FC2ブログ

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

変わりゆく閖上


おばんでございます~
みちのく名取 ささ圭の圭子でございます。

今日は久しぶりに河北新報インターン生22名の皆さんを閖上にご案内させていただきました。
春のインターン生のご案内は圭子の都合がどうしても合いませず失礼いたしましたので、1年ぶりでしょうか。全国から元気いっぱいの大学生の皆さんをお迎えしました。立命の後輩も2名参加されており、ちょっと嬉しい圭子です。

日和山にまいりましたら、キャア~なんと、日和山の下にあった湊神社の神符授与所が、ちょうどトラックに載せられて今まさに移動せん・・・というところに出くわしました。 ど、どこに!?
札所移動ミニ
こちらは震災後できたもので、日和山を訪れてくださる全国の方々が、日和山にお詣りした後ここでお札などをたくさん購入してくださっており、いろいろな意味で貴重な所でした。

今後湊神社はここから貞山運河を渡って数分のかさ上げされたところに再建されることになっておりまして、最近そちらに鳥居が立ちましたのでその敷地内にお引越し・・・・となった由、そこに居合わせた総代長の伊東さんより伺いました。ほっ

まだ鳥居のみの湊神社でございますので、これからは札所に通常は人は置かず、秋祭りとお正月くらいにのみ開ける予定とか。
訪れた方は少し寂しく感じられるかもしれませんね。

ただ、もともと日和山は、閖上の方は皆さんご存知のように富主姫神社で、現在は湊神社が「間借り」・・・正しくは「合祀」というのでしょうか・・・している状況ですので、これも正しいことに戻す過程の一つととらえるべきなのかもしれませんね。因みに、新しい湊神社の鳥居は、この度あの伊勢神宮から譲り受けたというヒノキ造りの立派な、有難~い鳥居でございます。

行くたびに何かと変化の著しい閖上です。

変化と申しましたら、震災や閖上のことを学ぶことができる施設「閖上の記憶」も、今年移動して閖上朝市のところに。
クラウドファンディングで志ある方々から出資していただき、立派なプレハブが以前よりも大きくなって出来上がっておりました。
閖上の記憶ミニ
こちらでは、語り部の方々からお話を聞いたり、ビデオを見せていただけます。
今日は、語り部のNさんにご案内をお願いしました。壮絶な内容を淡々と話されるNさん。淡々とされているだけに余計にその気持ちや体験が聴く者の心に響きます。涙を流しながら聞いているインターン生が多かったようです。  

圭子からインターンの皆さんには、
今後、変わり続けていく閖上にまた来てほしいこと。閖上にこれからも心を寄せ続けてほしいこと。
また、この時代絶対安全な場所はないと思って、常に何かあったらどうするか・・・ということを頭の片隅に置いててほしいこと。そして自分の身は自分で守り命を大切にしてほしいこと・・・等を最後にお話させていただきました。

いい記事を書いてくださるよう楽しみにしています。






スポンサーサイト

| 笹かまぼこの「ささ圭」よりホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://sasakei.blog21.fc2.com/tb.php/1045-7a99c520
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。