笹かまぼこの「ささ圭」より

笹かまぼこの製造・販売のおかみ圭子の雑感

--.--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.11.22.Sat

広島といえば今は・・・

おばんでございます~
みちのく名取から、ささ圭の圭子でございます。

みちのくでは一足お先に紅葉もそろそろ終盤に近づいておりますが、皆様今年は紅葉狩りにいらっしゃいましたでしょうか。
「時雨を急ぐ紅葉狩り・・・・」謡の一節が口をついて出るのもこの時期、一雨ごとに寒さも本格的になっていくようでございます。

実はわたくし、一昨日広島に行ってまいりました。
蒲鉾の機械メーカーであるB社様の竣工落成式にご招待いただいたのでした。

このB社様とはずっと昔からの古いお付き合いということに加えて、震災後、私どもが全てを無くした中、「手造り」の笹蒲鉾を造ろうと思い立ったとき、大きな石臼をなんと無料でご提供してくださったという大変御恩のある会社様だったのです。

あの時、あの石臼が無ければ、製造を再開することは叶いませんでした。実に多くの方々にご支援やご声援をいただき、何とかここまでこれた私どもですが、このB社様にも言い尽くせないご恩があり、この機会になんとしても感謝の気持ちをお伝えしなくてはと、行かせていただいたのでした。
あの日あの時、「有難いなぁ・・・」・・・・と社長と涙した思いは、今も決して忘れることはありません。
B社様の益々のご隆盛をお祈りしながら、帰ってまいりました。

翌日は、せっかく広島まで来たのだからと、早起きをして「安芸の宮島」まで足を伸ばしてみました。
「宮島」といえば、まず海に立つあの大鳥居がとても有名なのですけれど、中程にある海に浮かぶ能楽堂も何とも風情がございました。圭子が一度行ってみたかったところの一つでした。

「安芸の宮島」は、春の桜とともに、紅葉の美しいところと聞いておりましたが、赤・黄・橙・・・今まさに見頃の、それはそれは見事な錦模様。(画像がなくて申し訳ありません)

こちらの地では、「紅葉」が何かと象徴的に使われておりまして、島の一つのシンボルにもなっているようです。
社員の皆へのお土産は、モチロン・・・「紅葉まんじゅう」!!・・・・定番かっ!?
今ちょっとしたブームの、「生紅葉(なまもみじ)」にいたしました。従来の「紅葉まんじゅう」にない、ちょっぴり乙な味でございます。

どの業界でも、次々と新製品を考えるものなんですよねぇ~
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sasakei.blog21.fc2.com/tb.php/788-ec6acf79

 | HOME | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。