生方や地元の皆さんとともに、ほかには真似のできない素敵な学校にしていくのではないかとものすごいエネルギーを感じてまいりました。
閖上新学校
校内のいたるところに木がふんだんに使われ、生徒・児童にやさしい配慮がなされた造りになっています。
 図書室
閖上新学校③

こちらは閖上の方々がいつでも訪れることのできる「yuriage museumゆりあげミュージアム」
閖上新学校②
閖上新学校❹
多くの方々が気軽に訪れてくださいますよう、開かれた学校になっております。

開校式の後、校庭で植樹祭が開催されました。
校庭、グランドのいたるところに様々な木が植えられており、この木々も子どもたちを見守りながら子どもたちと共に成長していくことでしょう。
震災で失われた名取の海岸の自然を再現したり、時期がずれて咲くいろいろな種類の桜を配して、長い時間桜を楽しんでもらうという粋な演出もされております。子どもたちだけではなく地域の方々にも喜んでいただけるようにと、法人会、大同生命、AIG損保の合同でこれらの植栽は全面的に寄付されたものでございます。
閖上新学校⑥
地域の希望の星の小中一貫校開校と共に、閖上の復興も今後加速度を増すものと思われます。
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

旬の花時計
プロフィール

ささ圭の圭子

Author:ささ圭の圭子
宮城県名取市ゆりあげの笹かまぼこ製造直販のささ圭です。
ホームページはこちら!

月別アーカイブ
カテゴリー