冷たい風が吹きすさぶ中、午前中仙台の国分町へ行ってまいりました。
仙台、さぶいです~~
名取って、海が近いせいでしょうか、寒い寒いと言っても、やっぱり仙台よりずっとあったかい気がいたします。

今日1月9日、大安の日は、国分町にある親戚のS勝パーキングの地鎮祭でございました。
その昔、明治天皇がお泊まりになったという由緒正しき「S勝旅館」・・・・・お泊まりになった折の金の屏風が残されておりました・・・・でございましたが、40年近く前に旅館をたたみ、国分町という地の利を活かしてパーキングにしておりました。

昨年、多くの方々に愛されたパーキングを閉鎖。いろんな方々から、
「次は何ができるのですか?」と、圭子もよく聞かれたものでした。

今年の秋には、なんと!!素敵な飲食ビルとして生まれ変わります~。

国分町が夜のイメージとすれば、今までの国分町に無いような、明るくお洒落な飲食ビルになるようです。勿論、日中も営業とか。若い方々にも国分町にいらしていただける新しいスポットになりそうな予感がいたします。


さて昨夜のテレビで、「老舗」と呼ばれる会社やお店が次々と廃業を余儀なくされている・・・・という事態が報じられておりました。その職種は味噌醤油屋さんから、現在かなり需要が多いと思われる建設業者まで、多岐にわたっています。
その理由は様々。不況のあおりを受けて・・・というところもモチロンありますが、
①後継者がいないこと
②人手が集まらないこと
を理由に挙げているところが多かったようです。
経営者の妻として、身につまされるような番組でした。

今年は震災から4年目の年になります。
被災企業としてだけでない「新生ささ圭」を、どのように創り上げて行くのか。今私たちも真価が問われています。












スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://sasakei.blog21.fc2.com/tb.php/800-60acbdeb