FC2ブログ

京都祇園のしだれ桜 

おばんかたでございます~
みちのく名取、大雪の予報が外れて、幸いなことに寒さが緩んだ一日となりました。ほっとした方も多かったのではないでしょうか。
最近の天気予報は昔に比べますと本当に当たる確率が高いので、外れることが逆に珍しく感じております。でも雪が降らないのは有難いこと。何しろ慣れない「雪かき」という重労働は、か弱い?女性にとってはかなり応えますものね。

こ、これは~っ
祇園しだれ桜

立春も過ぎ、一日も早い春の訪れが待たれるところですが、本日京都から3メートルはあろうかというとっても大きな植木が送られてまいりました。
なんと「京都祇園のしだれ桜」

広島県在住の立命館大学のOB F田様からの贈り物でした。
この方は被災した私どもに何かを贈りたいと、実は半年ほど前に貴重な「祇園のしだれ桜」の打診がございました。喜んでお受けしたいとの私共の意向を受けて、しだれ桜の苗木は遥遥と京都からトラックに乗せられて旅をして、本日の到着となった次第です。

新工場内の敷地、震災のメモリアルプレートの石碑のそばに植えてあげようと思います。うまく根付いてくれるといいのですけれど・・・。京都とここみちのくでは土壌や気候がかなり違いますので心配しておりますが、社員とともに大切に大切に育てて行こうと思います。

復興の歴史とともに、この桜が大きく成長していくことを願い贈ってくださった校友のF田様の熱い思いにお応えできるよう、私共も日々を大切に重ねていきたいと願っています。





スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment