FC2ブログ

タイトル画像

念ずれば通づ?窮すれば通づ?

2011.10.31(19:16) 345

玉取機ミニ
皆様、一大事です!!

今晩、順番的には昨日のことを書こうと思っておりましたら、急遽夕方社長と松島のМ蒲鉾屋さんへ行くことになりました。

そこで、なんとなんと嬉しいことに、念願の「玉取機械」を下さるというのです!!
というわけで、この一大事からまずご報告です。

現在の気の遠くなるような製造工程から、ちょっと簡単に説明させていただきますね。

石臼で練り上げたすり身をアイスクリームのディッシャーで、いわゆる「玉取」をする人が一人、これを紡錘形にハンバーグの空気抜きをするように形作る「成型」の人が一人、それを金属串に「串付け」する人が一人、そして掌でたたいて笹形に整える人が一人、焼き方三人・・・・・どうしてもこの行程だけで、7人が必要になります。

この「玉取」から「串付け」までをやってくれる機械をずっと前から社長と圭子は探しておりました。7人がうまくすると4~5人でできるようになりますので、社員にも負担をかけないうえに、他の仕事に回ってもらえるので、年末の繁忙期を控え何としても欲しい機械でした。しかしながら、高価な上に、機械の不足、更には現在は機械の焼き炉と一体化されており、単体の玉取機は欲しくとも望めない状況だったのです。

それが、今日ご連絡いただき伺ってみると、津波で波を被ったものの十分使えるこの機械をどうぞ・・・と言ってくださり・・・・夢かしら!?お昼に社長とこの機械があればなぁ~と二人で溜息をついていたところだったのですもの!!まさに、「念ずれば、通づ」の諺通り。


同業者でありながら、有難いことにこのようにお声掛けくださる「М蒲鉾様」に、心からただただ感謝。他の蒲鉾屋さんでなく、よくぞ私どもの社長にお声掛けくださいました。多くの方々に愛されて?、ささ圭は幸せ者です。

横浜ミニ
さて昨日にさかのぼります。
3代目が連れてきた後輩のK君を加え、盤石の五人体制で臨んだ二日目。午後からあいにくの小雨になってしまいましたが、まずまずの売れ行きのうちに終了となりました。雨にもめげず、若い力に元気溢れるささ圭の売り場は、なかなか目立ったようです。お買い求めくださった皆様、本当に有難うございました。

六時に閉めて七時に出発、二トン保冷車でまた一路、宮城を目指しました。画像は出発時の馴染んだ横浜の美しい夜景。

さてそこから、「ワンガンセン」「シュトコウ」・・・を駆け抜けて・・・そこで見た世界は、・・・「なんじゃあ~これはっ!!」

夕闇に浮かぶ超高層ビル群・・・、今まで圭子が見たこともないような光景が遥か彼方まで広がって・・・・。
「アレハ・・・ナンデスカ?」
「ココハ・・・ドコデスカ!?」
「スゴイ・・・スゴイ・・・!」
「コンナノ・・・ハジメテミマシタワぁ!」
助手席で、すっかり「おのぼりさん」状態の圭子。

なんでも「有明、お台場あたりの臨海副都心地区」なのだそう。空中都市?摩天楼?・・・・一つ一つの超高層ビルが、まるで「行燈」みたいに光って、生活臭の殆ど感じられない「未来都市」・・・という感じなんです。

「ええもん見せてもらいました。」今まで見ていた東京とは全く別の顔、これは圭子の知らない未知の東京です。
東京って、「ほんまにえらいところやねぇ~・・・」

11月は9.10.11日と幕張メッセ、25日から29日まで池袋西武の地下(デパ地下)お酒売り場に出店いたします~!!

スポンサーサイト


笹かまぼこの「ささ圭」より


<<不思議なご縁 | ホームへ | 横浜「東北復興祭り」盛況です!>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sasakei.blog21.fc2.com/tb.php/345-bef67147
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)