FC2ブログ

業界新聞に佐々圭のことが・・・

  • 2011/08/10(水) 19:57:10

荒川洋平ミニ
こんばんわ~
暑い暑い一日がようやく終わろうとしています。皆さま、お疲れ様でした~!

昨日は、13日にゆりあげで開催される「なとり鎮魂灯篭流し」のフリーペーパーを届けに「荒川洋平君」・・・名取市ゆりあげ復興支援のブログでとっても有名な方・・・がご来店!!

私たちは、なとり観光復興プロジェクトの実行委員仲間でもあります。圭子の周りでも、この洋平君のブログは超有名なんですよね~。ファンのマダムたちがいっぱい!!皆さん、その文章にとても惹かれる・・・と言います。ゆりあげのことを一生懸命考えて発信しているこんな「若い衆」・・・って死語かしら・・・が、いるなんて、やっぱりゆりあげはすごい!!と思うのです。

今日は社長と一緒に泣いてしまった出来事が・・・。
蒲鉾の業界新聞に「水産煉製品新聞」(全国蒲鉾水産加工業共同組合連合会)というのがありまして、・・・・この業界の方々しか多分読まれないのかもしれませんが、・・・今月号が届きました。開いてビックリ

7月27日から東京ビッグサイトで開催された蒲鉾品評会の展示会・・・今回は展示のみ・・・に、わが社が出品したことについての記事と写真が載っていたのです。(以下引用)

閖上の佐々圭が出品 再建への決意見せる
 今回の品評会で、もっとも感激したのは、宮城県閖上の佐々圭が、東日本大震災をものともせず、出品してきたことだ。東北地区の小間に「佐々圭」の社名を見たとき、最初は、目を疑ったほどだ。

 被災直後、全壊した工場を目の当たりにして、呆然と立ち尽くす佐々木圭亮社長の姿は、テレビでも放送された。一時は、廃業やむなしと社員全員に解雇を通告したが、周囲の激励と励ましの声の中、会社再建を決意。

 廃墟と化した工場の中から、奇跡的に見つかった看板を掲げ、事業再建を誓う姿も、テレビ、新聞で報じられ感動を呼んだ。

 津波被害をのがれた直売店の小さな生産設備で、手造りで焼き上げたのが今回、出品した「手わざ笹かまぼこ 吉祥」。そして、地場産の野菜や四季折々の素材を使った揚げかま「遊里揚」(ゆりあげ)。

 かまぼこ製品で溢れる全蒲ブースの中で、慎ましやかに、さりげなく展示された佐々圭の製品に、佐々木社長の東北人らしい静かで、粘り強い確かな決意を感じた。心から頑張って欲しいと思う。


7月1日にオープンして、まだまだ「ひよっこ」状態のささ圭ですが、何とか私たちの思いを届けたい!!と、敢えて出品したのでした。こんなふうに見ててくださる方々がいるんですね~嬉しいです。


スポンサーサイト



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

遊里揚

神奈川県に住んでいます。盆の里帰りの中、名取地区の惨状を見て悲しくなりました。帰りに東北道の菅生SAに寄った際、遊里揚を見つけ購入。先ほど頂きました。すごく美味しいです。 東北のピンチに具体的に何も出来ず悔しいですが、東北の産品を買う事で少しでも復興に協力したいです。 本当に酷いことになりましたが、是非とも立ち直って頂きたいと願っております。

  • 投稿者: いすゞ
  • 2011/08/21(日) 00:47:52
  • [編集]

Re: 遊里揚

いすゞ様

温かいコメントをありがとうございます。
笹かまを中心に、いろいろな蒲鉾を震災以前は、東北道の多くのサービスエリアさんに出させていただいておりましたが、このようなことになり、現在は、菅生パーキングエリア上り、長者原サービスエリア下り・上りの三箇所のみに限定して、扱っていただいております。

お買いあげいただきまして、ありがとうございました!

皆さまに応援いただくことが、私たちの何よりの励みになります。まだまだ本来の復興には程遠い私共ではありますが、着実に一歩づつ前進しいてくしかないと思っています。

ゆりあげも多くの瓦礫がだいぶ片付けられ、何も無い土地が増えてきています。これを見るのも少し辛いです。

どうか今後とも宜しくお願いいたします。ありがとうございました。

                              おかみ圭子

  • 投稿者: ささ圭の圭子
  • 2011/08/22(月) 15:55:04
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する