FC2ブログ

台風お見舞い申し上げます 

おばんでございます~みちのく名取から、圭子でございます。

週末にかけて日本列島を脅かした大型台風11号、皆様、被害はございませんでしたでしょうか。
圭子のふるさと徳島県阿南市の那賀川が氾濫しているテレビの映像には鳥肌が立つほど怖さを感じました。多くの皆様から、「実家のほうは大丈夫?」と、電話やメールを頂戴しました。幸いにも実家は無事でございました。残っておりました。ご心配頂き有難うございます。

阿南市の皆様、心よりお見舞いを申し上げます。そしてこの度の台風で被害に遭われた全国の皆様にも、お見舞い申し上げます。後片付けも大変な様子ですね。皆様、どうかお疲れになられませんように・・・・。


校舎の二階まで浸水したと出ておりました阿南市立加茂谷中学校は、その昔、圭子の父がここで校長で定年を迎えたというとても馴染み深い中学校でございましたので、よけいに驚き心配いたしました。
幸いにも人的な被害が無かったことが、本当に救いです。

今日はあの日「3.11」から数えて、3年と5ヶ月目にあたります。
昨日、立命館大学の富山県校友会の皆様を閖上にご案内させていただきました。台風の影響で、断続的に強い雨風になりましたが、日和山、朝市などを見ていただき、私共の手造りかまぼこ工房へ。

ご一行様の中に、奇しくも私たちの大学時代の能楽部の後輩N君もいらしてくださり、久々に懐かしい学生時代に戻ったかのような気分に・・・。「M谷さん、・・・・」学生時代のまま、旧姓で呼ばれるなんてことなかなか無いものですから、ちょっぴり新鮮でございました。

皆さん、閖上の地に立たれて、
「閖上のことはテレビなどで、かなりわかっているつもりで来たのですが、ここまでとは・・・・・」
と、一様に驚かれ、衝撃を受けておられました。
テレビでは決して伝えきれないものがあるということを、何度も繰り返しおっしゃっていました。

月日は確実に経っていきます。でも被災地それぞれに、時計の進み具合が異なります。そして被災地の人々の時計もまた、それぞれに異なっていることをわかっていただければと思います。

ぜひ被災地に足を運んでください、そして現地を見てください!!
現地の風を、空気を、日の光を、時の移ろいを感じてください。そしていろんな方からお話を聞いて帰っていただけたらと思います。

明後日はお盆の迎え火の日。
ご先祖様が帰ってまいります。心静かにお迎えしたいところなのですが、工場も最盛期を迎えております。

暑き折、皆様どうかお大事になさってくださいませ~

スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment