2011-10-12 ささ圭さん
こんばんわ~
夜も更けて名取高舘より、圭子でございます。

午後から仙台空港に両親を迎え、「やっぱりどうしても見ておきたい」という二人を閖上へ連れて行きました。二人の記憶にある閖上の町並みや潮騒の香り、工場内の活気、焼けた笹かまの匂い、また自宅のたたずまい・・・等々、予想していたとはいえ、あまりにも違いすぎるこの現状にただただため息・・・四割の方々が犠牲になったといわれている「二丁目」にあって、家族五人が生き残ったことは奇跡だとも、何度も何度も繰り返し語っております。

長く歩けない母は今回初めて車椅子でまいりました。神戸三宮で車椅子を開いていたら、若い介護の仕事をしていらっしゃるという女性が駆け寄ってきてお手伝いしてくださったり、道を訊いた若い男性は、そのバス停まで案内してくださったりと、多くの見知らぬ方々のお世話になったとのこと。この世の中、まだまだ「親切な方がたくさんおいでるなぁ~」と、父は喜び、感心しておりました。

高齢で車椅子となると、旅の先々で何かとお世話になることも多いようです。ありがたいことです。

さて今日の画像は昨日付けの「中日新聞」。愛知県にお住まいの、立命のОBの方がメールをくださいました。S様、ありがとうございます。圭子の歳で、両方の両親が健在というのも珍しいかもしれません。今宵は四人の敬老パワーに元気をもらったような感じ・・・かな!?

明日は久しぶりの温泉でございます、嬉しいっ!
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://sasakei.blog21.fc2.com/tb.php/337-de7136d0