笹かまぼこの「ささ圭」より

笹かまぼこの製造・販売のおかみ圭子の雑感

2011.10.11.Tue

短歌に心を奪われました・・・

ミニ歌集
手をのべて
あなたとあなたに触れたきに
息が足りない この世の息が

絶筆 河野裕子

この歌を初めて目にしたのは、十日ほど前に何気なく開いた雑誌の新刊紹介欄でのこと。
もうお読みになった方もいらっしゃいますでしょうか。

心に響く・・・というよりも・・・、どう言い表したらいいのかわからないくらいかなり強い衝撃をうけ、見入ってしまったことを覚えています。そして涙が・・・・。以来この歌を何度口にしても、涙がこぼれるのです。64歳の若さで愛する人を残し逝ってしまった歌人河野裕子さん。「なんぼか生きたかったんやろな・・・・・」と。そしてご夫妻の夫婦愛の深さにも心熱くなります。

短い時間に多くの生と死を見てきた今だからこそ、よけいにこの歌が圭子の胸を打つのかもしれません。どうしても気になって、買い求めました。歌集を買ったのはしばらくぶり。

圭子たちとは六年くらいの歳の差がありますが、ほぼ同じころ、京都で学生生活をしたお二人にちょっぴり親しみをおぼえつつ、そしてて少し懐かしいような感覚で読み進めています。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sasakei.blog21.fc2.com/tb.php/335-086e8c2b

 | HOME |