FC2ブログ

笹かまぼこの「ささ圭」より

笹かまぼこの製造・販売のおかみ圭子の雑感

地震お見舞い申し上げます。

関西地域の皆様に地震お見舞い申し上げます
一昨日の大阪北部を震源とした大地震、関西地区の皆様にはご無事でございましたでしょうか。
まだ余震も続いているとの報道です。どうかくれぐれもお気を付けくださいますようお祈りいたします。

PageTop

梵鐘のお里帰り

おばんでございます~みちのく名取ささ圭の圭子でございます。
梅雨入りしたところもあるようでございますが、まだみちのくまで届いておりません。今日も気持ちのいい風爽やかな一日となりました。

そんな今日、7年ぶりになんと、閖上の東禅寺様に埼玉県飯能市の法光寺様より梵鐘が帰ってまいりました~
梵鐘ミニ
梵鐘のお里帰りでございます。
7年間大切に守ってくださいました法光寺ご住職様を始め檀家の皆様総勢20名の方々が梵鐘に付き添っていらしてくださいました。
震災で亡くなられた犠牲者追悼の法要もあわせて執り行われました。

7年ぶりに閖上で響いた鐘の音。
ご~~ん・・・・・閖上じゅうに響きわたりました。
皆さん涙・涙でございました。
この響きはきっと亡くなられた方々にも届いているのでは・・・と思うほど、大きく、そして心の奥底に響きわたるようないい音。
7年の長きにわたり、大切に守ってくださった飯能市の皆様に、法光寺様に、みんなで感謝でございます。

私たちの御詠歌も、風に乗り、雲の上まで届いたでしょうか。

PageTop

まもなく6月

おばんでございます~みちのく名取ささ圭の圭子でございます。

明後日からはや6月、梅雨もいよいよ近こうございますね。じっとりとした雨はあまり好まれませんが、圭子はそんなに嫌いではありません。木々の緑や紫陽花が雨に映える美しい候でもございます。

       古絵巻に籠る日のあり梅雨の月   圭子

今年も夏のギフトのご案内が、ようやくできあがってまいりました~
夏2018ミニ
今夏から、少し用紙の大きさを変えて大判に。皆様に楽しくお選びいただけるように作成いたしました。
6月初旬から順次、ご登録の皆様に郵送させていただきますので、今少しお待ちくださいませ。
お中元や、夏の贈り物に是非ご検討くださいますようどうかよろしくお願いいたします。

またご登録のない方でも、「ささ圭夏のご案内を送って」と、お申し付けくだされば、即ご郵送させていただきます。こちらのご用命も心からお待ちしております。

さて私事ではございますが、先日所用で京都にまいりました。
「おひとりさま」で、あるお店でランチを・・・。

周りは2~3人の熟年おば様方のグループが多いように見受けられました。
お行儀が悪いし聴くつもりはなかったのですが、聴こえてくるんですもの~。
お隣の50代の女性二人・・・
「60代の若さでで大杉漣さんも秀樹も亡くならはって・・・」そのうえ知り合いの60代の方も亡くなられということで、かなりショックやったというお話をしてらしたのでした。
結論として・・・
「そやから、もうこの歳になってなあ~始末ばぁっかりせんと、バンバン好きなことして好きなもん食べて・・・」「そやそや、そうしょうなあ~」と。

圭子も下を向きながら、「うん、うん、ほんまやなあ~」と、心の中で相槌を・・・あはっ・・
因みに大杉漣さんは圭子のふるさと徳島小松島市のご出身で、ファンの一人でした。合掌

また、6月7日に閖上東禅寺様の梵鐘が、埼玉県からお里帰りいたします。
震災直後、流れていた梵鐘を運び、今まで7年間の永きにわたり埼玉の法光寺様で手厚く管理していてくださったのでした。その鐘が、閖上の方向を向いていると以前お聞きし、涙がこぼれたことでした。御住職様はじめ、檀家の皆様が大切に朝な夕な突いていてくださったそうです。その梵鐘が、やっと帰ってまいります。
閖上が少しづつ、少しづつ復興していきます。

PageTop

閖上で様々なイベントが

明日5月25日から27日まで、閖上で「北日本オープンヨット選手権」が開催されます。
津波で壊滅状態となっていたハーバーは、2016年頃から再整備が始められていたとのこと、今回初めて伺いました。

もともと閖上にあったヨットハーバーは、震災前には宮城国体の会場となったこともございました。閖上ヨットハーバーは、「良い風が吹き、小島や航路などによって練習エリアが制限されないという宮城・東北のヨットの拠点となっていた」ようです。

そういえば・・・・国体の折、事前に閖上の町民を対象に、練習風景を船から見せていただくという企画があったのを思い出しました。圭子も苦手な船にもかかわらず、連れ合いに誘われ参加いたしましたの。(ものすごく揺れて酔ってしまってよく見れなかったという苦い思い出も・・・)

今回閖上を愛する東北大学のヨット部の皆さんが中心となり、7年ぶりの復活となりました。北日本各地からいらっしゃる学生さんや一般の方々に、少しづつ復興している閖上を見ていただき、逆に震災の恐ろしさを感じてもらえたらと思います。

また27日日曜日には、「閖上水産加工まつり」が閖上の水産加工団地において盛大に開催されます。私共も、塩辛などの生珍味や粕魚を製造加工する有限会社ライジンが昨秋に閖上水産加工団地の一角に竣工したこともあり、出店いたします。
イベントとして、笹蒲鉾の手焼き体験も予定されております。
ぜひ閖上においでくださいますようお待ちしております。

PageTop

徳島から・・・

おばんでございます~みちのく名取ささ圭の圭子でございます。
青葉若葉の萌え出ずる季節になりましたね~。木立の緑が風に揺れ、みちのくは1年中で一番いい季節を迎えております。

トップページは母の日も過ぎ、来月の「父の日」をアップさせていただいております。
「母の日」に比べますと、「父の日」は一般的にどうしてもあまり大きく扱われない傾向が・・・。一家の大黒柱のお父様に、この機会に是非心のこもった「ささ圭の父の日セット」、いかがでしょうか。
ビールにも、お酒にも合う蒲鉾と塩辛(白造り)のささ圭自慢のお詰合せになっております。

さて先日手造りかまぼこ工房店に、圭子のふるさと徳島県阿南市新野町からお客様ご家族がご来店くださいました~
お母様はなんと亡き母と親交のあった方ということで、初対面ながら互いに懐かしく母の話などで話題が盛り上がりました。
親類の方を仙台にお見舞いにいらしたついでに、私共をわざわざお尋ねくださったとのこと。短い滞在時間の中から、被災地を見たり、私共の工房を訪ねてくださったのでした。

その時記念に写真を撮ってくださったのですが、後日なんとわざわざ圭子の実家までお届け下さり、思いがけないことで父も大層喜んでおりました。Y様、本当に有難うございました。久しぶりに懐かしい新野弁が聞けました。
新野は美味しい竹の子の産地です。

竹の子の踏ん張り大地割きにけり    圭子



PageTop