笹かまぼこの「ささ圭」より

笹かまぼこの製造・販売のおかみ圭子の雑感

2014.10.30.Thu

今年もあと2ヶ月!!

おばんでございます~
みちのく名取から、圭子、久々の更新でございます。

先週から、岡山、東京、山形・・・と、慌ただしく過ぎてしまいました。毎日が飛ぶように過ぎ去ってしまい、気がついたら明後日からは11月。なんと!一ヶ月後には、もう師走なのでございます~!!

もう年賀状の準備をしている・・・・なぁんて方もいらっしゃるのでは!?
全ての人に時間は平等に与えられているということですけれど、圭子の場合、時間の使い方が下手なんかなぁ~・・・と、思ってしまいます。何とも、気分的に余裕がなくて・・・。(汗)

いつものように、用紙に今やるべきことをメモって、机の上に貼ってあります。処理するたびに一つづつ消去していくのが圭子流なのですけれど、仕事がはかどらない時っていうのは、全然消去するものがなく、それどころか一つづつ逆に増えていくような・・・・。

そんな中、今日は珍しく閖上に一人で行ってまいりました。どうしても明日からの催事のために・・・・やっぱり泥縄でしょ!?・・・、現在の「閖上 日和山」の画像を撮影しなくてはならなかったのです。
日和山日蓮宗
雲一つない空。見上げつつ日和山に近づくと、山頂から大きなお経の声が・・・。墨染の衣に身を包んだ数人のお坊さんらしき方々が、必死の形相で、一心不乱に海に向かって読経してくださっていたのでした。

圭子も思わずこの方々に向かって、下から手を合わせていました。

「ナンミョウホウレンゲッキョウッ!!ナンミョウホウレンゲッキョウッ!!」というお経の端々から、また、太鼓のようなものを叩いていっしゃるところから、「日蓮宗」のお坊さんと推察。その熱のこもった読経は、なんとなく近寄りがたいオーラのようなものを感じさせ、誰も上がっていくことを遠慮している様子でした。圭子もやっぱり登るのがためらわれて・・・・。

日蓮宗のお坊様方、心を込めてお祈りしていただき、有難うございました。いい場に居合わすことができて、幸いでした。
お経を聞きながら、お隣の慰霊碑に手を合わせ、静かに帰ってまいりました。

明日からまた東京に参ります。
週末、あいにくと雨が降りそうです。ひと雨ごとに「冬」が近づいてくるのでしょうね。なんとなく物寂しい季節です。
皆様、どうかお風邪などひかれませんように。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sasakei.blog21.fc2.com/tb.php/786-2a6dcac1

 | HOME |