笹かまぼこの「ささ圭」より

笹かまぼこの製造・販売のおかみ圭子の雑感

2012.07.28.Sat

閖小の子どもたちが徳島新聞に・・・

蒲鉾ミニ

今朝ほど、徳島の父から徳島新聞の切り抜きが2枚、ファックスされてきました。徳島訪問前の7月18日と、昨日7月27日の朝刊です。

ちなみに父は、被災後圭子のあらゆる記事を切り抜き、ファイルにスクラップしてくれています。いつまでたっても親は有難いものですね~。


訪問前の徳島新聞 7月18日
http://www.topics.or.jp/localNews/news/2012/07/2012_134258892487.html

そして昨日の徳島新聞には
http://www.topics.or.jp/localNews/news/2012/07/2012_134336775195.html

厳しい暑さをものともせず、子どもたちが南国阿南の夏を楽しんでくれている様子が目に浮かびます。

そういえば、同じ四国でも愛媛県。先日愛媛の南海放送様に出させていただきました折、ディレクターのS様からとっても興味深いお話を伺いました。

愛媛では、地場産の小魚を使った「じゃこ天蒲鉾」が有名なのですが、このルーツは仙台から伊達の殿様秀宗公が愛媛宇和島に藩主として入府された折に、仙台から蒲鉾職人を連れて行ったのが始まりと言われているそうなのです。いやぁ~、全然知りませんでした。勉強不足ですね!

そしてもっともっと驚きの事実(史実)をS様が・・・
「実は愛媛には名取という地名がありまして・・・・」・・・ええっ!?まさかぁ~

なんとなんと、その折りに軍夫として同行した人々を、宇和海の見張り役として定住させたのだそうです。この時の人々が、奥州名取郡(現在の仙台市と名取市)の出身であったことから、「名取」という地名が付いたというのです

伊方町・・・原発のあるところでした。・・・三崎・名取地区。
海抜100メートルから150メートルという高い所にあり、「空に浮かんだ集落」というイメージだとか。空中都市マチュピチュを想像しちゃいました。

一度訪れてみたい所がまた一つ、増えました。
スポンサーサイト

コメント

2012.08.01.Wed

遠き故郷

こんばんは。圭子おかみ!
おかみの生まれ故郷、徳島。ブログでトピックを紹介してくれるので、徳島県の様子がちょっと見えてきます。
おかみは生まれは徳島、でも宮城で生活していますね。僕は宮城生まれですが、神奈川で生活しています。 お互いに故郷から離れて生活しているんですよね。
おかみが徳島県を思う気持ちがすごく分かります。何故なら、僕の宮城への思いと同じだから。
故郷を思う気持ちは大切だと思うし、離れて暮らしていれば、なお思いは強くなりますよね。
これからも、徳島ニュースを紹介して、宮城と徳島の架け橋になってください。

先日、安達太良SA(福島県)に寄りましたが、そこには、ささ圭の商品が売られていました。 ここでも売ってる!!と嬉しくなりました。
一歩一歩、復興している実感です。
ちなみに、残りわずかな状態でしたよ!
2012.08.03.Fri

Re: 遠き故郷

いすゞ様

こんにちわ
いつもコメント有難うございます。
いすゞ様にいつも力づけられます。

ふるさとはいくつになっても、いいものですね。
遠く離れてると、よけいにその良さがわかります。

今回の3.11以後、特にふるさと徳島から応援してくださる風も感じます。
嫁いだ30数年前は、今ほどまだ流通が盛んではありませんでした。

ふと見かけた高知ナンバーのトラック(高知JAがもうその頃から仙台に直行で野菜を運んでいたようです)を見かけると、これに乗っていけば徳島の近くまで帰れるんやなぁ~・・・とせつなく思ったことを覚えています。

これからもまた、時々徳島の話題を書きますね。

南の方は、安達太良サービスエリアと那須パーキングエリアが復活させていただきました。まだまだ少量ではありますが、これからも新工場竣工と共に少しづつ製品群が増えていく予定です。

暑いので、どうかお大事になさってくださいね~

                                   おかみ圭子

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sasakei.blog21.fc2.com/tb.php/480-6be2b349

 | HOME |