一年間のご愛顧、そしてあたたかいお心を寄せていただきましたことに、心より感謝いたします。

2014年最後の一日となってしまいましたね。
みちのく名取から、圭子でございます。

今年はなんとっ!!
久しぶりに店舗の入口に「門松」を飾らせていただきました~。店舗の外も、これで一挙に「お正月」の雰囲気が高まって、ご来店のお客様にも喜んでいただいております。
日本の古き佳きもの「門松」は、ただ単に美しいだけではなく、そこを清冽な空気に変えてくれる不思議な力を持っているような気がいたします。心が洗われる・・・とでも申しましょうか。

今年の年末は、ご自宅用のおせちにと、紅白板蒲鉾類をお買い求めになられる方々がかなり増えたような気がいたします。
「紅白板蒲鉾」は、一年のうち12月と1月の始めだけしか販売をしておりませんが、「特蒸し」という製法で、、いわゆる「リテーナ蒲鉾」とは一線を画す高級板蒲鉾なのでございます。一度これを召し上がった方々は、
「毎年この時期になると、やっぱりこの味が忘れられなくて・・・」と、御用命を頂いています。有難うございます!

いよいよ手造り蒲鉾工房の「手わざ笹かまぼこ」の製造も、今日は午前中で終了。ピークを何とか乗り越えることができました。書き入れ時ということで、会長夫妻も午前中、ずっと出てくれておりました。

家でゆっくり休む・・・ということができない根っからの職人肌の会長、身体の続く限りこれからも工房に立ち続けることと思います。まさに“超人”!?

先日の河北新報の記事、そして28日のテレビの放映と続きましたので、ご来店のお客様方から、
「見ましたよ~」とか、「良かったですね~!」と、あたたかいお声がけをいただくことも多く、2人にとってはこれも何よりの励みになっているようです。
工房の中で三代目を始めとする若い社員とともに「手わざ」を造ることが、今や「生きがい」となっている会長も2月には93歳となります。おかげさまで今年は、「親子3代のかまぼこ屋 ささ圭」として、多くのメディアに取り上げていただきました。

来年は震災から四年目を迎えます。私共の工場も三年目に入りました。
来年こそまさに「正念場」。多くの私どもを支えてくださるお客様方のためにももうワンステップ上に登れるように、社員とともに一丸となって奮闘してまいりたいと思います。どうかこれからも末永く、「ささ圭」をご愛顧賜りますようお願いいたします。
また最近とみに途切れがちなこのブログも、どうか宜しくお願い致します。時々覗いてみてくださいませね。

ささ圭の初売りは1月2日 9時から
恒例の、「おかみのすり身汁」のお振る舞いもございます。
限定30個の超お買い得な福袋もご用意しております。
ぜひご来店くださいますよう、心よりお待ちしております~。

来年が皆様にとって輝かしい年になりますよう、お祈り申し上げます。





スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://sasakei.blog21.fc2.com/tb.php/796-4ecc1b37