FC2ブログ

学びのプログラム 

おばんでございます~
昨日とは10度も違うみちのく名取より、圭子でございます。

昨日までのあのジリジリとした残暑は一体全体何だったんザンショ・・・と、思うくらい、急に涼しくなってしまいました。う~ん、身体がついてまいりませぬ~歳のせいとは思いたくはないのですけれど・・・。
皆様いかがお過ごしでしょうか。

広島の皆様、心よりお見舞い申し上げます。首相が「激甚災害」に認定しました。
あまりの凄まじい様子に、津波の後の景色とオーバーラップして、見るのが辛い・・・とおっしゃる方々もいらっしゃいます。一日も早く行方不明の方々が見つかりますようにと、祈るばかりです。

閖上でも、実はまだ見つかっていない方々が40人あまりいらっしゃいます。今もまだボランティアの方々が時々捜索してくださっている姿に頭が下がります。

閖上の土地をかさ上げしてしまったらもう二度と見つけることはできないと焦るご遺族の皆様。一方では遅ればせながら町づくりの為の前段階として、かさ上げのための用地の買取が進んでおります。解決の道がなかなか見つけ難い悩ましい問題が、横たわっています。

さて午後には、東京からたくさんの高校生の皆さんが、手造りかまぼこ工房を訪れてくださいました。
香蘭女学校①
香蘭女学校②
毎年今頃になると訪問してくださるK女学校の皆様です。仮設の皆様と一緒に、会長夫妻が一昨年から文化祭にお邪魔させていただいたのがご縁で、ずっとあたたかいご支援をいただいております。
実際に被災地を訪ねて、土地の方々からお話を聞いたり、ボランティア活動をしたりという「学びのプログラム」を実践されており、「祈り」も大切な課外授業の一貫のようです。

社長から、震災の時から今までのことをお話させていただきました。最後に、被災地で多くのものを見たり、聞いたりして、ぜひ東京に戻られたらご家族やお友達にそのことを伝えてください・・・と話す社長の言葉に、涙ぐみながら真剣に頷いて下さる皆さんでした。とっても素直で、可愛らしいK女学校の皆さんの行く手にも、どうか幸多かれと祈らずにはいられません。

どうかお気をつけて3日間、頑張ってくださいね~
スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment