02
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
   

36年前の宮城県沖地震の日

朝の運転中、携帯が突然聞きなれないメロディーを。???仙台市の総合防災訓練の一斉配信メールでした。

なんで今日?・・・と思っていましたら、なんと36年前の今日、あの宮城県沖地震が発生したのですね。すっかり忘れてしまっておりました。

36年前のあの大地震を経験しておりますので、圭子の宮城県人歴も相当なものになります。前年の10月に徳島から嫁いで約8ヶ月目の出来事でした。

今思い起こしてみますと、あの日圭子は「津波」ということを全く意識しませんでした。徳島の山間部で育ったからだけではなく、家族も社員もご近所の誰も、津波という言葉を発する人はおりませんでした。

ただライフラインが途切れたこと、煮炊きできずに缶詰などを食べたこと。家中のものがひっくり返り、お掃除が大変だったこと・・・等が思い出されます。夕刻でしたので、皆さんあのあとは片付けに追われていました。

携帯(ワンセグ)などもなかった時代、あの時に3.11のような津波がきていたら・・・と想像するだけで背筋が凍ります。でも逆に小さいのが来ていれば、今回も津波にもっと思いを馳せる人が多かったのでは・・・などと、あれやこれやと考えてしまった宮城県沖地震の日でした。

県民にとっては防災のことについて今一度考える大切な一日でございました。
スポンサーサイト

ご無沙汰しております。
6月12日は36年前の宮城県沖地震の日だったのですね。
3月11日も忘れてはならない日ですが、人生で2度も経験されたと知り、驚いています。
『朝日新聞』土曜日「be」に磯田道史さんが地震の記録を紹介する、「備える歴史学」を連載しています。
記事を読むたびに、記録の大切さ痛感しています。
忘れないためにも語り継ぐことも大事ですね。
おかみのブログもきっと、たくさんの方々が読んで、応援してくださっていると思います。
もちろん、私も。
さて、手わざ笹かまぼこ「ふくゆり」 注文しますね。

Re: いつも有難うございます

梁瀬様

こちらこそご無沙汰です。いつもご愛顧いただき、またご声援頂き有難うございます。

本当に徳島生まれのこのワタクシ、宮城で2度も大きな震災に遭遇したということになります。

実は、この他にも、3代目が小学校3年生の頃、閖上を襲った竜巻・・・・ちょうど名取川沿いの家々を通りました・・・にも被害に遭っておりますの。豪雨の夜半、竜巻は三代目の部屋を直撃したものの、たまたま隣の私たちの部屋で寝ており、部屋中が窓ガラスの大破でガラスの海になっただけで助かった・・・そんなこともございました。つくづく天災に遭うようにできているのでしょうか!?

ご注文有難うございます。心を込めてお届けさせていただきました。有難うございました。

                                        おかみ圭子


Secret

旬の花時計

プロフィール

ささ圭の圭子

Author:ささ圭の圭子
宮城県名取市ゆりあげの笹かまぼこ製造直販のささ圭です。
ホームページはこちら!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード