FC2ブログ

小学校から可愛い子どもたちが見学に 

今日は午前中のものすごい暴風雨の中、名取市内のS小学校3年生の子どもたちが工場見学に来ました。木皿工場長と圭子が2班に分けてそれぞれ案内したあと質問タイムに。「どうしてささ圭って名前つけたんですかぁ~っ!?」とか「毎日何枚焼いていますか?」とかたくさんの疑問点に答えました。わかったかなぁ~!?ほっかほっかの焼きたて笹かまを試食して「うまい~っ!!」と大歓声。この小学校では毎年工場見学の後、1ヶ月後くらいに圭子と会長(なんと86歳現役)が小学校に出向き、笹かま作り体験授業のお手伝いをしています。圭子も小学生の時、パン工場と牛乳の製造工場に行った記憶が・・・。あの時の試食のパンの美味しかったこと・・・今も思い出します。この子どもたちが大きくなって、女の子はどこか遠くへ嫁いでも今日のほっかほっかの笹かまの味を覚えててもらいたいなぁ~と元気な子どもたちを見て思ったことでした。皆さんはどんな工場見学したことありますか?ちなみに圭子は徳島の小学校でした。
スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment