FC2ブログ

北海道地震!!


北海道地震で被害をうけた皆様に 心よりお見舞い申し上げます

今朝の衝撃・・・早朝から全国の皆さんがテレビにくぎ付けになったことと思います。
関西の台風被害がまだまだ報道される中、今日未明におきた北海道の大地震。

天災も「忘れた頃」ではなく、「いつでも、どこにでもやってくる」・・・・というのが今の日本と言えるのかもしれません。

とにもかくにも、北海道ではライフラインが乱れ、空路、鉄道の運休、高速道路の寸断はもちろんのこと、ヤマト便、郵政ともに止まっておりますので、物資が流れなくなるのではと心配しております。東日本大震災後も、食べ物が異常に少なかったことを思い出します。

圭子も北海道の友人や知人にメールで無事を確認しておりますが、皆さん何とか無事とのこと。まだまだご親戚や友人知人の安否が気がかりな方々も多いのではないでしょうか。ご無事をお祈りいたします。

そしてあわせて、一日も早い復旧をお祈りいたします。

今日は、なんと、韓国の農業高校生の皆さんが、工場見学にいらしてくださいました。
県北にある県立K農業高校さんでは、韓国の農業高校さんと30年ほど前から高校生同志の交流をされておられるそうで、今回は韓国からいらしてくださったのでした。

「閖上の記憶」では、語り部の活動をされている丹野さんのお話をみんなで静かにお話をお聞きしました。丹野さんは、閖上で同じ「仲下町町内会」でお世話になっていたママさん。同時通訳の方のおかげで、皆さん一言も逃さず熱心に聞いていました。
生きていたなら20歳になるという中学生の息子さんK君を津波で亡くされた丹野さんのお話は、心に沁みるものがありました。
その後日和山で黙とうを捧げ、御霊の安らかならんことを全員で願いました。

本社工場では、笹蒲鉾の製造工程をご覧いただきました。
農業高校・・・・と申しましても、今の農業高校は「土」というイメージよりも、「バイオ」や加工品とかにも大きく比重がかかっているということを初めて知りました。蒲鉾の製造工程にとても興味を持たれたようで、詳しくA統括に質問されておりました。

いらっしゃる前は、韓国語・・・・誰も話せないし大丈夫かしらん??・・・と思っておりましたら、杞憂に終わりました。
韓国語で蒲鉾は「オムク」というのですね。ちょうど焼いていた「こやき笹蒲鉾 チーズ入り」の熱々を「美味しい」「美味しい」と食べていただきました。「美味しい」は「マシッソヨ」というのは、韓流ドラマでチト知っておりましたが、皆さん日本語も勉強されており、日本語で「美味しい」と。心遣いも素晴らしい。皆さん簡単な日本語はできるうえ、同時通訳の方も流ちょうな日本語で通訳されまして、何の不自由もなく通じることに感動・・・。
小さな国際交流になったとしたら、圭子も嬉しい限りでございます。

韓国

韓国ミニ






スポンサーサイト

| 笹かまぼこの「ささ圭」よりホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://sasakei.blog21.fc2.com/tb.php/1047-4c4b90d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)